日本海経由で秘湯?へ

毎日のように大雪に見舞われている日本海側


そんな中、朝6時に出発し富山ICへ向かう


道中、福井県からは雪が降り出しチェーン規制が…


目的の富山ICを10時半すぎに出て早めの昼食はお気に入りのすし玉で。
日本海経由で秘湯?へ 001


普段なら11時の開店後すぐに満席になるのだが、雪の影響なのか八割くらい。


今日は好きなネタを好きなだけと梅貝や鯵、カワハギなどの地物
日本海経由で秘湯?へ 003


中トロや鯖、ハタハタなどのお気に入りのネタは、どれも新鮮で美味しくガッツリいただいた。
日本海経由で秘湯?へ 002
日本海経由で秘湯?へ 004


そして神通川沿いにR41を高山方面へ、神岡町から高原川沿いにR471を奥飛騨方面へ


先日、友人Aさんから3月の蒲田に誘われたんで下見がてらに中尾橋から見てみると、かなり減水していてやや濁りもある。
1月29日 日本海経由で秘湯?へ 001_1


次に栃尾のC&Rエリアの荒神の湯から見てみるとこちらも同じく減水しているが濁りはほとんどない。
1月29日 日本海経由で秘湯?へ 002_1


解禁までによい状態になればいいが…


ここに来たついでに荒神の湯にでもと思ったが温度が低いので諦め平湯方面へ

1月29日 日本海経由で秘湯?へ 003_1


ここでいつもながら民俗館の露天風呂に立ち寄る
日本海経由で秘湯?へ 005


のんびりと雪見露天を楽しみ平湯をあとに安房トンネルを抜け、冬季閉鎖中で銀世界の安房峠をひたすら走る
日本海経由で秘湯?へ 006


しばらく行くとひっそりと建つ一軒宿で日本秘湯を守る会にもなっている中の湯温泉旅館に到着!
日本海経由で秘湯?へ 007


早速、チェックインを済ませるとロビーで雪景色を見ながら蕎麦茶と饅頭をいただきながら館内の説明をしていただいたり、この界隈の自然のお話などを聞かせていただく。
1月29日 日本海経由で秘湯?へ 004_1


天気が良ければ焼岳や穂高岳などの北アルプスの絶景を見れるらしいが生憎の天気で…(涙)


一旦、お部屋に案内され荷物を入れ、こちらの宿の名物洞窟風呂に送迎してもらう。


上高地のゲートのすぐ横にあるこちらの旅館が所有している卜伝の湯は宿泊者のみ無料で貸し切ることができる。
1月29日 日本海経由で秘湯?へ 007_1


中に入るとすぐに脱衣所があり、そこから暗い洞窟の階段を下りていく。
1月29日 日本海経由で秘湯?へ 005_1


そこには神秘的な湯舟に鉄分いっぱいの湯が掛け流され、まさに秘湯といった感じ。
1月29日 日本海経由で秘湯?へ 006_1


泉温もおそらく40度ちょいでゆったりと楽しみ、再び送迎車で宿に戻る。


その後、部屋で一息ついて夕飯を食事処でいただくことに。


メインは冬の寒さにピッタリの鴨鍋
日本海経由で秘湯?へ 009


他に岩魚の塩焼きや信州サーモンの刺身にわんこそばなど信州らしい品々。
日本海経由で秘湯?へ 008


そして〆には鴨の濃厚な出汁で雑炊にしていただき満腹
日本海経由で秘湯?へ 010


部屋に戻り、しばらくして今度は宿の温泉へ


こちらは卜伝の湯の泉質とはちがい硫黄の香りが少しする無色の湯で、深々と降り続く雪で露天風呂は泉温が低いため断念し内湯だけ堪能する。
日本海経由で秘湯?へ 011


よい季節なら露天風呂からの星空はきっと綺麗なんだろうなぁ~なんて思い部屋に戻る


いつの間にか寝てしまったが、アジアカップ試合中に目覚め最後まで観戦。


日本代表の優勝を見届け、再び眠りにつく


サッカー観戦のおかげで朝寝坊し、急いで朝食をいただきに食事処へ。


寝起きではあったが、好物の朴葉みその香りに食欲が高まる。
日本海経由で秘湯?へ 012


他には焼き魚や豆腐、珍しい山菜を使った料理にご飯もすすむ。
日本海経由で秘湯?へ 013


美味しくいただき部屋に戻り、先に出発の準備を済ませて温泉へ


まずは内湯で身体を温めてから、昨晩は寒くて入ることのできなかった露天風呂に。
1月29日 日本海経由で秘湯?へ 008_1


北アルプスの大自然に囲まれ、野鳥観賞をしながらの雪見露天は最高!
1月29日 日本海経由で秘湯?へ 009_1


でも気温は氷点下15度くらいとやはり寒く出るに出れないのでのんびりと…


再び内湯で湯冷めしない程度に浸かり、結局チェックアウトぎりぎり(汗)


慌てて荷物を取りに部屋に戻り、チェックアウトし宿をあとにと駐車場へ。しかし、とんでもない寒さにドアは開かず、ガラスは凍る始末


宿の女将にお湯をもらい何度もぶっかけようやく出発態勢が整い、また安房トンネルを抜けて平湯から高山へ


路面か完全にアウトバーン状態でゆっくり安全運転で高山市街まで。ここまで来たのでTRAIN BLUEに立ち寄る。
日本海経由で秘湯?へ 014


お気に入りのクイニィアマンやブルーベリーデニッシュなどを買い、家路に向かうため高山西IC方面へ向かう。
日本海経由で秘湯?へ 015


途中、久蔵の前を通り土産にと久々に久蔵ホルモンを買うと、奥さんが「遠く遥々寒い所へ来られたんでひとつどうぞ」と言って余分にいただき、僕も「また寄りますね!」と言って高山西ICへ
日本海経由で秘湯?へ 016


雪の影響からか白鳥あたりで事故による通行止め。高鷲から渋滞であったが、白鳥の手前でラッキーにも解除となり無事に京都へと帰ってきた


今回は残念ながら北アルプスの雪景色を撮ることができず、時間があれば雪の大正池も散策したかったがこの雪ではどうにもならずそれだけは残念だったが、事故やトラブルもなく無事に過ごせたのでよかった


しかし今シーズンの渓は本当に大丈夫なのだろうか?宿の方もこんなに雪の多い年は近年なかったとのことで、それが非常に心配である









by rocky mountain  at 05:48 |   |  comment (10)  |  trackback (0)  |  page top ↑

そろそろ…

あっという間なのかようやくなのか睦月も残すところ一週間ほどとなりフライマンの方々は解禁に向けて準備も進んでいるのであろう。


僕はというと、オフになってからロッドを振ったのは一度だけ、タイイングも全くしてなくてなんの準備もしてなかった(汗)


今オフも渓の下見だけはしっかりしたが、肝心の道具に関しては…


今日は朝からせっせと道具の整理をしながら不足分の消耗品をリストアップ。
1月22日 そろそろ… 003_1


また、とりあえずメイフライパターンのフライボックスの不足分をタイイング!


まずは早春の低水温時に有効なハーフシンクのクイルボディーパラシュート#18を。
1月22日 そろそろ… 001_1


また、昨シーズン最も出番が多かったスタンダードなクイルボディーパラシュート#14を。
1月22日 そろそろ… 002_1


これらを不足分とストック分を巻き続けようと思ったが…


やはりタイイングもしていなかったので急に大量生産なんて無理無理


とりあえず不足分はほとんど巻いたが、これからぼちぼちと巻いていこう!


2月の解禁に行くこともないし、今シーズンは3月の蒲田も去年の二の舞になりそうなんで…


今年は去年以上に雪が多そうで少し心配だが、今シーズンも去年同様の渓に少しプラスして、おおよそのフィールドスケジュールだけはイメージできているが(妄想しているだけ)


まあ4月になれば僕も解禁するだろうし、それまでにボチボチと巻いていこ~っと
by rocky mountain  at 15:40 |  日常 |  comment (11)  |  trackback (0)  |  page top ↑

鳥羽のグルメと伊勢神宮参拝

今日は参拝のため伊勢神宮へ


その前に鳥羽の石鏡港の前にある西村食堂で昼食を。
1月15日 鳥羽のグルメと伊勢神宮参拝 005_1


長らくご無沙汰していたこちらのお店は、安くて新鮮でボリュームたっぷりの漁師料理を食べさせてくれる。


いつも地元の漁師さんや僕のように他府県から多く人々が訪れる人気のお店。


今日も開店して間もなく満席となるくらい。


いつもと同じように大将に「お任せをひとつお願いします!」とオーダー。


実は二人でひとつ食べれば十分なくらいの量で、まずは薔薇の形をしたイカの刺身を特製のタレで。
1月15日 鳥羽のグルメと伊勢神宮参拝 001_1


続いて鯛のホイル焼きをポン酢で。
1月15日 鳥羽のグルメと伊勢神宮参拝 002_1


日によって水揚げされたものは違うが今日はこちら。
1月15日 鳥羽のグルメと伊勢神宮参拝 004_1


中トロをはじめカンパチや平目、サザエに伊勢海老のボイルやトロのあぶりなどなど豪華でこれにおかわり自由なあら汁とご飯。
1月15日 鳥羽のグルメと伊勢神宮参拝 003_1


相変わらず新鮮で美味しくあら汁はもちろんおかわりしてしまった


これだけ食べれば満腹状態で大将に「また来ます!」と言って店をあとに


こちらにきたら必ず立ち寄るみしまや鮮魚店で土産にホタテと牡蠣と大あさりを買い込む。
1月15日 鳥羽のグルメと伊勢神宮参拝 006_1


そして小学校の修学旅行以来である二見浦の夫婦岩見学。
1月15日 鳥羽のグルメと伊勢神宮参拝 008_1


また夫婦岩の前にある二見興玉神社をお参りする。
1月15日 鳥羽のグルメと伊勢神宮参拝 009_1


無事にかえると言われる二見蛙を撫でて、修学旅行で泊まった旅館を探しながら散策し、あの時と変わらぬ建物に懐かしさを感じる。
1月15日 鳥羽のグルメと伊勢神宮参拝 011_1


その後、伊勢神宮の内宮へ向かい駐車場からおかげ横丁に入るがまずは参拝をしてからと入口へ。
1月15日 鳥羽のグルメと伊勢神宮参拝 020_1


内宮に到着し、そこから正宮に向かう。
1月15日 鳥羽のグルメと伊勢神宮参拝 019_1


正宮に着き、こちらでは家内安全はもちろん健康で一年過ごせるようにとお参りする。
1月15日 鳥羽のグルメと伊勢神宮参拝 014_1


そして次に樹齢500年のこちらのシンボルといわれる神宮杉にパワーをもらおうと…
1月15日 鳥羽のグルメと伊勢神宮参拝 016_1


最後に荒祭宮でお参りを終え、内宮をあとにおかげの市をいろいろと見てまわる
1月15日 鳥羽のグルメと伊勢神宮参拝 018_1


伊勢名物のお店がたくさんあり、みんな美味しそうだが…
1月15日 鳥羽のグルメと伊勢神宮参拝 021_1


このおかげ横丁は江戸時代の雰囲気があり、町並みを見ているだけでも楽しい。
1月15日 鳥羽のグルメと伊勢神宮参拝 023_1


メインの町並みから路地裏まですべて見尽くした。


あまりの寒さと小腹が減り最後は赤福で好物のぜんざいをいただき、やはり赤福もお土産に買ってしまう。(最近、食べ過ぎで体重が…)
1月15日 鳥羽のグルメと伊勢神宮参拝 025_1


こうして、鳥羽で美味しい魚貝をいただき、伊勢で参拝をして家路へと向かった
by rocky mountain  at 08:23 |  グルメ |  comment (6)  |  trackback (0)  |  page top ↑

梓が僕を呼んでいる?

今回のために昨日レンズを買ったので今回は風景写真はもちろん食、温泉、それに新たなポイントを求めて渓探索と欲張った目的で。


八時頃に京都を出発し、松本ICを目指す


正月明けの連休からか高速道路は空いていて、11時半に松本ICを出て昼飯をと唐沢蕎麦集落へ


前回訪れた際、女将と寒くなったらまた来る約束をしていたので、新年の挨拶も兼ねてはやしや新宅で昼食。
1月8日 梓が僕を呼んでいる? 002_1


扉を開けて「こんにちは~」と言うと奥から女将が出てきて「声で京都の○○さんって解ったわ!」と言われ、年に数回しか来ないのにそんなに特徴ある声だったかなっと???


新年の挨拶から始まりしばし談笑から始まり、いつも通りもりそばを二枚いただく。
1月8日 梓が僕を呼んでいる? 001_1


前回は新そばを一番乗りでいただいたのであの時に比べると香りは少ないが、それでもなんともいえないそばの香りで持参の岩塩と出されたツユで美味しくいただく


二枚をペロッといただき、「また、暖かくなったら来ますね」と言って店を出た。


その後は先週、横田氏に教えてもらった梓川水系の入渓場所を確認するためそちらの方面に向かった


教えてもらったポイントは落差があり降りれそうもなく感じたが、必ず車を駐車した近辺に降り口があると言われたので深い雪の中、スノーブーツに履き替え雪道を行くと比較的簡単に降りれる場所があるが、今回は雪が深く川には降りずに確認だけで車に戻る。
1月8日 梓が僕を呼んでいる? 003_1


再び別の入渓場所を求めて移動し、次は駐車した場所から簡単に降りれる場所だったんで川まで降りてみた。共に脱渓場所は確認していないのでいきあたりばったりで今シーズン釣り上がるしかない。
1月8日 梓が僕を呼んでいる? 004_1


そろそろ相棒の顔色が気になる。それに手足も冷えてきたので車に戻り、足湯に寄ってしばらく温まる。
1月8日 梓が僕を呼んでいる? 005_1


そしていつもの宿泊場所である乗鞍高原へ


宿に入る前に昨日購入したレンズで雪景色や乗鞍岳を撮ってみる
1月8日 梓が僕を呼んでいる? 006_1
1月8日 梓が僕を呼んでいる? 007_1


また、今シーズンもお世話になるであろう渓の雪景色も…
1月8日 梓が僕を呼んでいる? 009_1


流石に氷点下で長時間いるのは過酷なので宿に向かう。


到着するとご主人が温かく迎えてくれた。
1月8日 梓が僕を呼んでいる? 014_1


こちらでも新年の挨拶をするとご主人が「今日も釣りですか?」とジョーク。


僕も「今日はイワナが釣れへんかった」とジョークでお返し。


といった談笑も交え、お部屋に通され「お風呂どうぞ」と嬉しいお言葉!


しばらくして温泉に直行し、身体も相当冷え切っていたようでなかなか湯舟から出れない
1月8日 梓が僕を呼んでいる? 013_1


長湯でようやく身体も温まり、夕飯まで部屋でのんびりと…


待ちに待った夕飯の準備ができたようで食事処へ。


海鮮鍋やお刺身、南蛮漬け等などいつも変わらない味付けで美味しくお腹いっぱいいただいた
1月8日 梓が僕を呼んでいる? 010_1


食事を終え部屋で一息つき、日中は快晴だったのできっと夜はパノラマの星空を鑑賞できるだろうと寒い中、宿の駐車場で星空を撮影しながら眺める


初めての星空撮影を体験したが思い通りにとはいかない


とりあえずマニュアルモード 17ミリ相当 F4.5 バルブ5分と10分 ISO100 WB日陰で撮ってはみたが
1月8日 梓が僕を呼んでいる? 012_1
1月8日 梓が僕を呼んでいる? 011_1


やはり氷点下の気温で空気も澄んだ高原のパノラマは絶景だが、寒さのあまり部屋に戻りすかさず風呂へ


かなり冷え切っていたのと冬の泉温38度と少し低温なのもあって、そうとう長湯でようやく身体もポカポカに。


部屋に戻りしばらくしたらいつしか爆睡


翌朝、起きて窓を開けると昨晩の星空が嘘のようにコンコンと雪が降っていて、車には10センチほど積もっている


まずは朝風呂を浴びに行き、のんびりお湯を堪能する。この時期は額から汗がジワッと出るには15分ほど浸かってないと…


本当なら朝一に釣りをして、帰ってきて温泉に。そしてまた釣りにというのがやっぱりいいなぁ~


その後は身体も暖まり、車雪掻き作業。幸い粉っぽい雪だったのでガラスも凍ってなく、スムーズに終えるがわずかの時間でもあっという間に冷え切ってしまう。


宿を出る前にと再び温泉で温まってから出発!


本当は乗鞍高原で番所の滝の樹氷や銀世界の風景を撮りたかったがこの吹雪ではと諦め、まずは朝兼昼食をと先日、横田氏お薦めのドライブイン赤松という蕎麦屋へ


途中、少し川の状況が気になり島々谷川へ寄り道。


車止めゲートから雪の中、歩きはじめる。


しばらく行くと本流に流れ込む沢を見ると綺麗な樹氷。
1月8日 梓が僕を呼んでいる? 015_1


再び、上流を目指し歩くが独りで雪道の渓流沿いを歩くのは怖いものでトンネルまで行けるはずもなく休憩。


僕は相当の釣りバカなんで禁漁の渓で雪の降る中、流れを見ているだけで心が癒される。しばし、ボーッと眺めているとやっぱり寒いのでUターンして車に戻る。
1月8日 梓が僕を呼んでいる? 016_1


そしてドライブイン赤松に向かう。


今まで頻繁に通っていたが全く気がつかなかった。また店の名前からあまり期待できそうもないが…
1月8日 梓が僕を呼んでいる? 017_1


早速、店内に入りもりそばの大盛りともつ煮込みを注文する。


先にもつ煮込みが運ばれてきて食べてみると、これがかなり美味い!
1月8日 梓が僕を呼んでいる? 018_1


しばらくしてもりそばも運ばれてくる。


かなり高く盛られたやや太めのそばはボリューム満点田舎そばという感じ。
1月8日 梓が僕を呼んでいる? 019_1


まずは持参の岩塩で食べてみると、そばの香りがすごくあって地元の人が通うのがわかる気がする。


そば湯も僕好みの結構どろどろで香りもグッド!


こちらのお店もまた食べたくなるそばで気に入ってしまう


そして次の目的地の松本市街へ向かう


松本の中心部は本日、松本あめ市が最終日で賑わっている。


今日の目的でもあるが、まずは松本城へ。
1月8日 梓が僕を呼んでいる? 020_1


実は松本には年に何度も訪れるが国宝でもある松本城を初めて見ることができた
1月8日 梓が僕を呼んでいる? 021_1


松本城の外周を見ながら、次は重要文化財に指定されている旧開智学校へ。


これが日本で一番古い小学校の校舎らしいが、純和風ではなくヨーロッパ調の雰囲気がある建物。
1月8日 梓が僕を呼んでいる? 022_1


神戸の異人館に似た雰囲気を感じる。館内の各部屋も外観同様に雰囲気がある。


現開智小学校も恐らくその流れを受け継いで洋風の校舎だった。


次に向かったのが松本あめ市が開催されている中心地へ。
1月8日 梓が僕を呼んでいる? 024_1


道路は歩行者天国となっていてたくさんの出店があり、まさに松本の祭りといった感じ。
1月8日 梓が僕を呼んでいる? 025_1


太鼓を叩く人達があめ市を盛り上げていて、すごく活気がある。
1月8日 梓が僕を呼んでいる? 023_1


夕方まで縦横無尽に歩行者天国を歩き回り、かなりお疲れモードで松本市街のホテルにてチェックインを済ませ、近くの浅間温泉へ。


ここの温泉は初めてで、日帰り浴場で疲れを癒すことに
1月8日 梓が僕を呼んでいる? 026_1


乗鞍高原温泉とは対象的に浅間温泉の泉質は無色無臭のアルカリ性単純泉のようだ。


サウナや露天風呂もあり、のんびりと…


身体も温まって再びホテルに戻りこちらで夕飯をいただく。


その後は部屋で日本代表のサッカー観戦しながら…


翌朝、朝食のパンと珈琲を軽めにいただきチェックアウト。


今回の最後の目的地、木曽方面へ向かう


松本市街から雪道のR19を走り三岳の道の駅で土産に木曽牛おやきをと立ち寄るが…
1月8日 梓が僕を呼んでいる? 027_1


店員さんに聞いてみると「今から作るから一時間待てる?」と言われ、「幸い写真を撮りに行くので一時間後にまた来ます!」と言って王滝川上流方面へ。


まずは西野川右岸にある白川の氷柱群に到着し、車から降りると無茶苦茶寒かったが幻想曲な美しさにシャッターを切り続ける。
1月8日 梓が僕を呼んでいる? 029_1
1月8日 梓が僕を呼んでいる? 028_1


その後は御岳ロープウェイ付近からの駒ヶ岳
1月8日 梓が僕を呼んでいる? 030_1


そして西野川C&Rエリア付近からの御岳
1月8日 梓が僕を呼んでいる? 031_1


共に美しい大雪山での写真も撮り終え、三岳の道の駅へ戻り昼食はこちらの工房で販売されている木曽牛丼を買って寒い中、ここでいただく。
1月8日 梓が僕を呼んでいる? 032_1


おやき同様に木曽牛の旨味があり、これまた美味しい


食べ終わる頃におやきもできたようで、せっかくなんで出来立ての土産をひとつだけ食べるとこちらもやっぱり美味しい。
1月8日 梓が僕を呼んでいる? 033_1


お腹も満たし、綺麗な景色も鑑賞でき再びR19に出て中津川ICから家路へと向かった


今回も美味しい食に美しい景色、温泉に渓探索と欲張りな旅も大満足だった
by rocky mountain  at 07:38 |   |  comment (8)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ついに買ってしまった~

以前から風景を撮るのに欲しかったレンズ EFS10‐22mm 3・5‐4・5 USM


今日、おもいきってフードとプロテクターとセットで買ってしまった(汗)
1月7日 ついに買ってしまった ~ 006_1


早速、装着して10mmにして覗くと…


異次元の風景に思わず感動


明日はこれで何処へ行こうか???


明日から三連休!これで明日から渓でも行こ~うと
by rocky mountain  at 19:48 |  カメラ |  comment (8)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

Author:rocky mountain
渓流シーズンは毎週のように信州や北陸の渓流に通い、のんびりとドライフライで釣り上がる。禁漁期間は一眼レフで信州の風景写真を撮ったり、温泉巡りや食探しに出掛けることが好き。また古きよきアメリカのヴィンテージ古着や小物の収集も好きな中年親父です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
8517位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
982位
アクセスランキングを見る>>