晩秋を迎えた八ヶ岳

例年この時期にピークを迎える八ヶ岳周辺の紅葉。


だが今年は色づきがいつもよりやや早く、さらに先日の台風で落葉も目立つ中、清里~野辺山へ出掛けることにした。


前夜に出発して仮眠を取りながら早朝には野辺山に到着。
20171028190414e26.jpg


まずは某ドラマでも有名になったヤマナシの木と八ヶ岳。
IMG_3898.jpg

IMG_3896.jpg


それから川上村に移動して始発の小海線を赤岳バックに。
IMG_3915.jpg


さらに二時間ほど待って二本目。
IMG_3940.jpg


今度は場所を変えて…
IMG_3954.jpg


八ヶ岳をバックに今度は特別車輌のHIGH RAIL1375を。
IMG_3988.jpg


今回の目的のひとつでもあった初めてお目にかかるこの車輌を撮り終え、もうひとつの目的で昨年のリベンジとなる飯盛山への軽登山。


実は翌日の予定だったが、天気予報が芳しくないため、急遽変更することとなり、午後からしし岩展望台をスタート。
IMG_3989.jpg

IMG_3990.jpg

IMG_3996.jpg


睡眠不足の影響もなく、比較的スムーズに登り、山頂が見えた所でランチ&カフェ。
IMG_4003.jpg


休憩後はあと少しとなった山頂を目指し、去年とは違った飯盛山の頂に到着。
20171028190425a16.jpg


360度見渡す限りの大パノラマで東に富士山。
IMG_4005.jpg


北には噴煙を上げる浅間山。
IMG_4011.jpg


北東には金峰山が五丈岩までくっきり。
IMG_4014.jpg


南には北岳と間ノ岳に甲斐駒。
IMG_4006.jpg


そして西にはド迫力の八ヶ岳。
IMG_4010.jpg


この美しい山々に囲まれた頂で癒されてから下山。
IMG_4021.jpg


無事にスタート地点に戻ると、またまた撮り鉄心がめらめら。
20171028190437adf.jpg


逆行と解っていながら…
IMG_4039.jpg

IMG_4049.jpg

IMG_4061.jpg


そして最後に野辺山駅で停車中のHIGH RAIL1375を撮影。この時キャビンアテンダントの方と次回は車内でと約束して出発の列車を見送った。
IMG_4070.jpg


このあと今宵の宿に向かう途中、東沢大橋に立ち寄てみる。午前のような鮮やかさはないが、残された紅葉と絡めてパチリ。
IMG_4073.jpg


それから宿に到着。
20171028190444f53.jpg


陽が落ちると一気に寒さを感じ、大浴場で温まってから夕食を。
20171028190545788.jpg


旬の食材もたくさんあり、美味しくいただき、部屋に戻ると即爆睡。


翌朝は予報通り曇り空。朝からのんびりお風呂に入り、それから朝ごはんをいただき、小雨が降りだした清里を出発。


当初この日は登山や撮影を楽しみながら野辺山に宿泊する予定だったが、登山は前倒しで撮影も大幅に縮小となってしまい、後ろ髪を引かれる想いで帰宅の途に就くこととなってしまった。
IMG_4015.jpg


またオフの間に今度は冠雪した山々の風景を撮り、特別車輌に乗車して車窓の景色を眺めに来ることにしよう。
IMG_4071.jpg
by rocky mountain  at 10:18 |   |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

今シーズンを振り返る 2017

今シーズンは本当に雨の多い年だった。それが逆にシーズンを通してアドバンテージとなり、過去にないくらいたくさんの鱒達と出逢うことができた。


まずは例年通り3月1日に奥飛騨で解禁を迎えた。
201703051646192b0.jpg

201703030608466dc.jpg


周辺ではあまりいい話は聞かなかったのだが、そこそこの釣果で特にヤマメのサイズがよかった。しかし残念ながらヤマメ・イワナとも尺にはわずか及ばなかったが…
201703252101181aa.jpg

DPP_9581.jpg


この月の三連休は混雑必至ということで、八ヶ岳周辺に立ち寄って写真撮影も楽しみつつ、4月の中旬まで奥飛騨で釣りができたが、それ以降は雨による雪代が流入して断念。
IMG_3185.jpg

IMG_3225.jpg

IMG_3209.jpg


その後は5月下旬まで比較的近い北陸へ通い、GW前半は越後~北信濃へロッド封印で写真撮影に出掛け、後半はキャンプをしながらどっぷり釣りを楽しんだ。
IMG_3574.jpg

IMG_3611.jpg

IMG_3637.jpg

20170504051417b72.jpg

20170504051746dfc.jpg


ただ釣果はパッとせず、例年になく不調だった。故に型・数とも悪かった。
201705141745368e0.jpg

2017050405160996c.jpg


そしていよいよ本格的なシーズンに突入。しかし雪が多かったので水温が思いの外低く、ホームのベストコンディションはまだ先だった。
20170521210347040.jpg

IMG_3335.jpg


予定通り6月の第二週から17日とちょっと長めのツアーを敢行。


そこで最初に向かったフィールドは大物実績が高い北陸の渓。
20170610220459c0d.jpg

2017061022053158c.jpg


昨シーズンはダムの工事で釣りができず、天然禁漁だったのでかなり期待したが、尺越えは33センチのイワナ一匹のみで、数も例年ほどではなくあまり芳しくなかった。
20170610220542c77.jpg


このあと野沢温泉~渋温泉・志賀高原~ホーム、そしてまたもや渋温泉・志賀高原に戻り、最後は再びホームという行程となった。
201706111106505f3.jpg

20170612060514b04.jpg

201706150635360d8.jpg

IMG_3446.jpg
IMG_3513.jpg

20170621152717717.jpg

2017061508025419f.jpg


前半の志賀は水量が多い上、水温も初めは一桁と低かったが、それでも野性味溢れる尺も混ざり、9寸クラスはかなり釣れた。
IMG_3500.jpg

IMG_3430.jpg


ホームも徐々に状況がよくなり、どちらの渓もまずまず釣れた。
IMG_3524.jpg

IMG_3628.jpg


後半の志賀は水量・水温ともにベストコンディションとなり、水面は異常に賑やかで連日ネイティブ祭りが続き、奥志賀では初めて50匹を越える大爆釣も味わった。
IMG_3562.jpg

IMG_3608.jpg


そんなツアーも終わって梅雨も本格化し、釣りに行けない日もあったが、明けたタイミングで再び志賀高原&渋温泉へ。
20170727222511bfb.jpg

2017072805332706f.jpg

201707280533090b6.jpg


流石にツアー時のような爆発力はなかったが、ブナの保水力のおかげで例年のこの時期より、多くのネイティブと対面することができた。
2017072722244032e.jpg

IMG_3757.jpg

IMG_3749.jpg


八月に入るとホームにどっぷりだっったが、今年はなぜか晴れる日が非常に少なく、主峰はほとんど雲の中に隠れていた。
20170814193727ff8.jpg

IMG_3871.jpg

201708271833022f9.jpg


それでもイワナ達は心地よく#1絞り込んでくれた。特に高原のサブリバーが当たり年ですこぶる反応がよかった。
IMG_3781.jpg

IMG_3851.jpg


こうして最終の九月となり、シーズン最後のツアーへ。
2017091321045813a.jpg

20170916215744f06.jpg

2017091621573542b.jpg


初日はホームでからスタートし、それから志賀高原に移動したが、ここでも水量に恵まれいい釣りができた。
IMG_4163.jpg

IMG_4166.jpg

IMG_4175.jpg


ツアー後は禁漁までホームで過ごし、ここでも最後まで渇水することもなく、イワナ達は元気な姿を見せてくれた。
2017092417551598b.jpg

20170924180712b09.jpg

IMG_4290.jpg


こんな感じで今シーズンを終えたのだが、結果的に尺はロングツアーで仕留めた二匹にみ。だがシーズンのトータル数は過去最高の921匹。奥飛騨では100匹越えで上々だったが、その代わり北陸は全体的に悪かった。ホームは例年と変わらずだが、なんといっても志賀高原が釣れすぎたため、このような爆発的な数字となった。
IMG_3461.jpg

IMG_3464.jpg

IMG_4179.jpg


また今シーズンも翡翠もどきさんをはじめ、つくばのアンクルトムさんや北信のTさんとご一緒することができ、非常に有意義な時間を過ごすことができた。皆さん、ありがとうございました。また来シーズンもよろしく!


ということで来シーズンも安全快適な釣行を第一に、夢の四桁は考えず?でもより多くの鱒達と出逢えたらいいなぁ~
IMG_3502.jpg
by rocky mountain  at 10:20 |  フィッシング |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

Author:rocky mountain
シーズン中は毎週のように信州を中心に飛騨や北陸の渓流に通い、のんびりとドライフライで渓を歩いてます。禁漁期間は一眼レフで鉄道や風景写真を撮り、温泉巡りや食探しに出掛けることが好き。またトレッキングレベルの軽登山も楽しむ中年オヤジです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
10920位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
1187位
アクセスランキングを見る>>