今シーズンを振り返る 2017

今シーズンは本当に雨の多い年だった。それが逆にシーズンを通してアドバンテージとなり、過去にないくらいたくさんの鱒達と出逢うことができた。


まずは例年通り3月1日に奥飛騨で解禁を迎えた。
201703051646192b0.jpg

201703030608466dc.jpg


周辺ではあまりいい話は聞かなかったのだが、そこそこの釣果で特にヤマメのサイズがよかった。しかし残念ながらヤマメ・イワナとも尺にはわずか及ばなかったが…
201703252101181aa.jpg

DPP_9581.jpg


この月の三連休は混雑必至ということで、八ヶ岳周辺に立ち寄って写真撮影も楽しみつつ、4月の中旬まで奥飛騨で釣りができたが、それ以降は雨による雪代が流入して断念。
IMG_3185.jpg

IMG_3225.jpg

IMG_3209.jpg


その後は5月下旬まで比較的近い北陸へ通い、GW前半は越後~北信濃へロッド封印で写真撮影に出掛け、後半はキャンプをしながらどっぷり釣りを楽しんだ。
IMG_3574.jpg

IMG_3611.jpg

IMG_3637.jpg

20170504051417b72.jpg

20170504051746dfc.jpg


ただ釣果はパッとせず、例年になく不調だった。故に型・数とも悪かった。
201705141745368e0.jpg

2017050405160996c.jpg


そしていよいよ本格的なシーズンに突入。しかし雪が多かったので水温が思いの外低く、ホームのベストコンディションはまだ先だった。
20170521210347040.jpg

IMG_3335.jpg


予定通り6月の第二週から17日とちょっと長めのツアーを敢行。


そこで最初に向かったフィールドは大物実績が高い北陸の渓。
20170610220459c0d.jpg

2017061022053158c.jpg


昨シーズンはダムの工事で釣りができず、天然禁漁だったのでかなり期待したが、尺越えは33センチのイワナ一匹のみで、数も例年ほどではなくあまり芳しくなかった。
20170610220542c77.jpg


このあと野沢温泉~渋温泉・志賀高原~ホーム、そしてまたもや渋温泉・志賀高原に戻り、最後は再びホームという行程となった。
201706111106505f3.jpg

20170612060514b04.jpg

201706150635360d8.jpg

IMG_3446.jpg
IMG_3513.jpg

20170621152717717.jpg

2017061508025419f.jpg


前半の志賀は水量が多い上、水温も初めは一桁と低かったが、それでも野性味溢れる尺も混ざり、9寸クラスはかなり釣れた。
IMG_3500.jpg

IMG_3430.jpg


ホームも徐々に状況がよくなり、どちらの渓もまずまず釣れた。
IMG_3524.jpg

IMG_3628.jpg


後半の志賀は水量・水温ともにベストコンディションとなり、水面は異常に賑やかで連日ネイティブ祭りが続き、奥志賀では初めて50匹を越える大爆釣も味わった。
IMG_3562.jpg

IMG_3608.jpg


そんなツアーも終わって梅雨も本格化し、釣りに行けない日もあったが、明けたタイミングで再び志賀高原&渋温泉へ。
20170727222511bfb.jpg

2017072805332706f.jpg

201707280533090b6.jpg


流石にツアー時のような爆発力はなかったが、ブナの保水力のおかげで例年のこの時期より、多くのネイティブと対面することができた。
2017072722244032e.jpg

IMG_3757.jpg

IMG_3749.jpg


八月に入るとホームにどっぷりだっったが、今年はなぜか晴れる日が非常に少なく、主峰はほとんど雲の中に隠れていた。
20170814193727ff8.jpg

IMG_3871.jpg

201708271833022f9.jpg


それでもイワナ達は心地よく#1絞り込んでくれた。特に高原のサブリバーが当たり年ですこぶる反応がよかった。
IMG_3781.jpg

IMG_3851.jpg


こうして最終の九月となり、シーズン最後のツアーへ。
2017091321045813a.jpg

20170916215744f06.jpg

2017091621573542b.jpg


初日はホームでからスタートし、それから志賀高原に移動したが、ここでも水量に恵まれいい釣りができた。
IMG_4163.jpg

IMG_4166.jpg

IMG_4175.jpg


ツアー後は禁漁までホームで過ごし、ここでも最後まで渇水することもなく、イワナ達は元気な姿を見せてくれた。
2017092417551598b.jpg

20170924180712b09.jpg

IMG_4290.jpg


こんな感じで今シーズンを終えたのだが、結果的に尺はロングツアーで仕留めた二匹にみ。だがシーズンのトータル数は過去最高の921匹。奥飛騨では100匹越えで上々だったが、その代わり北陸は全体的に悪かった。ホームは例年と変わらずだが、なんといっても志賀高原が釣れすぎたため、このような爆発的な数字となった。
IMG_3461.jpg

IMG_3464.jpg

IMG_4179.jpg


また今シーズンも翡翠もどきさんをはじめ、つくばのアンクルトムさんや北信のTさんとご一緒することができ、非常に有意義な時間を過ごすことができた。皆さん、ありがとうございました。また来シーズンもよろしく!


ということで来シーズンも安全快適な釣行を第一に、夢の四桁は考えず?でもより多くの鱒達と出逢えたらいいなぁ~
IMG_3502.jpg
by rocky mountain  at 10:20 |  フィッシング |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ファイナルそしてオフ

ついにシーズンの最終日を迎える時がやって来た。


今年はその日が土曜日ということもあって、前夜に出発していつもと同じで深夜に現地入りし、ありがたく宿で仮眠を取らせてもらい、目覚めると気温3度と冷え込んだ朝を迎えた。


真冬並みの寒さに温泉で温まり、簡単に朝食を済ませて出動し、いつものロングコースを釣り上がってみる。
20171001071107e3f.jpg


すると幸先よくすぐに小振りながら一匹目をキャッチ。
IMG_4311.jpg


ところがその後は反応も少なく、7寸前後がぽつりぽつりといった感じ。
IMG_4312.jpg

IMG_4320.jpg


やはり一昨日の雨のあとに冷え込み、水温が低下したことが影響しているようで、一週前のような反応はなくなってしまった。


なんとか脱渓直前に8寸弱のイワナを仕留め、この区間では7匹と貧果に終わってしまった。
IMG_4327.jpg


このあと今シーズン好調が続くもうひとつの渓に移動すると、釣人らしき車はないようなんで最後はここで勝負することに。


今シーズンのホームは天気が芳しくない日が多かったが、最後の最後に雄大な景色を眺めながらてくてくと…
20171001071127b8a.jpg


残された時間は二時間ほどと短いため、実績あるポイントをテンポよく釣り上がってみる。
201710010711427c9.jpg


するといきなり最初のポイントで7寸ほどのイワナをキャッチ。
IMG_4331.jpg


さらに8寸弱のイワナ。
IMG_4332.jpg


このあとも反応よく、順調に追加していく。
IMG_4334.jpg

IMG_4314.jpg


この日はどうしても8寸の壁が越せないが、23センチ混じりで脱渓地点まで釣れ続いた。
IMG_4340.jpg


そして最後のポイントでキリよく、この区間でのツ抜けに到達し、晴れやかな気持ちでシーズンを終えた。
IMG_4341.jpg


駐車スペースに戻って暮れゆく水源の山に感謝して一礼。来シーズンもまたこの地で楽しめることを願って宿へ。
20171001071156b56.jpg


到着して後片付けを済ませると、あまりの寒さに耐えきれず温泉直行。
2017100107125572e.jpg


しっかり温まってから夕飯をいただく。
20171001071309f52.jpg


お腹いっぱいになったところで部屋に戻ると早々と就寝。


二日目は禁漁となり、オフシーズンの始まり。


オフ初日は前日に続いて雲ひとつない快晴の朝を迎え、登山のため早起きして朝風呂&朝食を済ませて出発。
20171002150509c55.jpg


駐車場に到着してバスに乗り換え畳平へ。
20171001071321286.jpg


そこから剣ヶ峰を目指した。
IMG_3667 (1)

IMG_3668 (1)


槍に前穂に奥穂は圧巻で、遠くには八ヶ岳と南アルプスも…
IMG_3677.jpg

IMG_3702.jpg

IMG_3704.jpg


登山中は何羽も雷鳥の姿を目撃するがなかなかシャッターチャンスがなかった。
IMG_3671 (1)

IMG_3673 (1)

IMG_3675.jpg


ゆっくりと二時間ほど歩いて遂に主峰の頂きに。
IMG_3688.jpg

IMG_3689.jpg

20171002150524a62.jpg


記念撮影と安全祈願の御守りを購入して下山。
20171002150540184.jpg

IMG_3703.jpg



今度は肩の小屋口へと向かった。
IMG_3698.jpg

IMG_3699.jpg


こちらからはナナカマドやダケカンバの紅葉も鮮やか。
IMG_3714.jpg

IMG_3717.jpg

IMG_3722.jpg


それからバスで観光センターへと戻り、少し今夜の食にジコボウを摂って宿に入り、温泉で温まってからキノコ鍋をいただき、お腹いっぱいになったところで部屋に戻ると即眠りに。


三日目は朝からどんよりとした天気で、さほど冷え込みはないが朝風呂に入り、簡単に朝食を済ませて宿を出発。帰路はちょっと捻って安房から高山に向かい、緑の館でコーヒーブレイクし、せせらぎ街道で郡上の明宝ハム工場へ。
20171002150620920.jpg


工場見学して好物のハムを買い、道の駅にあるおかみさんでお昼を。
20171002150552d17.jpg


鶏ちゃんと明宝ハムでお腹いっぱいになったところで帰宅の途に。


シーズン最終日も期待を裏切らない釣果、またオフ初日から素晴らしい景色を目の当たりに。あれだけ雲隠れした主峰がシーズン最後とオフ最初に姿を見せてくれてよかった。
20171002150455f61.jpg


今シーズンは過去にないくらい多くの渓魚達が楽しませてくれ、訪れたどこの渓もポテンシャルの高さを再認識させられた年になった。そんなフィールドに感謝して、しばらくはカメラと過ごすことにしよう!
by rocky mountain  at 06:24 |  フィッシング |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

Author:rocky mountain
渓流シーズンは毎週のように信州や北陸の渓流に通い、のんびりとドライフライで釣り上がる。禁漁期間は一眼レフで信州の風景写真を撮ったり、温泉巡りや食探しに出掛けることが好き。また古きよきアメリカのヴィンテージ古着や小物の収集も好きな中年親父です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
8517位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
982位
アクセスランキングを見る>>