やっぱり僕は釣りバカ!

今週は北陸地方に前線が停滞、おまけに信州は上高地で集中豪雨による土砂崩れで半ば諦めモード


朝からPCで雨量やライブカメラをチェックしてるとなんとか釣りになりそうな…


実は本日記念すべき43回目の誕生日。なので今回はどうしてもニューロッドに魂を注入したい想いから急遽、イブニングに間に合わせようと用事を済ませた相棒を連れて信州へ


とうとう高速1000円も終わりス~イス~イと目的地には4時すぎに到着!


今日は天気も不安定なんで貸し別荘を借りてのんびり過ごそうと…


荷物を室内に運び込み、食事の準備は相棒に任せて僕は釣り支度を済ませて渓に向かった


雨の影響で若干は水量も増えていい感じ。やや濁りはあるがそれもプラス材料。
6月25日 やっぱり僕は釣りバカ! 026_1


まずはロッドの感触を確かめながらキャスト。するとわずか5投目にヒット!


無事に入魂完了させてくれた8寸ほどのヤマメ
6月25日 やっぱり僕は釣りバカ! 3 023_1


初めてのティップアクションのロッドだがキャストが上手くなったのかと勘違いするほど思ったポイントにフライが着水する


続いて8寸ほどのイワナもキャッチし完全にミッション完了。
6月25日 やっぱり僕は釣りバカ! 003_1


反応はそれほどよいとはいえないが確実にヒットし、8寸弱のヤマメ。
6月25日 やっぱり僕は釣りバカ! 006_1


7寸ほどのヤマメも追加したがそこからしばらくは反応しても幼児のみ。
6月25日 やっぱり僕は釣りバカ! 007_1


そろそろ二時間ほど経過し、最後に6寸ほどのイワナをキャッチして脱渓。
6月25日 やっぱり僕は釣りバカ! 008_1


宿泊施設に戻り、後片付けを済ませる。すると相棒が夕飯と翌日用のスモークも作ってくれていた。


食事の前に汗を流しに日帰り温泉へ


かなり湿度があったせいか汗だくだったんで気持ちいい


身体もすっきりし、宿泊施設に戻って夕飯をいただくことに。


今晩は青椒肉絲とサラダ、スープで空腹を満たせた。
6月25日 やっぱり僕は釣りバカ! 009_1


手際よく後片付けを済ませるとすぐに爆睡した


翌朝は5時すぎに目が覚め、まずはコーヒーにベーコンとスモークチーズで朝食を。
6月25日 やっぱり僕は釣りバカ! 010_1


最近はスモークがないと淋しいくらいにハマっていて、朝からいただけ満足して渓に向かった


昨日同様、貸し切り状態の渓でのんびりと釣り上がる。


しばらくしてまずは8寸ほどのイワナをキャッチして上々のスタート。
6月25日 やっぱり僕は釣りバカ! 2 001_1


続いて先ほどと同型のイワナを追加。
6月25日 やっぱり僕は釣りバカ! 2 003_1_1


今度は痩せてはいたが9寸弱のイワナと順調に…
6月25日 やっぱり僕は釣りバカ! 014_1


なぜか今年のマイブームになっているエルクヘアーカディスに良型が反応してくれ、今日は初めての7寸ほどのヤマメ。
6月25日 やっぱり僕は釣りバカ! 015_1


そしてまたまた8寸ほどのイワナで入魂を渓魚達も祝ってくれてるかのようだ。
6月25日 やっぱり僕は釣りバカ! 3 040_1


その後はサイズダウンし、6~7寸のイワナを4匹追加。
6月25日 やっぱり僕は釣りバカ! 019_1


そして7寸弱のヤマメでツ抜け達成!
6月25日 やっぱり僕は釣りバカ! 021_1


同じポイントの緩いレーンからはやはり6寸ほどだがイワナ君。
6月25日 やっぱり僕は釣りバカ! 025_1


そしてそこからすぐ上流のポイントでヒット!ロッドが弧を描き、なかなかのファイトをしてくれたのは本日の最大になってしまった9寸ほどのイワナ
6月25日 やっぱり僕は釣りバカ! 2 004_1_1


そして6寸ほどのイワナを追加してしばらく釣り上がった所の少し開けたポイントで落ち込みの白泡にキャストすると、プチッという出方でフッキングするとロッドが立たないくらいのファイトでなかなか寄ってこない。何度も突進に耐えながら無事にランディングと思ったら首を振ってサヨウナラ~


尺はなかったと思うが先ほどの9寸よりは大きかったように見えた(涙)


そして脱渓手前で6寸ほどのイワナをキャッチして脱渓した。結果、のんびりと四時間ほど釣り上がりイワナ12匹、ヤマメ2匹と十分すぎる釣果でロッドオフ。
6月25日 やっぱり僕は釣りバカ! 027_1


ちょうど昼前に宿泊施設に戻ると、昼御飯のスタンバイもできていたようでさっさと後片付けを済ませる。


メニューは簡単ながらなかなかイケていたスモークしたベーコンを刻んで入れた炒飯とスモーク玉子(相棒のオリジナル)
6月25日 やっぱり僕は釣りバカ! 028_1


スモークの香りと炒飯が相性良く、これも今後ハマりそうなメニューかも…?


食後は後片付けをし、出発の準備を終えて家路へと向かった


今回は突然の思いつきで別荘気分を満喫。ロッドも入魂完了し、美味しい相棒料理?を食べて大満足の二日間となった


今年は梅雨入りが早かったが明けるのも早いような…


ってことは来週こそはホームへ、そして来月は三連休もあることだし釣り三昧といきたいところだ!










by rocky mountain  at 19:50 |  フィッシング |  comment (10)  |  trackback (0)  |  page top ↑

想定外のパートナー

震災の影響からか平尾氏に依頼していたロッドが製作してもらえなくなったので、代わりに先日新たなロッドの詳細を横田氏と打ち合わせしていた。


今度はトンキンの7ft3incの3番、テーパーはピンスポットにキャストする際、ストレスを感じないギリギリまで絞ってもらうように頼んだ。僕は大物に縁がないので小物でもそれなりに楽しめるロッドで。


あとは自己満足の装飾だがガイドはグリーンのメノウを装着し、100段のラッピングも同色で。コルクは上質のものに変更し、ウッドスペーサーはランディングネットと同じ栃の虎目でオーダー!


そんな打ち合わせの中、話が逸れて長野の渓の状況の話に花が咲き、7月の三連休の釣行プランに雑魚川や秋山郷、白馬の渓や高瀬川水系の情報を聞いていた


今年の雑魚は今までにないほどの釣人の多さで、平日でも入渓するところがほとんどないようだ。また白馬も平川以外は魚も少ないようでイマイチ、高瀬川もダム差しのイワナは雨による水位の上昇と少し濁りがないと厳しいらしく、まだまだ決められない状況。できれば遠方に行きたいが…


そんな話から急展開してロッドの話題に…


そして話の流れから「こんな竿あるんだけど…」と横田氏。


「それっていくらするんですか?」とちょっと反応した僕。


「○○円でいいよ~」と横田氏に言われ「一日考えさせて下さい」と僕(悩)]


電話を切ってから考えること一時間。清水の舞台から飛び降りる覚悟で翌日、電話をして「送って下さい」とバイトしたのだった


そして本日届いた新たなロッドはトンキンの7ftの3/4番のMF。
6月23日 想定外のパートナー 016_1
6月23日 想定外のパートナー 017_1


バット部には飾り巻きを施し、ウッドスペーサーは花梨、リールシートやガイド、フェルールは黒にしてある。
6月23日 想定外のパートナー 018_1


ボディーはフレイムフィニッシュ仕上げでダークトーンとのコラボレーション。
6月23日 想定外のパートナー 015_1
6月23日 想定外のパートナー 019_1


できればアゲインストの強風で4番ラインも使用できて、しかもスポットに打ち込みやすいロッドが欲しかった。


これを明後日からの研究会釣行で入魂したいのだが、全国的に予報は雨


もし中止になっても我慢できずに単独釣行してしまいそうな…(笑)


今から雨の影響の少ないエリアがないか探さねば…


何処かに明後日から釣りができる渓はないかな~?
by rocky mountain  at 10:16 |  日常 |  comment (6)  |  trackback (0)  |  page top ↑

心和む渓はやっぱりホーム

今シーズンは雪代の影響で例年より半月遅れてのホーム解禁。


とうとう最後の高速1000円となり、日付が変わった頃にICをでて12時半すぎに現地到着!


まずは入渓点に駐車して夜明けまで仮眠


毎年、シーズン最初に訪れる渓は期待と不安が…


興奮しているのか深い眠りとはいかずうとうととして夜明けに。


早速、準備に取り掛かりいざ入渓!


今年は雪の多さからか昨年とは少し流れが変わり、メインチャンネルが逆になったり、石のポジションが変わったりしたので丁寧に釣り上がる。
6月18日 心和む渓はやっぱりホーム 001_1


しかし小学生サイズが釣れただけで他には全く反応なく一時間が過ぎる


ようやくファーストヒットし、7寸弱のイワナをキャッチ。
6月18日 心和む渓はやっぱりホーム 004_1


するとこれを機に反応がよくなる
6月18日 心和む渓はやっぱりホーム 011_1


サイズは6~7寸とイマイチだがまずまずキャッチでき、結局4時間ほど釣り上がりで10匹。
26月18日 心和む渓はやっぱりホーム 001_1


すると脱渓場所に見覚えのあるお方が…???


先週ご一緒した翡翠もどき様と同じ渓に来ていたようだ。


少し話をするとやはりまずまずの反応だったようで、僕はここで一旦別れて少し早めの昼食を待ちくたびれた相棒とおにぎりとインスタントラーメンで済ませる


一息ついて相棒を日帰り温泉へ


ここでのんびりしてもらい僕は再び渓に戻り釣りを再開。


この時間にはそれなりに釣人も入渓しているので空いている所を見つけて釣り上がる。
6月18日 心和む渓はやっぱりホーム 027_1


ここは一時間ほど釣り上がったがここでもサイズは6~7寸が5匹とまずまずの反応。
6月18日 心和む渓はやっぱりホーム 020_1


車に戻ると翡翠もどき様が下流から釣り上がってきた。
6月18日 心和む渓はやっぱりホーム 032_1


少し待ってここで翡翠もどき様は昼食、僕はコーヒータイム


渓の状況やこれからイブニングまでのお互いの入渓区間などを打ち合わせしながら…


午後の最初は先ほどお互い入った区間をチェンジして釣り上がる。


この頃から雨も本降りとなり魚の警戒心も少ないようで朝から引っ切り無しに誰かが入っていたとは思えないほどの反応。
6月18日 心和む渓はやっぱりホーム 009_1


しかしそうとうシビアな出方で二時間ほどで6~7寸を3匹。
26月18日 心和む渓はやっぱりホーム 002_1


翡翠もどき様は相変わらず好調のようだ。イブニングはお互いの爆釣を誓って?ここでまた明日の予定を確認して別れた。


僕は相棒を迎えに行き、今日はテント泊のため基地に戻ってテントを張り、イブニングに備えて早めに夕飯の準備に取り掛かる。


メニューは炒飯と鶏肉をハーブ焼き。
6月18日 心和む渓はやっぱりホーム 036_1


我ながら美味しく満腹で最後の区間へ向かう


最後は朝からずっと入りたかった区間に。しかし常に誰かが入渓していて入れなかった。そして到着するとまたまた車が…


イブニングとローライトのダブルアシストに期待して後追い覚悟で釣り上がる。


入渓して間もなく期待通りにまずは6寸ほどのイワナをキャッチ。
6月18日 心和む渓はやっぱりホーム 028_1


その後、すぐ上流のこの時期のイブによくスーパーライズが起こるプールに到着。
6月18日 心和む渓はやっぱりホーム 040_1


するとまだ時間が早いためライズも少ないが、確実にキャッチできた。
26月18日 心和む渓はやっぱりホーム 005_1


ようやく7寸の壁を破り8寸ほどのイワナも混じった
26月18日 心和む渓はやっぱりホーム 006_1


再び釣り上がるとイブニングらしい反応で釣れ続き、一時間半ほどで12匹キャッチし、合計30匹になったので早めのロッドオフとした。
6月18日 心和む渓はやっぱりホーム 048_1


テントに戻り後片付けを済ませて日帰り温泉へ


この時間はほとんど客もなく、疲れきった身体をのんびりと癒すことに


あとはテントに戻ると睡魔には勝てずすぐに爆酔


昨日の疲れからか目覚めは少し遅めの5時。今日は天気もよく心地よい晴天。まずは昨日の残りで朝食とコーヒーをいただき、後片付けや釣りの準備をして7時に昨日のイブの区間へ向かう


幸い車もなく入渓し、のんびりと釣り上がる。
6月18日 心和む渓はやっぱりホーム 047_1


昨日ほどとはいかないものの相変わらずの反応。しばらく釣り上がった所で後方に翡翠もどき様の姿を発見
6月18日 心和む渓はやっぱりホーム 045_1


僕の後追いで釣り上がってきたようで話を聞くと、昨日はお互い30匹以上の釣果だったようで今日も後追いで何匹かキャッチされていた。僕は釣り上がりがかなり遅いのと出発時間の関係で僕はここから脱渓するのでこの先は翡翠もどき様に釣ってもらい、この付近をうろうろしながらもポツポツと追加。二時間ほどで7匹キャッチして二日目の釣りも堪能したのでロッドオフ。
6月18日 心和む渓はやっぱりホーム 043_1


相棒を迎えにテン場に戻り後片付けが終わった頃に翡翠もどき様も来られ、十分に二日間堪能されたようで早めに納竿のようでここでお別れし、僕は昼食をいただきにすし玉に向かった


久々にすし玉に来たが相変わらずの人気ぶりで満席で少々待ったが、梅貝やカワハギなど地物の新鮮なネタでお腹いっぱいに
6月18日 心和む渓はやっぱりホーム 049_1


そして最後の休日1000円で京都へと向かった


やっぱりホームでの二日間は楽しく、また下手っぴな僕をイワナ達は憐れんで遊んでくれたのだった。
by rocky mountain  at 01:09 |  フィッシング |  comment (10)  |  trackback (0)  |  page top ↑

お見合い相手が…

今年の初めにオーダーしたリールがようやく出来上がり到着した


こちらのリールはやまめ工房の製品で、いろいろと細かい注文をして製作してもらった。
6月15日 お見合い相手が… 001_1


プレートは黒の艶消しでスプール軸以外の見える部分はシルバー仕上げ。
6月15日 お見合い相手が… 002_1


当初、年末にオーダーした矢竹の横田ロッドと組み合わせる予定だったが未だ完成していない


8月にはお見合いできるはず、合うか合わないかが少々不安だが…


お互いが気に入るとよいのだが、合わなければ来年の解禁に仕上がる予定のトンキンの横田ロッドに合わせよう!
by rocky mountain  at 18:51 |  日常 |  comment (8)  |  trackback (0)  |  page top ↑

梅雨の信州

今週はよりによって金曜日の晩から雨が降り出す始末


それでも予報では午前中には止むという。一か八かで今回は以前より約束していた翡翠もどき様と梓川水系へ


4時頃に到着し、とりあえず少し仮眠


6時頃に目的の渓へ向かうがなんと先日の台風による大雨で崖崩れによる通行止め


とりあえず別の渓へ向かう。まだ雨は降っているが幸い濁りもなく、少し増水している程度。予報に期待して待機していると小降りになり、準備をして9時に翡翠もどき様と別れて入渓し釣り上がる。
6月11日 梅雨の信州 001


しかし一時間が経過しても二人して全く反応がなかった(汗)


仕方なく移動し、別の区間を今度は二人で釣り上がる。
6月11日 梅雨の信州 003


するとすぐに反応し一安心。しばらくして待望の初ヒット!


キャッチしたのは小振りだが6寸ほどのイワナ。
6月11日 梅雨の信州 002


その後またしても…


今度はまずまずのファイトで無事にネットインしたのは9寸ほどのイワナ
6月11日 梅雨の信州 004


しかし結局、二時間ほどで2匹だが翡翠もどき様も3匹キャッチされ、お互いズウボもなくなり安心して昼食。


今回は翡翠もどき様はこの界隈は初めてなんで福伝でとうじそばを。
6月11日 梅雨の信州 007


僕も久々に食べたがやっぱり美味しい
6月11日 梅雨の信州 005


もちろん〆は雑炊で決まり!こちらも美味しくいただき満腹に。
6月11日 梅雨の信州 006


その後、店をあとに再び渓へ


昼前くらいから一気に天気も回復し、陽が差しはじめた。このころから上流部は釣人も増えはじめたので下流部を選択。


まずは6寸ほどのイワナをキャッチ。
6月11日 梅雨の信州 010


その後はしばらく反応なく、脱渓場所手前で7寸弱のヤマメを追加した。
6月11日 梅雨の信州 011


結局、一時間ほど釣り上がって翡翠もどき様と2匹づつの釣果でどうもイマイチ


最後の区間を釣る前に土産を買いにいつもの奈川山菜へ
6月11日 梅雨の信州 012


野沢菜と梅わさびを購入し、再び渓を見て回る。釣人の入渓状態をチェックし、空いている区間で一番反応のよかった朝一の区間を選択。


そこで他のフライマンと会い、話を聞いてみるとやはり水温(10度ちょっと)が少し低く、反応はイマイチ。フライもカディスやハーフシンクパターンがよいと聞いた。


だが僕だけ敢えて反発し、ソラックスダンをチョイスして二人で釣り上がる。
6月11日 梅雨の信州 009


しかし全く生命反応がないまま時間だけが過ぎていく(汗)


途中、翡翠もどき様に聞いてみるとさらに驚き!


カディスにはまずまずの反応があるらしく好調のようだ。この時期にイヴボかと諦め、カディスにチェンジすると…


沈みかけたカディスにようやくヒット!


小さいながら6寸ほどのイワナでイヴボだけはなんとか免れた。
6月11日 梅雨の信州 013


二時間ほどでかろうじて1匹。しかし翡翠もどき様は8匹と流石!


6時すぎに納竿し、本日の宿泊先はいつもの高嶺荘へ


到着してまずは温泉で汗を流してから夕食を。


メインは信州牛の陶板焼き。
6月11日 梅雨の信州 015


他には信州サーモンの刺身や山菜の天麩羅などをいつもと変わらず美味しくいただき満腹に。
6月11日 梅雨の信州 014


その後しばらくは部屋で明日の予定など談義して爆睡


翌朝は鳥の囀りで目覚め、高原を散策したり渓の案内して宿に戻る。
6月11日 梅雨の信州 016


出発の準備を済ませ、宿をあとに渓へ向かう


本日は大物狙いにと本流で勝負!


しかし昨日の雨の影響からか濁りはないものの、かなり水量が多く釣り上がり不可能なんで昨日と同じ支流へ


まずは昨日によかった区間を釣り上がる。
6月11日 梅雨の信州 018


反応はよいとはいえないがしばらくしてファーストヒット!


なかなかのファイトでネットインした8寸ほどのイワナ。
6月11日 梅雨の信州 017


その後6寸ほどのイワナを追加し、一時間ほどで脱渓。
6月11日 梅雨の信州 019


そして最後に昨日入ってない上流部の区間を一時間弱釣り上がる。
6月11日 梅雨の信州 008


ここは反応よく、6~7寸と小振りだが3匹キャッチして二日間の釣りを終了。
6月11日 梅雨の信州 020


帰る前に昼食を唐沢そば集落の蕎麦屋はしごで締めくくることに。


まずははやしや新宅へ。
6月11日 梅雨の信州 021


はしごなんで一枚のざるそばをいただく。
6月11日 梅雨の信州 022


女将の元気そうな顔を見て、また夏に来る約束をして二軒目のからさわ屋へ。
6月11日 梅雨の信州 024


こちらでも一枚にしてもらいいただいた。
6月11日 梅雨の信州 023


どちらもお気に入りの蕎麦なんで美味しくいただき、今回の信州遠征を無事に終了。


残念ながら二日とも本命の渓で釣りができず、爆釣と大物ゲットとはいかなかった


せっかくの翡翠もどき様にこの渓の素晴らしさをと思ったが…


それでも行きの道中は雨でどうなるかと思ったが、気持ちよく釣りもできたのはよかった。


今回選んだ渓での反応がイマイチだったが、ベストなコンディションならもう少し反応もよくなるだろう。


翡翠もどき様、へぼい案内で申し訳ありません。また往復の運転ありがとうございました。


また是非とも信州へ行きましょう!


そして来週よりホーム解禁、なんでお願いだから来週も雨よ降らないでくれぇ~
by rocky mountain  at 05:35 |  フィッシング |  comment (6)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

Author:rocky mountain
渓流シーズンは毎週のように信州や北陸の渓流に通い、のんびりとドライフライで釣り上がる。禁漁期間は一眼レフで信州の風景写真を撮ったり、温泉巡りや食探しに出掛けることが好き。また古きよきアメリカのヴィンテージ古着や小物の収集も好きな中年親父です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
8297位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
864位
アクセスランキングを見る>>