雨にもめげずに

まだ5月だというのに近畿をはじめ東海、関東、甲信越まで昨日に梅雨入り宣言


いったいどないなっとんねん(涙)


オマケに台風まで接近中で予報は全国的に雨


今回は釣大好き様と釣行することになっていたが、前日の天気予報から中止となった。


早朝にパソコンとにらめっこし、各地の雨雲のレーダーを見ると昼まではなんとかなりそうな渓が何箇所か…


とりあえず雨脚が強まるまでたとえわずかな時間でも釣りがしたい。


ならば!と目的地を決めてすぐに支度をし、単独で出発し現地を目指す


点数もないのにかなりぶっ飛ばし、8時すぎに到着すると雨どころか雲の隙間から青空まで見えてるし、渓は水量も透明度もグッドコンディション(ラッキー)


おまけに釣人が見当たらないし、これはひょっとしてと思わずにんまり


すぐに準備を済ませて入渓する。


するとすぐにご挨拶をしてくれ一安心。直後にバラシと今日もストレスが溜まるのか?


しかし反応は良く、次はランディングに成功。


まず最初にキャッチしたのは8寸弱のヤマメ。
5月28日 雨にもめげずに 001


続いてまたしても7寸ほどのヤマメ。
5月28日 雨にもめげずに 002


ひょっとしてヤマメばかりかと…しかし次は8寸ほどのイワナ。
5月28日 雨にもめげずに 005


まだ雨は降ってないがローライトコンディションからか反応良く7寸ほどのヤマメ。
5月28日 雨にもめげずに 004


そして本日の最大の9寸弱のイワナをキャッチできた
5月28日 雨にもめげずに 003


またまた7寸ほどのイワナを追加した。スタートして一時間ほと釣り上がった時点でまずまずのサイズを6匹キャッチしたが、ここから車を止めている脱渓地点まで反応なく、二時間ほどの釣り上がりで脱渓し上流へ移動
5月28日 雨にもめげずに 006


車止めに到着し、ここで昼食にしようかと思ったが、昼から雨の予報だったので先に釣りをと入渓地点に向かう。


ゆっくり釣れば三時間コースなんで雨が降り出したらペースアップして脱渓して納竿する予定で釣り上がる。


しばらくしてようやくヒットし、8寸弱のイワナをキャッチ。
5月28日 雨にもめげずに 007


その後もまずまずの反応でキャッチするが、6寸ほどの小振りなイワナが4連荘。
5月28日 雨にもめげずに 014


今度はわずかだがサイズアップした7寸弱のヤマメ。
5月28日 雨にもめげずに 010


しかしお次も6寸ほどのヤマメ。
5月28日 雨にもめげずに 011


結局、脱渓地点まで6~7寸のイワナとサイズには恵まれなかったが3匹追加し、この区間では三時間ほど釣り上がってサイズは小さいもののツ抜け
5月28日 雨にもめげずに 012


幸い予報とは違って雨は降ってない。釣っている時に日が差した時まであるくらい。これほど予報が外れるとは…


とりあえずお腹が空いたし、遅めの昼食をとおにぎりとカップ麺。しかしお湯を沸かそうとしたらガスを忘れてしまった(笑)


結局、おにぎりのみで空腹を満たした。また、釣果も短い時間だったが十分に満たされたんでロッドオフとした


日帰り釣行にしては遠方まで来てしまったし、おまけに単独なんで3時に現地を出発し、安全運転で京都へ向かった


今日はつくづく釣りに行ってよかったと思う。これから長い梅雨が始まったばかり。あまり天気予報を信用しないで隙あらばできるだけ渓へ行こ~っと
by rocky mountain  at 04:32 |  フィッシング |  comment (8)  |  trackback (0)  |  page top ↑

友人Aさんをご案内

ようやくベストシーズンに突入したように感じ、今週は去年から友人Aさんにこの時期の案内依頼を受けていたので、先週に引き続き中信方面へ


とにかく釣人が少なくのんびりと釣り上がれて、尚且つ入出渓が楽で安全な渓が友人のリクエストだが、そんな矛盾した希望にできる限り応えようと…


本来ならこの時期はいつもなら北陸方面なのだが、例年にない豪雪のおかげで内陸部に助けを求める今シーズン。


ということで現地には8時すぎに到着し、まずは午前の部をと釣人の有無を確認する。とりあえずいないようなんでお互い上下に別れて入渓し、昼に再び待ち合わせということにして各々釣り上がることにした。


まずは開始早々に反応があり一安心。


その後もこんな所から?ってとこでも反応はあるがバラシやすっぽ抜けの嵐


30分ほど後にようやくファーストキャッチした7寸ほどのイワナ。
5月21日 友人Aさんをご案内 001


直後に8寸弱の綺麗なヤマメ。
5月21日 友人Aさんをご案内 002


その後もしばらく反応は続いたが、なにせバラシが多すぎ~


しかしそこから先は一時間ほど全く反応がなくなった


久々に反応があり6寸ほどのイワナをキャッチしてからは再び反応がよくなった。
5月21日 友人Aさんをご案内 004


その後は6~7寸と小振りながらイワナとヤマメを飽きない程度にキャッチ。
5月21日 友人Aさんをご案内 003


待ち合わせ時間になり午前の部を終えて友人と合流。結果はイワナを5匹、ヤマメ2匹に幼児が少々。友人はあまり反応はよくなかったようで、幼児虐待をしていたようだ。
5月21日 友人Aさんをご案内 010


本日もベース基地となるキャンプ場へ


まずは昼食は簡単におにぎりとカップ麺で済ませ、友人が楽しみにしている燻製作りを始める。


いつもならすぐに渓に向かうのだが、今日はのんびりと…
5月21日 友人Aさんをご案内 005


燻してる間にテントや夕飯の準備をしながらマイナスイオンで森林浴。


燻製も色付きだしたので、相棒を残して友人とイブニング狙いに
5月21日 友人Aさんをご案内 006


友人が朝に釣った区間がよくなかったので別の区間を釣ってもらい、僕は午前と同じ区間を釣り上がる。


朝も反応はよかったが、更に状況はよくなっていた。相変わらずバラシやすっぽ抜けも多いが、しばらくして7寸弱のイワナ。
5月21日 友人Aさんをご案内 007


その後も順調に?6寸、8寸弱、6寸、7寸弱のイワナをキャッチ。
5月21日 友人Aさんをご案内 008


更に脱渓までに6~7寸のイワナとヤマメを2匹づつ追加。時間的にはまだまだ釣り上がれたが6時半にロッドオフ。
5月21日 友人Aさんをご案内 009


結局、二時間半ほどの釣り上がりで6~8寸までを9匹はキャッチしたが、バラシが相当あったので満足感はなかった
5月21日 友人Aさんをご案内 011


友人は朝よりも反応があり、まずまずのサイズもキャッチしていたようでキャンプ場に向かった


到着すると相棒が夕飯の準備も終えていてくれ、後片付けを済ませていつもの簡単鍋を
5月21日 友人Aさんをご案内 013


また友人のリクエストである燻製をつまみにワインをいただく。
5月21日 友人Aさんをご案内 012


燻製の仕上がりもまずまずで玉子は特に美味だった


食べ終わって後片付けを済ませ大浴場へ


その後は明日の爆釣を夢見て…


翌朝、目が覚めると霧雨が降っている。早速、朝食の準備に取り掛かる。


玉子トーストと燻製とコーヒーをいただく。
5月21日 友人Aさんをご案内 014


食べる頃には雨脚も次第に強まり、友人と本日の釣りは中止を決定


朝食を食べながら今日の予定をミーティング。すると友人はかなり無謀な案を…


僕は反対したが頑固な友人にまんまと言いくるめられ、年券購入をと割り切ってホームの視察へ向かうはめに


食後は急いで出発の準備を済ませ、ロングドライブのスタート


長い道のりではあったが無事に到着!


まずは年券を購入してから渓の状況を下見に


大雪の影響からか去年まであったプールが瀬に変わっていたり、工事の影響で偶然にも入渓可能な区間が増えていたり…
5月21日 友人Aさんをご案内 018


ただ今日の雨の影響も少しはあるが水量は多く、まだまだ山や渓の脇には残雪もあるため水温も7度前後と低い。
5月21日 友人Aさんをご案内 019


しかしこの地に来るとなぜか落ち着く。20年以上この渓で釣りをしてきて飽きないのは、自分自身この地が相当好きなんだろう。


梅雨入りまでになんとかホームで釣りができればと願い、遅めの昼食を第七餃子店でと出発


到着するとやはり行列ができていたが、覚悟していたので並んだ。
5月21日 友人Aさんをご案内 016


ようやく席に案内されると、もちろんホワイト餃子を注文!
5月21日 友人Aさんをご案内 015


久々にモチモチした美味しい餃子に満腹し、京都へと向かった


今回は初日の内容にはどうも満腹いかず、二日目は雨でロッドを振ることもなくストレス発散とはいかなかったが、ホームの渓を訪れたことで少しは癒されたような…


Aさん、今回はタイミングが悪く満足いく釣果ではなくてすんません。次回のホームでガンガン釣りましょう!


ホームが解禁するまで、来週からはどこの渓に行こうかな~
by rocky mountain  at 06:19 |  フィッシング |  comment (8)  |  trackback (0)  |  page top ↑

大雨による増水のはずが…

今週は大雨の影響で河川は濁流、お隣りの琵琶湖でも超満水状態


このような状況で今週はオフかな?なんて思っていたが、昨日の晴天で甘い期待をしてしまい…


増水だったらキャンプと山菜取りと割り切って、いつもより遅めの出発で目的地へ
5月14日 大雨による増水のはずが… 016


いつものベース基地でキャンプをし、周辺で水引の早い渓に期待するといった感じで松本ICに到着。


本流はやはり増水しているので支流に行ってみると意外にも少し増水しているが濁りはない


とりあえず準備を済ませ、昼まで釣り上がってみる。


すぐに反応があり一安心。そのまま釣り上がりるとここぞというポイントからは反応があるが、釣れるのは小学生サイズが数匹。


スタートして一時間ほど経った頃、ようやく7寸弱のヤマメをキャッチ。
5月14日 大雨による増水のはずが… 002


その後も反応はあるもののキャッチにはいたらず、一時間半ほどで一匹のヤマメのみで一旦キャンプ場へ


まずはテントを張ってからクッキング。昼食は簡単に炒飯とラーメンで。
5月14日 大雨による増水のはずが… 003


それからは燻製の下準備を済ませ、あとは相棒に任せて渓へ向かった(汗)


午前と同じ水系の違う支流探し。初めての渓に期待を膨らませチェックし、よさ気な渓を発見する


早速、入渓場所を見つけ釣り上がってみるが、一時間ほど全く反応はなく後悔してしまう


しばらくしてやっとまずまずのサイズをヒットさせるが…


諦め気味にもう一度同じレーンにフライを流すとまたヒット!


今度は無事にネットインしたのは8寸ほどのイワナ
5月14日 大雨による増水のはずが… 004


しばらくして6寸ほどのヤマメを追加。
5月14日 大雨による増水のはずが… 005


少し釣り上がった所でまたまたヒット!今度はなかなかのファイト。石の中に潜られるも運よく外れたが、再び走られ今度は枝に巻かれる不運。9寸は越えていたイワナだっただけに悔やまれる(涙)


しかしその頃からマダラのハッチが始まり活性もよくなり8寸ほどのイワナをキャッチ。
5月14日 大雨による増水のはずが… 006


同じポイントから立て続けに7寸ほどのイワナと絶好調に
5月14日 大雨による増水のはずが… 007


その後も6~7寸ほどのイワナとヤマメを4匹追加。
5月14日 大雨による増水のはずが… 008


しばらくしてヒットしたのは先ほどバラしたのと同じくらいのファイト!


なんとかネットインさせたのは9寸ほどのイワナだった
5月14日 大雨による増水のはずが… 010


今度は同じポイントの別のレーンを流すと…


またまた別のレーンを流すとヒット!
5月14日 大雨による増水のはずが… 011


7寸ほどのイワナをキャッチし、今日は十分に堪能したのでここで脱渓。


反応は非常によくバラシもたくさんあったが、三時間半ほどで10匹キャッチでき少し早かったが大満足で今日は納竿とし、相棒の待つキャンプ場へ向かった


到着して後片付けを済ませてから夕飯の準備を手伝う。燻していたスモークもいい感じに色付いている。
5月14日 大雨による増水のはずが… 012


今晩のメニューは回鍋肉と燻製の盛り合わせ。
5月14日 大雨による増水のはずが… 013


燻製は前回の教訓を活かして上出来の仕上がり、回鍋肉は難しいからか味噌の濃厚さがないような…


それでもキャンプ場で作って食べれば美味しいかな?(ほとんど何もしないで釣りばかりしてる僕が言える立場ではないが)


満腹になり、後片付けも済ませて場内の大浴場へ


のんびりと湯舟に浸かり一日の疲れも取れて、湯冷めしないうちにテントに戻る。


あとは明日の爆釣を夢見て眠りに


翌朝は僕だけ先に起床し、朝食の準備を始める。昨日の余った燻製を炙っていると、相棒もようやく目覚めたようで二人で朝食のスタンバイを。


タマゴトーストと燻製にスープで、朝からガッツリトーストを二枚いただく
5月14日 大雨による増水のはずが… 015


食べ終わるとそそくさと後片付けを済ませる。そして釣りの準備も終え、あとは相棒に任せて急いで渓へ向かった


到着すると餌釣りの車が…


更に上流に向かうとすぐに餌釣りの二人が下りてきた。恐らくかなり上流まで釣り上がった可能性が高いので、シビアなのを覚悟で昨日と同じ区間を釣り上がる。


やはり反応は悪くたまに出てくる程度(悲)昨日、好反応だったここぞというポイントも何箇所かに一回反応する程度でひょっとしてズウボ?と嫌な予感が…


それでも一時間ほど釣り上がった所で何度か水中で反応する魚がいる。しかし微妙なドラグでなかなか水面まで出てきてはくれないが粘ってみる。


数分後、やっと水面まで出てきてヒット!あまり大きくないと思っていたが、その割にはやけに引きが…


キャッチするとラッキーにも9寸弱のイワナだった
5月14日 大雨による増水のはずが… 017


これで無事にズウボもんなくなり一安心。しかしその後の反応もあまり変わらず、たまに掛けてもバラシ~


一匹目のキャッチから一時間ほど後、ようやく7寸ほどのイワナをキャッチ。
5月14日 大雨による増水のはずが… 018


その後は少し反応もよくなり、6寸ほどの小ぶりなイワナを2匹追加。
5月14日 大雨による増水のはずが… 019


最後に脱渓点のやや手前でキャッチした今回のラストフィッシュは7寸ほどのイワナだった。
5月14日 大雨による増水のはずが… 020


結果、三時間の釣り上がりでなんとか5匹のイワナをキャッチでき、満足感一杯で渓をあとにキャンプ場へ


戻ると相棒がほとんど後片付けもしていてくれて、テントの撤収のみをして荷物を車に積み込んで家路へと向かった


今回は雨による増水で釣りは諦めモードだったが、新たな渓でまずまずの釣果の大満足


高速千円もあと僅か、来週は更なる釣果に期待しよ~っと
by rocky mountain  at 07:48 |  フィッシング |  comment (8)  |  trackback (0)  |  page top ↑

GW PART3 IN信州

GW最後の休日はまたまた信州へ
5月7日 GW PART3 IN信州 2 001_1


前回なんとかキャッチできた渓を選択。


早朝の出発で現地には8時半に到着し、準備を済ませて入渓。


しばらく釣り上がるが反応がすごく悪い


一時間半ほど経過した時に前方に餌師が二人。


支流で川幅も狭いのに二人に釣り上がられてはどうしようもない


結局、イワナとヤマメを1匹づつバラしただけでキャッチには至らず脱渓。


とりあえず相棒とキャンプ場に向かう


到着し、早めの昼食はインスタントラーメンとおにぎりで簡単に済ます。
5月7日 GW PART3 IN信州 001


キャンプの準備をして、またもや燻製作り。しばらくして色付きだしたころに相棒を残して再び渓へ
5月7日 GW PART3 IN信州 008


今度は先ほどの餌師が入っていそうにない区間を釣り上がる。


するとすぐに反応があり一安心で、30分後にようやく本日の初フィッシュは7寸弱のイワナ
5月7日 GW PART3 IN信州 002


直後にまた8寸弱のイワナ。
5月7日 GW PART3 IN信州 003


しばらく進むとプールでライズを繰り返している9寸はあるヤマメが…


フライを変えながら何投かした時にやっと出たのだが見事にすっぽ抜け


ヤマメも下流へ走っていったので諦めて、再び釣り上がる。


その後もここぞというポイントからは反応があり、6~7寸のヤマメを3匹追加。
5月7日 GW PART3 IN信州 005


脱渓間際に6寸のイワナをキャッチする。
5月7日 GW PART3 IN信州 006


あまりにもグラマーな体型なんでお腹の中を拝見


出るわ出るわ、スペントにイマージャー。小さめのカディスなどたくさん食べていた。
5月7日 GW PART3 IN信州 007


脱渓して車に戻る途中、先ほどのライズポイントで再び同じヤマメがライズしまくってる~


ラッキーとばかりにポイントに降り、先ほど反応したフライに結び変えキャストすると…


やっぱり一投目でモアッと出てきた。今度はがっちりフックアップ!


引きを堪能しながら一人でニヤニヤしながら?ランディングしていると、やっぱりやってしまった得意のバラシ(悲)


結局、三時間ほどの釣り上がりでイワナとヤマメを3匹づつ。相変わらずバラシは多かった


再び車に戻り、朝の餌釣りが入っていた区間に移動する


こちらも早々に反応があり、すぐに7寸弱のイワナをキャッチ。
5月7日 GW PART3 IN信州 009


直後にイイ感じで7寸ほどのイワナをキャッチ。
5月7日 GW PART3 IN信州 010


今度は7寸弱のイワナと順調にキャッチする。
5月7日 GW PART3 IN信州 011


その後も順調に反応があり、イワナとヤマメを2匹づつ追加して納竿。
5月7日 GW PART3 IN信州 004


結果は二時間ほど釣り上がってイワナが5匹、ヤマメ2匹に幼児が数匹。反応は明らかに前回より良くなっていて、水位も落ち着きだしている感じ


慌てて相棒の待つキャンプ場へ車を走らせる


戻ると有り難いことに夕飯の準備から燻製の仕上げ、テントセットの準備までされていた。


すぐに後片付けを済ませて、本日の夕飯のキーマーカレーをいただきま~す
5月7日 GW PART3 IN信州 013


多めに作ったカレーをおかわりして美味しくいただいた。何もせずに釣りばかりの僕だが、せめて食後の洗い物くらいはと洗い場担当でゴシゴシと…


そろそろ落ち着いたところで場内の大浴場へ


今日は暑かったせいで汗だくになり、気持ちよく入浴して汗を流した。


その後はテントに入るとすぐに大合唱


隣のテントのバイカーはさらに大合唱で、夜中に一度目が覚めてしまった(笑)


翌日は疲れていたせいか普段より遅めの起床だったが、まだ隣のテントでは合唱が続いていた。昨晩は雨も相当降ったが、屋根付きの場所だったので快適だったが…


渓の濁りや水位は気になるが、まずはのんびりと朝食作りから。


焼いたトーストにスクランブルエッグと燻製のソーセージをのせたオリジナルタマゴサンド?とコーヒー。
5月7日 GW PART3 IN信州 015


それと昨日に作っておいた燻製を少しだけ炙った盛り合わせ。
5月7日 GW PART3 IN信州 014


残念ながら今回のスモークチキンと厚切りベーコンは少し塩の量が多かったせいかちょっと塩辛かった(難)


これは次回の課題ということで。後片付けをしていても何か落ち着かない様子を相棒に察知され、「釣りに行っておいで~、あとはボチボチやっとくし」と甘い言葉に後押しされ、昼ごろに戻ると言い残して渓へ向かった


すると到着が遅かったので入渓してしばらくすると上流側から餌釣りが戻ってきた。ここまでは釣り上がってないだろうと思ったが甘かった


仕方なく釣り上がるが反応は少なく、そろそろ脱渓時間が近づいた時にようやく6寸ほどのヤマメをキャッチしたが、もう少しでズウボかと…(汗)
5月7日 GW PART3 IN信州 016


これで満足して納竿とし、急いで相棒の待つキャンプ場に戻った。すぐに出発できるようにと荷物もまとめてあり、釣具の後片付けだけを素早く終えてキャンプ道具を積み込んで出発


渓も遅ればせながらようやく春を迎えたような気がする。渓魚達も活発に水面を意識しだし、これからが楽しみだ。人間的には今日も初夏のような暑さだったが、また来週も渓に行くのが楽しみになった
5月7日 GW PART3 IN信州 2 002_1





by rocky mountain  at 07:41 |  フィッシング |  comment (12)  |  trackback (0)  |  page top ↑

GW PART2 IN奥飛騨~信州

GW前半は見事に完敗だったが、今回こそなんて意気込みもないままに早朝、友人Aさんと京都を出発。


今シーズンは渓の状況がよくないため、まさか今シーズン行くことはないはずの蒲田川へ


現地には9時前に着くが、またしても水量は多い
5月3日 GW PART2 001


とりあえず日券を購入(これで5枚目なんで年券の方が得だった)し、入渓場所で準備を済ませる。


早速、水温を計るとなんと増水の原因は雪代???中旬までは大丈夫だと思っていたが…


フライを流せるポイントも少なく一時間半ほど釣り上がるが、最近お決まりの生命反応なし(涙)
5月3日 GW PART2 002


続いて下流の高原川を攻めるが更なる水温の低さでこちらも全くシ~ン。
5月3日 GW PART2 003
5月3日 GW PART2 004


とりあえず正午近いので、友人が行ったことのない奈賀勢で昼食。
5月3日 GW PART2 005


こちらの人気メニュー、テッチャン鍋に中華そばをトッピング。
5月3日 GW PART2 006


友人も気に入ってくれ、更にうどんまで追加。二人して完食し、満腹状態で店をあとに。


午後からは蒲田を諦め、またしても安房越えを試みる


先日、唯一釣らなかった渓を攻めてみることに。


駐車スペースにはフライマンの車が…


渓に姿がないのでゆっくり後追いで釣り上がってみる。


こちらも少し雪代が入っているものの、水温9度で釣り上がり可能。
5月3日 GW PART2 010


スタートして一時間経過するが、いつも通りなんの反応もない。


クロマダラのハッチがちらほらと確認できるようになり…


そしてようやく待望のヒット!


まずまずの引きでひょっとしてブラウン???


近くまで寄せてくるとイワナだぁぁぁ!!!


慎重にランディングすると9寸弱とグッドサイズで、やっとGWのファーストフィッシュ(嬉涙)
5月3日 GW PART2 008
5月3日 GW PART2 009


ようやく集中力もでてきてしばらく釣り上がると、ゆっくりと出てきて尺イワナの魚体が丸見え


しかし見事に空振りし、もう一度キャストすると…


今度はヒット!いいファイトだったがやってしまった


その後は反応もなく二時間釣り上がったところで脱渓。


ここでロッドオフとし、後片付けを済ませ再び蒲田方面へ向かい、本日の宿泊先である民宿おくむらへ
5月3日 GW PART2 013


宿に到着し、まずは一日の疲れを温泉で


露天風呂でのんびり友人と明日のスケジュールを打ち合わせ。
5月3日 GW PART2 011


明日の予定も決まり、風呂を上がり食事処で夕飯。


またもボリューム溢れる料理の数々で、鮎の塩焼きは焼きたての熱々。
5月3日 GW PART2 015


他には飛騨牛のすき焼きに飛騨牛刺しをはじめとした刺身、山菜の天ぷらなど。
5月3日 GW PART2 014


最近、ボリュームたっぷりの宿が多いのでどうも食べ過ぎてしまう(汗)


腹一杯で部屋で一息つき、散歩がてら栃尾の夜桜見物に
5月3日 GW PART2 016


やはり今年は遅れているようで、まだ満開とはいかないが…
5月3日 GW PART2 017


実は余談になるが宿に戻る途中、荒神の湯の駐車場を通ると満車で溢れていた。ここは二時間以上の駐車が禁止されていて、明らかにキャンプのようにテーブルを出して飲み食いしている車が沢山ある。露天風呂とトイレがあって至れり尽くせりだが、こういう自然豊かな温泉地でマナー違反をする奴にいつも腹がたつ


気分を害しながら宿に戻り、就寝前に内湯で身体を温める
5月3日 GW PART2 012


その後は明日の爆釣りを期待して、いつしか眠りに


今日は大移動の予定で早朝に起床し、朝食前に露天風呂へ


風呂から上がり先に出発の準備を済ませてから、無理を言って早くしていただいた朝食をいただく。


奥飛騨ではお決まりの朴葉みそや鱒の甘露煮、納豆など。
5月3日 GW PART2 018


食後はすぐ宿をあとに大移動のドライブを敢行


11時前に目的の渓に到着し、僕と友人は別々の区間に入渓した。


まずは水温を計ってみると9度、ハッチもあり期待を膨らませ釣り上がる。


しばらくなんの反応もなかったが、30分ほど後に待望のファーストヒット!


ネットインしたのは8寸弱のイワナだった
5月3日 GW PART2 019


それからすぐにまたヒット!


今度は8寸ほどのイワナを追加。
5月3日 GW PART2 021


これはかなり爆釣?なんて夢を見ながらまたまた7寸弱。
5月3日 GW PART2 022


しかしここからしばらく反応もなくなる(汗)


一時間ほど釣り上がったところで久々のヒット!


こちらは小振りな6寸ほどのヤマメ。
5月3日 GW PART2 023


ここからぽつぽつと反応があるが、なぜか6~7寸のヤマメばかりを追加。


友人との待ち合わせ時間のため脱渓。


結果は三時間ほどでイワナ3匹ヤマメ4匹、友人も小学生サイズが多かったものの8寸前後も4匹キャッチでまずまずだった


ここで昼食をとり、再びさっきとは別の区間を別れて入渓。


しかし少し濁りが入りはじめていたので水温を計るが8度と下がっていた


恐らく気温の上昇で山の雪が解けて入っているのだろう。


おかげで先ほどより反応悪く、二時間ほど釣り上がったが6~7寸のヤマメを3匹に小学生サイズぽろぽろで4時半にロッドオフ。
5月3日 GW PART2 024


友人も先ほどより悪かったらしく、後片付けを済ませた。


お互いそれなりの釣果もあり満足だったので、明日までの遠征予定をここで切り上げて、渋滞覚悟で家路へ向かった


今回はなんとかズウボも免れ、まずまずの釣果で満足な遠征だった。でも蒲田の雪代は予想外だったなぁ~


今週末のGW後半はどこの渓に行こうかなぁ~
5月3日 GW PART2 007
by rocky mountain  at 05:41 |  フィッシング |  comment (10)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

Author:rocky mountain
渓流シーズンは毎週のように信州や北陸の渓流に通い、のんびりとドライフライで釣り上がる。禁漁期間は一眼レフで信州の風景写真を撮ったり、温泉巡りや食探しに出掛けることが好き。また古きよきアメリカのヴィンテージ古着や小物の収集も好きな中年親父です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
10224位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
1057位
アクセスランキングを見る>>