お盆休みinホーム 後編

三日目も起床後は温泉のち簡単に朝食を済ませて渓へ。
20170814193546cc6.jpg


とりあえず混雑必至のため、空いてる所を探して回る。意外にも釣人は少ないようで、初日一番よかった区間に空き。人気の区間ゆえ迷わずここをチョイスし、入渓地点に向かっててくてくと…
20170814193727ff8.jpg


早くも秋の気配を感じながら入渓。
2017081419381575d.jpg

2017081419373881d.jpg


初日よりやや減水したが、先日の好調に期待し、のんびり釣り上がってみる。
20170814193747662.jpg


だが期待とは裏腹に反応ないまま時間だけが過ぎていく。


一時間弱叩いてようやく最初の反応をモノにして8寸弱のイワナをキャッチ。
IMG_3914.jpg


このあとも反応少ない上、シビアな出方が多く、希にヒットしても7寸前後。
IMG_3918.jpg


超ラッキーにも8寸オーバーが混ざったが、結果的には6匹のみで予定の脱渓地点に到着。
IMG_3926.jpg


車に戻ってメインの渓に移動し、ここで昼食のちコーヒーでまったり。
2017081419425608e.jpg


それからしばらく下がって入渓し、ここを釣り上がってみる。
20170814193604fa2.jpg


先週はまずまず反応よかったが、まったく反応ない時間が続く。


先攻者がちょっと前にここを歩いたのかと思うほどで、一時間半が経過して中間地点に越えてようやく7寸ほどのイワナ。
IMG_3927.jpg

しばらくして今度は8寸ほどのイワナ。
IMG_3929.jpg


このあと7寸クラスを二匹追加し、区切りよくツ抜けに到達したのを機に、予定より早いが終了することにした。
IMG_3943.jpg


宿に戻って後片付けを済ませ、温泉でさっぱりしてからいつものお店で夕飯を。
20170814193534ac6.jpg


お腹いっぱいで宿に戻ると早々と睡魔に襲われ爆睡。


四日目も朝の日課を終え、オーナーといろいろと話し込み、気がつけば八時半を回っており、慌てて準備を済ませて出動。


まずはお気に入り区間の入渓場所に着くと、空いていたので中一日でここを釣り上がってみる。
20170814194245ca6.jpg


するとすぐにヒットさせるもバラすと、ここからしばらく沈黙が続く。


スタートして一時間ほど経過して待望の一匹目は8寸弱のイワナ。
IMG_3945.jpg


これを機に7~8寸のイワナがぽつりぽつりと…
IMG_3946.jpg

IMG_3998.jpg

IMG_3953.jpg



二日目より水量は減ったが、イワナの反応はこの日の方がよく、コンスタントにヒットが続く。
IMG_3978.jpg

IMG_3964.jpg




そして脱経前にまずまずのイワナを発見し、キャストすると躊躇いもなくフライを吸い込んだ。


いいファイトを味わったイワナは、この日のMAXとなった8寸オーバー。
IMG_3984.jpg


予定の区間を歩き終えて少し早いが14匹に満足して納竿。


宿に戻って後片付けを済ませ、温泉に入ってから夕飯を食べ、毎年恒例の夏祭りの会場へ。
2017081506024724e.jpg


この村の短い夏のイベントで、フィナーレの花火に季節を感じた。
201708150602584c0.jpg


祭りが終わって宿に戻るといつしか眠りに。


五日目はいよいよ最終日。朝から小雨が降る生憎の天気だが、釣りに支障を来すほどではないので、いつもと変わらず温泉のち簡単に朝食を。それから準備を済ませて渓に。


ホームの最後は三日目にも入ったもう一つの渓の人気の区間をチョイス。


ホームでは実績の悪いローライトで釣り上がってみる。
20170815163148ef0.jpg


すると幸先よくすぐに7寸ほどのイワナをキャッチ。
IMG_3998.jpg


だがよいのは最初だけでこのあとは7寸クラスがぽつりぽつり程度。
IMG_4003.jpg

IMG_4005.jpg


そろそろ脱渓が近づいた辺りで、なんとか8寸ほどのイワナを仕留めた。
IMG_4010.jpg


結局5匹で予定通り正午に脱渓して宿に戻って荷物を纏め、今回初めてで五日間お世話になった宿を出発。


最後は峠を越えて久しぶりの奥飛騨に到着。
2017081516320632f.jpg


イブニングには少し早おので待機し、五時前から一時間半釣り上がってみる。
20170816075357020.jpg


こちらは台風による雨の影響で水量はかなり多く、キャスト狩野なポイントは限られているが、しばらくして9寸くらいのイワナがヒットもバラシ。


その後もいいサイズはバラシで7寸クラスのヤマメ二匹でタイムアップ。
IMG_4014.jpg


これにて予定の釣りは終了し、さっさと後片付けを済ませ、平湯のあんき屋で夕飯を。
20170816075346d4e.jpg



最後は飛騨牛づくしでお腹いっぱいになり、途中は何度か仮眠を取りながら家路へ。


今シーズンは夏らしさを感じる日が少なく、梅雨明け以降も連日梅雨のような天気ばかり。それでも幸い全てに渡って渓えお歩き、たくさんのイワナ達と戯れることができた。
20170814194304d7b.jpg


これでシーズンも残すところ一ヶ月半。最後まで楽しみたいものだ!
by rocky mountain  at 19:21 |  フィッシング |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

お盆休みinホーム 前編

山の日の本日からお盆休みを利用し、避暑を兼ねてどっぷりホームで過ごすことにした。


前夜に出発して何度か仮眠を取りながら朝に到着。いつものお気に入り区間はすでに先攻者の車あり。やっぱりこの時期は仕方ないなぁ~と思いつつ、最近好調なもうひとつの渓の人気区間へ向かうと、超ラッキーにも駐車スペースには車なし。


迷うことなく準備を済ませて入渓地点までてくてくと…
20170812194340228.jpg


先日の台風の影響で水量は多いが、なんとかなりそうなんで、ここから釣り上がってみる。
IMG_3813.jpg


前回のようにすぐに反応はないが、しばらくして小振りながらまずは一匹。
IMG_3812.jpg


直後に8寸ほどのイワナをキャッチ。
IMG_3818.jpg


その後も順調に反応あり、8寸前後を立て続けに追加。
IMG_3822.jpg

IMG_3828.jpg


さらに9寸弱も混ざってあっさりツ抜け。
IMG_3835.jpg


このあとも夏らしく水飛沫を上げ、8寸クラスも混ざって17匹仕留め、予定の脱渓地点で午前の部を終えた。
IMG_3824.jpg

IMG_3839.jpg

IMG_3842.jpg


簡単に昼食を済ませて午後からはこの渓の少し下流の区間に移動。


ここも釣人の姿はないので心置きなく釣り上がってみる。
IMG_3871.jpg


すると早速7寸弱のイワナをキャッチ。
IMG_3846.jpg


さらに8寸ほどのイワナ。
IMG_3859.jpg


ここでも水面は賑やかで8寸クラスも混ざって絶好調。
IMG_3867.jpg


そしてこの日のMAXとなる28センチを追加。
IMG_3851.jpg


結果的に通らずまでヒットが続き、31匹のイワナに遊んでもらい、少し早いが初日は満足してロッドオフ。
IMG_3855.jpg


いつもの宿が満室だったため、この日からオープンのゲストハウスへ。宿に到着して後片付けを済ませ、先に温泉でリフレッシュ。
201708121943552c1.jpg


それからいつものとこで夕飯を。
2017081219440985c.jpg


がっつり食べてお腹いっぱいになり、宿に戻るといつの間にか夢の中。


二日目の起床後は朝風呂のち簡単に朝食を済ませて出動。


やや遅めだったこともあり、入渓場所には先攻者が釣りを終え、川通しで脱渓した足跡あり。迷いつつも前日入れなかったこともあり、ここから釣り上がってみる。
20170812194855a81.jpg


やはり渓には濡れた足跡があり、まったく反応がない時間が続く。


一時間ほど釣り上がった所で足跡がなくなると、悪いなりに反応し始めるが空振りばかり。


その後ようやく7寸ほどのイワナをキャッチ。
IMG_3877.jpg


すると同型がぽつりぽつりと追加し、このあと8寸弱のイワナも混ざった。
IMG_3880.jpg


さらにしばらくして8寸オーバーと9寸が連発。
IMG_3885.jpg

IMG_3887.jpg


しかし後半はペースが落ちてしまい、脱渓間際に8寸ほどのイワナをキャッチし、辛うじてツ抜けに到達した。
IMG_3897.jpg


車に戻って次は前日よかったもう一つの渓が空いていたので、午後からは少し減水したここを釣り上がってみる。
20170812194827f55.jpg


やはり朝のうちに釣人が入った形跡があり、しばらく反応ない時間が続いたが、30分ほど経過して7寸ほどのイワナ。
IMG_3902.jpg


このあと7寸前後とサイズはいまいちながら追加していく。
IMG_3909.jpg


なんとか8寸ほどのイワナも混ざり、ここでは6匹仕留めてロッドオフ。
IMG_3913.jpg


宿に戻って後片付けを済ませ、温泉で温まってから夕飯を食べ、まったりもつかの間でいつしか眠りに。


後編に続く
by rocky mountain  at 19:13 |  フィッシング |  comment (6)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

Author:rocky mountain
渓流シーズンは毎週のように信州や北陸の渓流に通い、のんびりとドライフライで釣り上がる。禁漁期間は一眼レフで信州の風景写真を撮ったり、温泉巡りや食探しに出掛けることが好き。また古きよきアメリカのヴィンテージ古着や小物の収集も好きな中年親父です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
10224位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
1057位
アクセスランキングを見る>>