苦しい谷間に翡翠ガイド

ここんとこさっぱりお魚さんに見放されっぱなしの私。今回も期待薄のホームにと渋々思っていたが、哀れな我輩に翡翠もどきさんからラブコール。


そんなわけで北陸で翡翠ガイドを受けることになった。夜も明けきらぬ深夜に翡翠もどきさんと待ち合わせ、北陸道に飛び乗って現地には朝方到着した。
20170528073125b45.jpg


予想外に釣人少ないようだが、それもそのはずで無茶苦茶寒く、そんな中で準備を済ませ、まずは本流の中流部を釣り上がってみる。
20170528073135d47.jpg


翡翠もどきさん曰く前回より減水しているらしいが、すぐにヒットさせるもお決まりのバラシスタート。それでもすぐに反応があったことで爆釣ムードに。


しかしこれが逆効果でこのあと脱渓するまで何の反応もなかった。どうもルアーマンが先攻していたようで、原因はそれなのか?それとも冷え込みによる水温低下??または水量の乏しさなのだろうか???


ここで翡翠もどきさんが確実に釣れるであろう支流を案内いただいた。


ここは釣人が全くいない状況で、のんびり釣り上がってみる。
201705280732005cd.jpg


水量は問題ないらしいが、いつもより反応が悪いらしい。それでも8寸ほどのイワナをキャッチしてズウボだけは免れた。
20170528073146b32.jpg


その後二匹追加して午前の部を終了。
20170528073310269.jpg


次は再び本流の上流部に移動し、ここで昼食後コーヒータイムでまったり。
2017052807341018d.jpg


それから午後の部を再開。こちらの上流部を釣り上がってみると、少ないながら反応があり、先ずは8寸弱のイワナをキャッチ。
201705280733418ad.jpg


その後も同じような型を二匹追加。
20170528073326ee2.jpg


そして最後に少し下流の区間に移動して釣ってみたが、放流モノの魚に嫌気が差してすぐに見切り、また別の支流を釣ってみることに。


すると時間的なものなのか反応良好で8寸ほどのイワナを頭にツ抜けしたところでキリよくロッドオフ。
20170528073710f0a.jpg

20170528073429cba.jpg


後片付けを済ませ渓をあとに市街地へ。
20170528074533b43.jpg


ここで夕飯は名物のソースカツ丼を。
20170528074545149.jpg


がっつりいただきお腹いっぱいになったところで帰路に着いた。


この厳しい谷間の状況で、翡翠もどきさんに案内してもらい、楽しい一日を過ごすことができた。


いよいよ次回から6月に突入。そろそろ狙いの渓もシーズンインとなりそうだ。
by rocky mountain  at 22:14 |  フィッシング |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

2017 最初のホーム水系

今シーズンもいよいよホーム水系での釣りをスタート。


前夜に出発して深夜に宿に到着し、朝まで仮眠させてもらい、起床後は温泉で温まってから散策のち渓へ。
IMG_3296.jpg

IMG_3299.jpg

IMG_3302.jpg


到着したがこの時期にしては釣人が少ない。水量も若干少なめだが、水温は10度を越えて条件はまずまず。ならばとお気に入りの区間を釣り上がってみる。
20170521210305690.jpg


どの渓でもシーズン最初の釣りは反応があるまで不安だが、すぐに小さそうな奴だが水面を割って一安心。


その後も少ないながらぽつりぽつり反応するが空振り続き。そんな中で待望の一匹目は7寸ほどのイワナ。
IMG_3305.jpg


しかし条件的にはいいはずなのだが状況はよろしくなく、なんとか7寸前後のイワナを二匹追加して午前の部を終了。
IMG_3308.jpg


昼食後は久しぶりにこちらの友人宅を訪れ、少しだけおしゃべりしてから午後の部再開。


上流の区間に入渓したが三人組のフライマンに頭ハネされてジエンド。イブニングまで休憩し、再び午前の区間で勝負。


結果はイブの恩恵をあまり感じることなく7寸ほどのイワナ一匹だけであとは空振り&バラシ少々。
IMG_3311.jpg


この渓のあまりの変貌ぶりに寂しさを感じつつ終え、宿に戻って後片付けを済ませて温泉のち夕飯を。
201705212103204b5.jpg


お腹も満たされるとあとはいつしか眠りに。


翌朝も快晴の朝を迎え、まずはのんびりと朝風呂。
20170521210331130.jpg


このあと宿をあとにして高原内の渓をチェック。


現時点で雪代の終わりが近づいているのかまだ入るのかわからないが、水温はまだまだ冷たいようで6・5度とドライには辛い状況だ。
2017052121040497a.jpg


ただ水生昆虫がちらほら出ているので要所だけを少し釣ってみる。


するとまさかまさかのヒットで、7寸ほどのイワナをキャッチ。
IMG_3312.jpg


だが奇跡的なものだったようで、その後はなにも起こらず30分で見切ることに。


そしてこちらの開山祭のイベントに参加。
20170521210347040.jpg


すももも満開で多くの人で賑わう中、そばや山菜の天ぷらの振る舞われ、それらをいただいてから前日の渓に移動。


最後に少しだけ釣ってみると、しばらくして7寸弱のイワナをキャッチ。
20170521210420b32.jpg


さらに7寸クラスを追加したが、その後は二度の空振りのみでロッドオフ。
201705212104403c9.jpg


厳しかった二日間の釣りを終え、先行き不安な想いで京都へと向かった。


先月から予想外の不釣で今週末はどこへ行けばよいのやら???
by rocky mountain  at 06:19 |  フィッシング |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

Author:rocky mountain
渓流シーズンは毎週のように信州や北陸の渓流に通い、のんびりとドライフライで釣り上がる。禁漁期間は一眼レフで信州の風景写真を撮ったり、温泉巡りや食探しに出掛けることが好き。また古きよきアメリカのヴィンテージ古着や小物の収集も好きな中年親父です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
8658位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
872位
アクセスランキングを見る>>