三寒四温の奥飛騨 前編

連休明け二日間の任務を終えて再び奥飛騨に舞い戻ろうと、前夜に出発して仮眠を取りながら早朝に平湯に到着。


まずはいつもの露天風呂でしっかり温まることに。
20170323140018364.jpg


それから渓へと向かった。実は一昨日に10mmちょっとの雨が降ったようでそれによる雪代が僅かでも入り、たとえ少しだけでも水位が増してないか期待して蒲田に来た。


とりあえず準備を済ませて入渓したが、あの程度の雨では屁のツッパリにもならなかったようで、前回とほとんど変わりなく相変わらずの渇水状態だった。


これで過度な期待もなくなり、じっくり釣り上がってみる。
2017032314003285e.jpg


するとすぐに反応したがバラシスタート。その後は一度だけ空振りした後、まずは8寸弱の幅広ヤマメをキャッチ。
IMG_3180.jpg


今度はしばらくして7寸ほどのイワナ。
IMG_3181.jpg


このあとも順調過ぎるほどで7寸ほどのヤマメ。
IMG_3184.jpg


さらに8寸と9寸のイワナを追加。
IMG_3187.jpg

IMG_3192.jpg


そして立て続けに28センチと23センチのヤマメを仕留めた。
IMG_3196.jpg


また脱渓直前に7寸と8寸弱のイワナをキャッチして午前の部を終了。
IMG_3202.jpg


ここで昼食を食べてから早めに宿に入れていただき、温泉のち昼寝でリフレッシュして再び渓に出撃。


どこも釣人はぱらぱら程度だが、水量がプアな上流部は厳しそうなんで、イブに期待できそうな中流域を釣り上がってみる。


するといきなり最初のポイントでグッドサイズをヒットさせたが午前と同じくバラㇱでスタート。


しかしその後はイワナばかりだが4匹キャッチ。
IMG_3233.jpg


そしてこの日はなぜかグッドサイズのヤマメがヒットしてくるようで午後からも26センチを仕留めた。
IMG_3206.jpg


このあとも順調にイワナメインだがヤマメ混じりで5匹追加し、午後からはツ抜けでこの日は19匹キャッチしてロッドオフ。
IMG_3214.jpg

IMG_3215.jpg


宿に戻って後片付けを済ませ、温泉で温まって夕飯を食べると即爆推。


二日目の朝は予報に反して猛吹雪。出動するのが億劫なほどで、朝風呂&朝食を済ませて渓へ。
201703242045301d7.jpg


とりあえず入渓して風による苦戦を覚悟しつつ釣り上がってみる。
20170324204813bf6.jpg


スタートして30分ほどして、珍しく最初のモノにして小振りだが、ズウボ逃れのイワナをキャッチ。
IMG_3218.jpg


だがやはりこの風で空中を舞い続ける毛鉤に為す術なし。一瞬の弱まりを狙って叩いていくと、極めて稀に反応するがまともにドリフトできず、もちろんフックアップには至らず。


そんな時間が続いたがグッドサイズのやはりがライズを繰り返しているのを発見。タイミングを待ちながらキャストし続け、遂にフックアップしてネットインまで持ち込んだ。


26センチの丸々としたヤマメ。
IMG_3221.jpg

IMG_3223.jpg


しかしその後は空振りのみで脱渓場所に到着。この頃から雪も止んで急速に青空が広がり、中尾高原で気分転換した。
20170324204113c57.jpg

2017032420410383a.jpg


それから槍ヶ岳を背に一旦宿に戻った。
20170324204039ece.jpg


とにかく身体が冷えきり、温泉で温まってから昼休憩。


十分なインターバルを取って再び渓を目指し、前日よかった区間をチョイスして釣り上がってみると、幸先よく最初のポイントでグッドサイズが反応したが空振り。すぐにもう一度空振りしたが、しばらくして今度はきっちり8寸ほどのイワナをキャッチ。
IMG_3232.jpg


このあと8寸弱のヤマメとイワナを追加。
IMG_3238.jpg


だが風は弱まることなくキャスティングもままならず苦戦が続く中、必要に粘ってなんとか9寸弱のイワナを仕留めた。
IMG_3239.jpg


その後も反応はあったがキャッチには至らず終了。


宿に戻って後片付けを済ませ、温泉で身体の芯まで温もって、夕飯をいただくといつしか眠りに。


後編に続く
by rocky mountain  at 06:16 |  フィッシング |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

小海線のち奥飛騨

シーズン最初の三連休。例年なら意気揚々と蒲田へ向かっていたのに今年はというと、とりあえず初日は釣人の多さによるストレスを避け、天気もよさそうなんで久しぶりにロッドをカメラに持ち替え、前夜に出発して仮眠を取りながら八ヶ岳方面へ向かった。


まずは清里で清泉寮からの富士と東沢大橋から八ヶ岳。
IMG_3185.jpg

IMG_3183.jpg


野辺山では小海線で新たな撮影地を見つけ出すことができ、主峰の赤岳をバックにやってくる列車を望遠で撮影。
IMG_3209.jpg

IMG_3314.jpg


待ち時間はこの界隈の撮影スポットをうろうろと…
IMG_3225.jpg

IMG_3228.jpg

IMG_3269.jpg


順光の午前中に野辺山での撮影を終え、お昼は最高地点でお蕎麦をいただくことに。
2017031920081290f.jpg


食後は北杜市に移動して八ヶ岳アウトレットなどをうろうろしながら夕方に大曲りで撮影。
IMG_3349.jpg


アーベントロートに期待したが午後からは曇り空となり、残念ながら露出もミスって思った通りの写真は撮れなかった。
IMG_3408.jpg


このあと先に宿に入ってから八ヶ岳温泉でさっぱりし、夕飯を食べると言うまでもなく早々と爆睡。


二日目は早朝に目覚めて小海線の始発と甲斐駒のモルゲンロートをと目論んだが、こちらも山がガスっていて諦めて二本目に変更することに。


前日に引き続き大曲りへ向かい、うっすらと見える甲斐駒バックに、中望遠を使ってローアングルで狙ってみた。
IMG_3467.jpg


今回の撮影はこれで終了にして宿に戻って荷物を纏めて出発し、諏訪方面へ走って大和温泉で冷えた身体を温めることに。
20170319200821cf0.jpg


しっかり温まったところで諏訪からは高速で松本へ向かい、R158で奥飛騨に到着してうな亭で昼食を。
2017031920093736a.jpg


美味しくいただき、先に宿に入って一息。このあと三時間の予定で渓へ。


タイミングよく先攻者は見える範囲にはおらず、少し期待しながら釣り上がってみる。
201703192008297be.jpg


するとまずまず反応してくるが、いつも通り空振り&バラシが続き、一時間ほどして7寸ほどのイワナをキャッチ。
IMG_3145.jpg


このあとすぐに小振りながらヤマメ。
20170319200839d64.jpg


その後はより一層反応はよくなるが、相変わらずミスってばかり。それでもなんとか9寸ほどのイワナを追加。
IMG_3152.jpg


さらに脱渓手前で立て続けに三匹キャッチしてロッドオフ。
IMG_3156.jpg


宿に戻って後片付けを済ませ、温泉でさっぱりしてから夕飯を。


食後はまったりしつつもいつしか眠りに。


三日目は快晴の朝を迎え、簡単に朝食を済ませて出動。
20170320154719794.jpg


前日は見ることができなかった槍を望みながら釣り上がってみる。
201703201547050f7.jpg


しかし時間的な問題なのか全く反応がなく二時間が経過。


徐々に脱渓地点が近づきだした頃、ようやく反応したが空振り。さらにもう一度空振りしてズウボかもと諦めかけた時、まさに三度目の正直で9寸ほどのイワナをキャッチ。
IMG_3158.jpg


この頃からフタバやシロハラ以外にクロマダラやミドリカワゲラなども水面を賑わすと、スイッチが入ったようで一気に反応がよくなりだした。
IMG_3161.jpg


するとともに小振りながらイワナを追加。
IMG_3162.jpg


また脱渓直前に8寸弱のイワナとヤマメをキャッチして気分よくフライを外した。
IMG_3171.jpg


宿に戻って後片付けを済ませ出発し、道の駅 明宝でお昼は鶏ちゃん定食を。
20170320154639326.jpg


満腹のなったところで京都へと向かった。


今回は三連休で渓の混雑が予想され、前半はカメラで後半は釣りとした。結果的にはお天気にも恵まれ、どちらも楽しむことができた。
IMG_3260.jpg


こういう過ごし方もアリだなと感じた休日だった。
by rocky mountain  at 05:45 |  フィッシング |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

Author:rocky mountain
渓流シーズンは毎週のように信州や北陸の渓流に通い、のんびりとドライフライで釣り上がる。禁漁期間は一眼レフで信州の風景写真を撮ったり、温泉巡りや食探しに出掛けることが好き。また古きよきアメリカのヴィンテージ古着や小物の収集も好きな中年親父です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
12309位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
1140位
アクセスランキングを見る>>