いつでもOK!

二月も下旬ともなれば毎年、近くの北野天満宮の梅も見頃を迎えるのだが、今年はかなり遅れているようで…


それでも来週末には待ちに待った自身の解禁を例年通り蒲田で迎える


そのため昨日から今日にかけてその準備に追われた。


消耗品もいろいろと足りない物を補充。


タイイングも早春用のを少し巻き足してフライボックスへ。
2月26日 いつでもOK! 002_1


ロッドやリールも蒲田用のものをセレクト。依頼しているリールはまだ完成してないが、なんとか間に合うようだ
2月26日 いつでもOK! 001_1


ベストやネットに偏光グラス。
2月26日 いつでもOK! 003_1


ウェーダーやシューズ、ゲーターにベルトも…
2月26日 いつでもOK! 004_1


あとは年々寒さが堪える年齢となり、今シーズンから導入したい薄手のダウンが欲しい。


狙いはPATAGONIAの超軽量ながら保温性の高いダウンジャケット。着膨れしない薄手のダウンならベストを着てもさほど釣り上がりに差し支えないだろう。


これさえ入手すれば氷点下の渓も軽快に釣り上がれそうだ。なんとか週末に間に合うようにポチッとするか!


今シーズンは日本海側が昨年以上の積雪のようで、シーズンインが遅れそう


なんで今年は初めて蒲田の年券を買うんで、解禁後しばらくは蒲田通いになりそう。でも釣人は無茶苦茶多いんだろうなぁ~
by rocky mountain  at 09:04 |  日常 |  comment (14)  |  trackback (0)  |  page top ↑

解禁とは名ばかりで…

いよいよ犀川水系も解禁を迎えたが、この地方ではまだまだ釣りになるような状況ではない。


そこで今週もスノーシューハイクとライセンスの購入を目的に信州へ


今日は関西でも雪のようで、自宅を出発する時も路面は氷結状態。


高速に乗ると間もなく滋賀県で事故渋滞。なんということか三回連続


またしてもこの影響からかなり遅れて正午前に到着したので、ハイク中の昼食をやめ高原内の御池でもりそばとそばコロッケをいただく。
2月18日 解禁とは名ばかりで… 001_1


お腹も満たされ今日のスタート地点であるいがやレクリエーションに到着。
2月18日 解禁とは名ばかりで… 002_1


小雪がちらつく生憎の天候で、しかも氷点下11度とかなり寒い中、準備も済ませ前回辿り着けなかった一ノ瀬牧場へ
2月18日 解禁とは名ばかりで… 012_1


視界はあまりよくないが横目に大自然を見ながら真新しいパウダースノーを踏み締める。
2月18日 解禁とは名ばかりで… 010_1


白樺やブナの木々にはヤドリギが多く見られる。
2月18日 解禁とは名ばかりで… 007_1


長いアップヒルに息を切らしながら…
2月18日 解禁とは名ばかりで… 005_1


スタートから二時間ほど要して牧場に辿り着く。
2月18日 解禁とは名ばかりで… 006_1


シーズン中の入渓時に見る雄大な乗鞍岳も今日はぶ厚い雲に覆われ全く見えない
2月18日 解禁とは名ばかりで… 004_1


今日の牧場内はどうも僕らが最初のスノーシューイングのようでふかふかの新雪の上を周回し、ここを折り返してスタート地点を目指す。
2月18日 解禁とは名ばかりで… 011_1


とりあえず予定コースの中間点を過ぎたのでここでコーヒータイム。極寒の雪の上でいただくコーヒーは格別!
2月18日 解禁とは名ばかりで… 009_1


身体も少し温まったところで再びトレック開始。静寂の銀世界にはこの寒さでも野鳥達の囀りが響き渡る。
2月18日 解禁とは名ばかりで… 008_1


またルーサーの大群も木の実を頬張り、寒い冬でもご馳走にありつく
2月18日 解禁とは名ばかりで… 024_1


往路はアップヒルが多かったが復路はダウンヒルで非常に軽快に。四時間ほどのスノーシューハイクを終え、無事にスタートしたいがやレクリエーションに戻ってきた。


やはり夕方になると気温は更に低く、急いで後片付けを済ませ宿へ向かう。着いて部屋に荷物を置いて温泉直行


のんびり長湯で身体を温めてから食事処で夕飯をいただく。


お腹もペコペコでいつも美味しい料理をガッツリと…
2月18日 解禁とは名ばかりで… 013_1


食後は部屋でまったりと過ごし、就寝前に温泉で温まるとすぐに爆睡


翌日は天気がよければ昨日のリベンジで乗鞍岳を見に行く予定。目が覚めると窓の外はなにやら眩しい光が…
2月18日 解禁とは名ばかりで… 018_1


ラッキーにも昨日とは打って変わり快晴


すぐに支度をして休暇村へ向かう。朝の気温はなんと氷点下18度。


おかげで空気は澄んで景色はクッキリと映し出される。
2月18日 解禁とは名ばかりで… 023_1


休暇村に到着すると素晴らしい景色の中、前のゲレンデでは気持ち良さそうに滑っている
2月18日 解禁とは名ばかりで… 020_1


僕はスノーシューを履いて牛留池へ。
2月18日 解禁とは名ばかりで… 019_1


もちろん池は全面氷結し、外周コースを通らずに池の上を進む。そして振り返るとワンダフォ~
2月18日 解禁とは名ばかりで… 014_1


綺麗なブルーバックに真っ白い乗鞍岳。その美しさに寒さも忘れ、しばらく見とれてしまう
2月18日 解禁とは名ばかりで… 015_1


池の上で三脚をセットし、何度もシャッターを切る。


そしてこの景色に後ろ髪を引かれながら同じコースで駐車場へ。


その後、宿に戻って寒さで冷え切った身体と疲れを温泉でリフレッシュ。荷物をまとめ宿を出発し、乗鞍高原をあとに奈川高原へ


まずは解禁三日目の渓をチェック。下流から上流までかなりの流域を見て回るが釣人は皆無。この渓も6月にはスタートできそうだし、今シーズンもきっとイワナ達が出迎えてくれるだろう。
2月18日 解禁とは名ばかりで… 025_1


そして奈川山菜に立ち寄りお土産を。また今回こちらに来たもうひとつの目的である年券も購入。


このあと昼食は野麦峠スキー場におられる釣大好き様ご家族と仙洛で合流予定だったがこちらでばったりと…


皆で仙洛に移動して今シーズンの渓などの釣り談義を交えながらとうじそばを。
2月18日 解禁とは名ばかりで… 026_1


もちろん〆のおじやもいただき大満足。
2月18日 解禁とは名ばかりで… 027_1


ここで釣大好き様とは別れ、我々はいつものルートで。中津川ICからは渋滞もなくスムーズな帰宅となった


ひょっとしたら今シーズン最後のスノーシューイング?二日目の今日は天気もよく、雄大な乗鞍岳を拝めてラッキーだった。
2月18日 解禁とは名ばかりで… 022_1


いよいよ自身も釣りモードにシフトチェンジして、今度は自然豊かな渓で美しいイワナ達に出迎えてほしいなぁ~
by rocky mountain  at 05:58 |   |  comment (10)  |  trackback (0)  |  page top ↑

祝 梓解禁に新たなパートナー

今年もお世話になる梓川水系をはじめ長野県の一部河川が解禁となった


とはいっても毎年この時期は全く釣りにはならず…
1月8日 梓が僕を呼んでいる? 008_1


しかし家に帰ると長~い荷物が届いていた。


昨年に横田工房を訪問した際、オーダーしていたロッドが解禁を祝ってくれた


今回のブランクスはトンキンケーン。7ft3incのレングスにミディアムに近いスローアクション。
2月16日 祝 梓解禁に新たなパートナー 001_1


少し地味な100段オーバーのインターミディエイトラッピングも施した。
2月16日 祝 梓解禁に新たなパートナー 004_1


ウッドスペーサーは新たなランディングネットのフレームと合わせタイガーメイプルで。
2月16日 祝 梓解禁に新たなパートナー 003_1


ガイドもブランクスに合わせ、やや地味な橙色のメノウを装着。
2月16日 祝 梓解禁に新たなパートナー 002_1


これで今シーズンも綺麗な渓魚達と出会えればなぁ~


でもこいつに合わせるリールを見つけなければならない(汗)


横田さん、梓の解禁日にお送りいただき、また今回もいろいろとありがとうございました。引き続き山が新緑になる頃にはよろしくお願いします!
by rocky mountain  at 09:32 |  日常 |  comment (8)  |  trackback (0)  |  page top ↑

鍋平高原でスノーシュー&蒲田視察

待ちに待った解禁の足音もようやく聞こえてきた。そこで今週は渓のチェックも兼ねて奥飛騨へ


早朝に自宅を出発し、高山ICを目指すが今週も美濃辺りから事故による大渋滞。


予定では10時頃に着くはずだったが、この影響で大幅に遅れ到着したのは昼過ぎ
2月11日 鍋平高原でスノーシュー蒲田視察 019_1


12時30分発の新穂高ロープウェイで目的の鍋平駅に。


そこから第二ロープウェイ乗り場のしらかば平駅まで歩き、前のビジターセンターでスノーシューのコースマップをもらい説明を受ける。
2月11日 鍋平高原でスノーシュー蒲田視察 001_1


既に腹ぺこ状態でこちらの休憩所で持参のカップ麺とパンでお腹を満たす
2月11日 鍋平高原でスノーシュー蒲田視察 002_1


そしてようやくコースへ向かいスノーシュートレックに出発!
2月11日 鍋平高原でスノーシュー蒲田視察 011_1


ブナや白樺の原生林の中を進むと、木々の向こうに雄大な北アルプス。
2月11日 鍋平高原でスノーシュー蒲田視察 010_1


揚杖岳や笠ヶ岳を横目に…
2月11日 鍋平高原でスノーシュー蒲田視察 003_1


こちらでもスノーシューハイクを楽しむ人が多く、ガイドを受けてる方々もいて森の中は賑やか
2月11日 鍋平高原でスノーシュー蒲田視察 006_1


しばらく進むとこんどは槍ヶ岳や西穂高岳。
2月11日 鍋平高原でスノーシュー蒲田視察 004_1


コースも幾通りかあり、新雪を選んで歩くと感触が心地好い
2月11日 鍋平高原でスノーシュー蒲田視察 008_1


ロープウェイの下が開けていて見事な眺めの笠ヶ岳。
2月11日 鍋平高原でスノーシュー蒲田視察 009_1


このコースはアップダウンが少ないのであまり疲労度もなく軽快に…
2月11日 鍋平高原でスノーシュー蒲田視察 012_1


残念ながら今回は到着が遅れ1/4ほどしか歩けず、スタートしたビジターセンターに戻ってコーヒータイム。
2月11日 鍋平高原でスノーシュー蒲田視察 013_1


ロープウェイの最終には間に合わせ、少し時間もあったのでソリコースで持参したお手軽ソリで何回か滑り、年甲斐もなく雪遊びまで堪能した
2月11日 鍋平高原でスノーシュー蒲田視察 014_1


そして鍋平高原をあとに再びロープウェイで新穂高に戻り、宿へ向かったのだが中尾口で途中停車。


どうも気になる渓の状況。中尾橋下のプールでライズはあるのか?としばらく凝視していたが生命反応はなかった。
2月11日 鍋平高原でスノーシュー蒲田視察 017_1


さらにメガネ堰堤に移動し、堰堤下のプールもチェックしたがこちらも水面は何も起こらなかった。
2月11日 鍋平高原でスノーシュー蒲田視察 018_1


明日も少しチェックすることにして宿へ


今日はなぜかこの界隈の宿がほとんど満室のようで予約がとれず、なんとか一部屋空いていた新平湯の宿で素泊まり。


到着して部屋で一息ついて、夕飯前に温泉で疲れを癒す


のんびりと冷え切った身体を温めてから宿からすぐの奈賀勢で夕飯。
2月11日 鍋平高原でスノーシュー蒲田視察 020_1


ここでは看板メニューの飛騨牛テッチャンとキャベツを味噌ベースの鍋で。トッピングにラーメン玉を入れる。
2月11日 鍋平高原でスノーシュー蒲田視察 021_1


美味しくいただき満腹で宿に戻って、あとは部屋でフィギア観戦しながらいつしか眠りに


翌朝は昨日とは打って変わって雪が降る生憎の天気。


温泉に入ってすっきりしてから宿を出発し、昨日に続き蒲田川のチェックを今日は栃尾C&Rで。
2月11日 鍋平高原でスノーシュー蒲田視察 022_1


雪の舞う中、河原を数百メートル歩くがハッチした形跡はない。
2月11日 鍋平高原でスノーシュー蒲田視察 024_1


もちろんプールでライズすることもない。
2月11日 鍋平高原でスノーシュー蒲田視察 023_1


水温も何箇所かで計測したが、寒さに耐え切れずに蒲田をあとに高山方面へ
2月11日 鍋平高原でスノーシュー蒲田視察 026_1


久しぶりに宮川朝一に立ち寄り、赤かぶやお味噌を買ったりしながらぶらっと散策。
2月11日 鍋平高原でスノーシュー蒲田視察 025_1


するとお腹もかなり減ったので弱尊のカレーと迷いつつ、熱々の鉄板焼きに引かれ国八食堂に。


いつもと同様に豆腐ステーキとホルモン焼き。
2月11日 鍋平高原でスノーシュー蒲田視察 027_1


なんか二日とも同じような食だったが飛騨のお気に入りを堪能して高山ICから帰宅の途についた


やっぱりスノーシューを駆使して通常見ることができない景色は最高!
2月11日 鍋平高原でスノーシュー蒲田視察 005_1
												<div class=

寒波の中休みに小浜でランチ

一昨日の大寒波も一休みで久しぶりに平年並みの気温に戻った。


記録的な積雪となった日本海。とはいっても自宅から程近い小浜へ


朽木経由で向かったが解禁前の安曇川も積もった雪はハンパない。
2月4日 寒波の中休みに小浜でランチ 006_1


福井県に入ると今まで見たことないくらいの積雪だ。これでは北陸の渓も昨年以上にシーズンインが遅れそうな…


そんなことを考えながらまずは増田商店 朽木屋に到着。
2月4日 寒波の中休みに小浜でランチ 002_1


久しぶりにここの浜焼き鯖が食べたくなり、ずらっと列んだ鯖の中でも大きめのものを夕飯用にテイクアウト。
2月4日 寒波の中休みに小浜でランチ 001_1


そしてランチをと友人Aさんイチ押しの田村長に。しかしなぜかしばらく休業で店は閉まっていた


楽しみだったので残念。ここまで来たし、近くのかねまつに予定変更。


とりあえずこのお店も新鮮な海の幸をいただける。ここでいつもは海鮮丼だが、今日は奮発して特上定食を注文。


なんのお刺身かはその日の水揚げによって変わる。恐らくボードのものだろうと…
2月4日 寒波の中休みに小浜でランチ 003_1


しばらくして運ばれてきたのはかなりボリュームある盛り合わせ


ホウボウの姿造りに鰤やカンパチ、平目にサワラ等々のお刺身。お代わり自由なあら汁に小鉢とご飯。
2月4日 寒波の中休みに小浜でランチ 004_1


とにかくこの質量で満足でお腹いっぱい。


帰りはルートを変えて雪の美山で茅葺き民家でもと思っていたが、なんとスノーブーツを忘れてしまい断念(涙)


仕方なく帰りも朽木経由で早めの帰路に着いた
2月4日 寒波の中休みに小浜でランチ 005_1


道中、朽木でスノーシューハイクする人を発見。


絶好のスノーシューイング日和だが相棒のがないのでそうもいかない。レンタルでは行く所が限られるし、もう買うしかないと痛切に感じたのだった
by rocky mountain  at 08:10 |  グルメ |  comment (10)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

Author:rocky mountain
渓流シーズンは毎週のように信州や北陸の渓流に通い、のんびりとドライフライで釣り上がる。禁漁期間は一眼レフで信州の風景写真を撮ったり、温泉巡りや食探しに出掛けることが好き。また古きよきアメリカのヴィンテージ古着や小物の収集も好きな中年親父です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
10224位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
1057位
アクセスランキングを見る>>