友人とホームへ!

天気が心配だが今週も深夜に出発してホームへ向かった


5時に現地に到着したが小雨で濁りはないが突風が吹く


今日は友人A氏との釣行だが朝から体調がすぐれないので私だけが準備し入渓。
6月26日 友人とホームへ! 012


強風が時折止むタイミングでキャストしていくが反応がない(汗)


30分ほど後、ようやくファーストヒットしたのは7寸ほどのイワナ!
6月26日 友人とホームへ! 002


その後は調子よく二時間ほどで7寸前後を10匹キャッチ
6月26日 友人とホームへ! 003
6月26日 友人とホームへ! 001


しかし、雨は止まずしかも風は強く一旦、車に戻り朝食を


その後、深夜のドライブ疲れで友人と爆睡


一時間ほどで目覚めたが天気は相変わらず…


とりあえず別の場所に入渓。


やはり風の止むのを待ちながらキャストするが反応はいまひとつだがなんとか8寸弱を。
6月26日 友人とホームへ! 007


その後、本日最大の9寸弱をキャッチ!
6月26日 友人とホームへ! 008


天気の回復も見込めないので疲れた身体を温泉で癒そうと向かう途中、どこかで見たことのある車が…


なんと、ブログでお世話になっている釣大好き様らしき方が渓に


間違っていたら恥ずかしいのだが近寄ってみるとやはりご本人様でした


まさかこの渓でお会いするとは思ってなかったのですが仲間の方たちと来られたようで少しお話をして温泉に向かった


露天風呂に浸かりながら天気を見ているが、更に風は強くなっているので風呂から上がり休憩所で爆睡


2時半ごろ温泉を出て再び渓へ向かう途中、また釣り大好き様とお会いし釣果を聞くと何匹かキャッチされたことを聞き別れた(この悪天候の中、入魂おめでとうございます!)


3時に再び入渓し、一時間ほど釣り上がり6~7寸ほどのイワナを5匹キャッチ!
6月26日 友人とホームへ! 009


残り二時間をお気に入りの区間に。
6月26日 友人とホームへ! 016


しかし、先行者の車が…


後追いではあるが友人も体調がましになったようで二人で釣り上がる。


二人ともポツポツ反応してくれ友人が5匹、私が3匹キャッチし6時に終了し、本日お世話になる宿に向かう
6月26日 友人とホームへ! 014
6月26日 友人とホームへ! 004


到着後、すぐに道具を片付けお風呂に


そして夕飯をいただく。


イワナや熊鍋、山菜や蕎麦などどれも美味しくお腹いっぱいに


その後、しばらくして爆睡


翌朝、4時半に起床し、準備を済ませて川を見るが濁りが酷いし雨も降っているため本日は中止
6月26日 友人とホームへ! 017


宿の部屋で道具の手入れや出発の準備などを終えて朝風呂でのんびりと


そして宿の朝食をいただく
6月26日 友人とホームへ! 018


食事を終え一息ついて宿を後にするが未練が残り上流へ


やや濁りもまし?に見えたので一時間だけ釣り上がってみる。


結局、6寸ほどのイワナを2匹釣り終了。
6月26日 友人とホームへ! 015


途中、福井ICで降り昼食は越前蕎麦のはしごにチャレンジ。


まずは「笏谷蕎麦」へ!
6月26日 友人とホームへ! 020


もちろん越前そばの代名詞でもあるおろしそばを。
6月26日 友人とホームへ! 019


太めのそばはコシがありおろしの辛味大根とよく合う。


二軒目は「すいこう」へ!
6月26日 友人とホームへ! 021


もちろんおろしそばを。
6月26日 友人とホームへ! 022


私的にはよく似てるのだがこちらのほうがそばの風味があるので好きかも…


三軒目は池田町の「森六」へ!
6月26日 友人とホームへ! 023


こちらは越前そばの本来のスタイルである九谷焼の皿に盛られ、お味も越前そばといえば森六といわれるほど。
6月26日 友人とホームへ! 024


前の二軒とは違い極太のそばはコシもさらに凄い


最後は「大福」へ!
6月26日 友人とホームへ! 025


こちらも九谷焼の皿に盛られたそばで流石に4皿目で少々お腹もきつかったが美味しかった。
6月26日 友人とホームへ! 027


帰りは武生ICより家路に向かった


今週は悪天候で釣果は不満だったがそれでも宿の料理や越前そば巡りで美味しいものを食べられよかった。


次の週末こそよい天気だったらいいのだがあまり期待できなさそう
by rocky mountain  at 00:11 |  フィッシング |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

諦めきれずに…

昨晩の雨で週末の釣行は諦めたのだが早朝に目が覚めると雨が降っていない


すぐにホームリバーのライブカメラを見ると雨は降ってないし濁りもない。


行くだけでもとすぐに準備を済ませ単独で6時前に出発


現地に10時頃到着したが予報とは違い晴れ間も見える中、準備を済ませていざ入渓


先週よりも水量は少し落ち着いていて濁りもわずかで状況はよい
6月19日 諦めきれずに… 004


早々に三回も反応したが…


その後、ようやく6寸ほどのイワナをキャッチ!
6月19日 諦めきれずに… 002


するとルアーマンが僕の20メートルほど前から入渓した(怒…)


しばらくするとそのルアーマンが寄ってきて何か言おうとしたがあまりの腹立たしさから注意すると理解したようで去っていった。


その後、同型を1匹追加したが気分を害し車に戻り、場所を移動した
6月19日 諦めきれずに… 003


お気に入りの場所に誰もいないことを確認し入渓した。


二時間ほど釣り上がり6寸~8寸弱と小さいながら9匹キャッチできた
6月19日 諦めきれずに… 005
6月19日 諦めきれずに… 011


ここで昼食に!


今日は単独ということで超簡単におにぎりとインスタントラーメン
6月19日 諦めきれずに… 007


食べ終わり一息ついて、先週やらなかった区間を釣り上がる。
6月19日 諦めきれずに… 016


よさ気なポイントの巻きにフライをキャストすると下からゆっくり出てきたが…


数分ほどポイントを休ませ再びキャストすると同じイワナがまた出てきた。


今度はロッドに手応えがあり無事にランディングしたのは本日一番の9寸弱
6月19日 諦めきれずに… 014


結局、二時間ほどで7、8寸を1匹づつ追加して脱渓。
6月19日 諦めきれずに… 013


また、別の区間を一時間ほど釣り上がるがここでも6、7寸ほどのイワナを3匹キャッチ。
6月19日 諦めきれずに… 009


今日のイブニングは再び、お気に入りの区間を釣り上がりで。
6月19日 諦めきれずに… 017


結局、ここでも二時間ほどで大型も出ず6寸~7寸を6匹キャッチし納竿。
6月19日 諦めきれずに… 018
6月19日 諦めきれずに… 019


今日は日帰りということで後片付けを済ませ家路へと向かった


先週とは違いバラシがかなり多かったのが悔やまれるが、梅雨で今週は釣行も諦めていたのに雨も降らずにホームで釣りができたので満足だった
by rocky mountain  at 06:26 |  フィッシング |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

もう一台のデジイチ?

本日、2台目のデジイチを購入?


canon X2 レンズキットの新品がかなり安かったので思わず買ってしまった(汗)
6月16日 キャノン X2 002


5年保証付きでコンデジと変わらない値段に即ライズしたのである。


というのもいつも釣りもしないのについてきてくれる相棒のために買ったのだが…


せめてものお礼の意味で


でもこのカメラってデジイチにしてはかなり軽く、僕が渓に持っていきたいくらい。
6月16日 キャノン X2 001


まあ、これで気を使わずにフライに没頭できるぞ!!


でも週末は天気もよくないので渓でロッドを振れるかどうか…
by rocky mountain  at 20:35 |  カメラ |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

いよいよホームへ!

今年は例年より半月ほど遅れているようでようやく今年初のホーム釣行!


期待と不安の中、金曜の夜に出発


夜中に到着し仮眠をとる


4時頃に起床、準備を済ませいざ入渓!


すぐに水温を計ると9度弱と早朝にしてはそこそこあるが水量はまだ多い。
6月12日 いよいよホームへ! 017


シーズン最初の渓は毎回、不安なのだがすぐに反応したが…


まずはドライに反応してくれて安心し、直後にまた同じ筋でバシャ!


今度はロッドに生命感が伝わりランディングしたのはホーム初の6寸ほどのイワナ
6月12日 いよいよホームへ! 002


すぐに8寸弱のイワナを追加!
6月12日 いよいよホームへ! 004


その後もここはという所からはほぼ反応し、スタート一時間半ほどで10匹キャッチできホームの魚影の濃さを確信したが…
6月12日 いよいよホームへ! 003


その後、全く反応がなくなりもしかして?と足早に釣り上がるとやはり餌師が…


しかも入渓してわずか上流から恐らく入渓したと思われる(相変わらずマナーの悪い餌師に怒りが込み上げてくる)


結局、退渓を余儀なくされた


一旦、車に戻り上流に行くが各入渓地点には車が…


仕方なく餌師の後追いで釣り上がるがやはり反応は悪く三時間ほどで6、7寸ほどのイワナを3匹追加して早めに昼食。
6月12日 いよいよホームへ! 014


途中、本日宿泊する宿に立ち寄り年券を購入。


久々にバーベキューを(最近、年齢的に食べる機会が減った焼肉)


でも、雰囲気のよい渓での炭火焼肉は美味い!
6月12日 いよいよホームへ! 006


今日は餌師が多いので温泉でゆっくり汗を流すことに


その後、休憩所で昼寝


3時を過ぎたあたりに再び渓に戻る。
6月12日 いよいよホームへ! 007


ほとんど釣人らしき車もなく午前に入ってない区間を釣ってみると朝と同様に反応がよく一時間半ほどで6、7寸ほどのイワナを11匹キャッチ
6月12日 いよいよホームへ! 005


残り時間はライズ狙い!


毎年、この時期にライズが多いプールに。


早速、水面を凝視しているとポツポツとライズがありフライをレーンに流すとゆっくり垂直にフライに出てくる(今年からはライズにはまらないようにしないと)


しかし、ストマックポンプで見るとフライが合ってないらしくCDCダン #18 ライトケイヒルカラーにチェンジ。


するとマッチしたようで本日、最大の9寸弱のイワナを含めて6匹のイワナを追加
6月12日 いよいよホームへ! 008
6月12日 いよいよホームへ! 009


6時半にはライズもなくなり本日の釣果は30匹と楽しめたのでここで納竿


宿に戻り、後片付けをし、すぐにお風呂に。


そして夕飯はイワナや山菜をはじめ鹿肉のタタキなど。
6月12日 いよいよホームへ! 010


また、先週出会ったのとはちがうが熊鍋も
6月12日 いよいよホームへ! 011


どれもビールによく合い、美味しくいただいた


満腹になり部屋へ戻ったら疲れていたのですぐに爆眠


翌朝、5時に起床しゆっくり準備して渓へ


昨日と違い釣人らしき車もなくお気に入りの区間を釣り上がる。
6月12日 いよいよホームへ! 013


昨日ほどの反応はないもののポツポツとキャッチ!
6月12日 いよいよホームへ! 012


結局、三時間ほど釣り上がり6~8寸ほどのイワナを8匹釣り納竿。
6月12日 いよいよホームへ! 015


これだけの水量でも多くのイワナ達と楽しめた(やっぱりホームは魚影が濃い)
6月12日 いよいよホームへ! 016


宿に戻り片付けを済ませ朝風呂に。


部屋に戻り出発の準備をしてチェックアウト。


昼飯や土産をと金沢へ向かう


近江町市場に到着し、まずは土産の物色ため市場内を見てまわる
6月12日 いよいよホームへ! 022


混まないうちに昼食をと市場内のもりもり寿司で
6月12日 いよいよホームへ! 018


地物の梅貝や鯖など美味しく腹いっぱいに
6月12日 いよいよホームへ! 019
6月12日 いよいよホームへ! 020
6月12日 いよいよホームへ! 021


その後、無事に海産物土産もゲットし大満足で家路へ


いよいよ明日から梅雨入りのようだがホームは雨に弱いので、できれば空梅雨であることを祈りたいものだ。
by rocky mountain  at 01:09 |  フィッシング |  comment (6)  |  trackback (0)  |  page top ↑

大和を求めてIN秋神川

GW初日のリベンジを果たすべく秋神川へ!


金曜の夜に京都を出発し高山西ICへ


高山市街から美女街道で道の駅に夜中の1時前に着きここで仮眠


6時に起床し今回お世話になるくるみ温泉キャンプ場へ
6月5日 大和を求めてin秋神川2 001_1


7時前に到着しまずはこちらで日券を購入(オーナー、早朝から起こしてすみませんでした)


オーナーに入出渓場所やポイント、フライのパターンなどをアドバイスいただいたりしながら談笑
大和を求めてin 秋神川 022


今回の宿泊はバンガローに決め荷物などを入れまったりと準備。
6月5日 大和を求めてin秋神川2 002_1


御岳の雪代の影響か早朝はまだ水温も低いため上がりはじめる8時頃に上流部へ
6月5日 大和を求めてin秋神川2 021_1


オーナーに教えてもらった入渓場所に到着し釣り上がる。
大和を求めてin 秋神川 004


普段以上に丁寧にアプローチし一時間ほど釣り上がったところでやっと反応したが…


もう一度同じレーンを流すと今度はロッドに生命感が伝わりキャッチしたのは6寸ほどの念願の初ヤマト
大和を求めてin 秋神川 002


その後も一時間に一匹のペースで6寸、7寸と3匹のヤマトをキャッチでき大満足
大和を求めてin 秋神川 007


一旦、キャンプ場に戻り昼食の準備を。


いつもながらに簡単な炒飯とサイコロステーキ、食後はお気に入りのスタバのコーヒーを。
大和を求めてin 秋神川 009


午後からは上流部の入渓場所を探すが何処にも車が止まっている(汗)


唯一、一カ所車がない所を見つけ入渓(これがこの後とんでもないことになるとは…)


30分ほど釣り上がると20メーターほど上流でバシャバシャと音が


川の左岸から走り右岸へ渡っていくのは中型の熊(怖)


凄いスピードで渡ってそのまま崖を登って行った(汗………)


その瞬間はカメラを向ける余裕などなくベストについている熊鈴を必死で鳴らしていた(全く無意味な行動とわかったのは冷静さを取り戻した時でしばらくは足の奮えが止まらなかった)


このまま釣り上がるか引き返すか悩んだがまだ近くにいたら怖いので逃げる意味で釣り上がった(震)


何度も後ろが気になり恐怖感からかその後、反応してもバラシてしまう(熊のせいではなく自分の腕が悪いのですが…)


そうこうしながらも6寸ほどのヤマト2匹キャッチ!
大和を求めてin 秋神川 017


出渓場所を見つけ安心したからか本日最大の8寸ほどのヤマトに出会えた
大和を求めてin 秋神川 027


結局、午前と同様三時間ほど釣り上がり3匹のヤマトと出会うことができたが熊とも出会ってしまった(熊には二度と会いたくないのだが…)


キャンプ場に戻り熊の話で盛り上がり夕飯までに時間があるので一時間ほど安全なキャンプ場前で釣ることに。


先行者がいるのでゆっくり釣り上がろうとひとつのポイントに時間を使う。
6月5日 大和を求めてin秋神川2 016_1


いきなり開始早々すぐに反応しロッドに生命感が…
6月5日 大和を求めてin秋神川2 013_1


キャッチしたのはヤマトではなくニッコウだった。
6月5日 大和を求めてin秋神川2 011_1


その後も各ポイントから次々に反応はあるがニッコウばかり(このあたりは放流によるニッコウが大半なのだろう)
6月5日 大和を求めてin秋神川2 017_1


アマゴもキャッチしたのでこれで納竿した
大和を求めてin 秋神川 018


わずか一時間ほどでニッコウ9匹、アマゴ1匹をキャッチ!


ホントはイブニングまでやるつもりだったが熊を目の当たりにした恐怖感と疲れから本日は納竿とした。


すぐに後片付けを済ませて温泉に
大和を求めてin 秋神川 034


ゆっくり浸かった後は夕飯の準備を。


メインは鶏の山賊焼きに卵スープとご飯。
大和を求めてin 秋神川 019
大和を求めてin 秋神川 020


美味しくいただき一息ついたら爆眠


翌朝、7時に起床し朝食の準備を。


スクランブルエッグとアラビキソーセージをのせたトーストとコーヒーを
大和を求めてin 秋神川 021


朝食を終えのんびりムードで準備し再びヤマトの聖地に


昨日と違い釣人も少ないのかほぼ入渓可能だがあえて熊と遭遇したポイントに(なぜかさほど怖さはなかった)
大和を求めてin 秋神川 006


昨日の反応が良かったのと二日続けて同じ所には出ないと勝手に判断し熊と遭遇した場所まで釣り上がるも熊もヤマトも反応なし。


しばらくして昨日反応が多かった区間に。


すぐに反応しキャッチしたのは6寸ほどの小ヤマト君
大和を求めてin 秋神川 033


直後に反応しあわせるとロッドに重量感が…


無事にネットインしたのは見事な9寸弱のヤマト(おもわず美しさに見惚れてカメラを出したらサヨウナラ~)


そして昨日8寸をキャッチした付近で同型のヤマトをキャッチ
大和を求めてin 秋神川 030


その後6寸と7寸のヤマトを追加し終了。
大和を求めてin 秋神川 003


キャンプ場に戻り後片付けをして出発!


またヤマトとの再会を心に誓い大満足で家路へと向かった






by rocky mountain  at 01:05 |  フィッシング |  comment (11)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

Author:rocky mountain
渓流シーズンは毎週のように信州や北陸の渓流に通い、のんびりとドライフライで釣り上がる。禁漁期間は一眼レフで信州の風景写真を撮ったり、温泉巡りや食探しに出掛けることが好き。また古きよきアメリカのヴィンテージ古着や小物の収集も好きな中年親父です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
13637位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
1314位
アクセスランキングを見る>>