爽快な渓歩き

今週は全国的に快晴が続き、京都も夏かと思うほどの暑さ。


夜明け前に出発してリフレッシュ工事最終日でまたもやがら空きの高速で現地へと向かった


今回は同じ方面へ釣行の翡翠もどきさんとパーキングで合流し、腹ごしらえをしてお互いの予定を打ち合わせして一旦お別れした。


目的の渓には8時すぎに到着。すぐに準備を済ませて眩しいくらいの新緑と中央アルプスを眺めながらの渓歩き。
5月25日 爽快な渓歩き 001_1


すると反応はぽつぽつあるが釣れてくるのは中高生サイズがほとんど。なんとか6寸ほどのイワナが交じったが…
5月25日 爽快な渓歩き 003_1


予定の三時間ほど釣り上がったがサイズの悪さにがっくり


ここを出発して先週に引き続き、昼食は日替わりランチをいただく。
5月25日 爽快な渓歩き 002_1


ご飯もおかわりしてお腹いっぱい。ここで先に宿に向かい、相棒だけチェックイン。


そして僕は次なる渓へ出動。まずは釣人の確認に下流から上流を隈なくチェック


この時期にしては釣人も少なめで先に上流部の区間に入渓。


すると早々にぽんぽんと反応があり、7寸ほどのイワナをキャッチ。
5月25日 爽快な渓歩き 004_1


順調な滑り出しで期待は膨らんだが、その後は全く生命感がなく脱渓地点へ。


一時間半ほどと早かったがここでもかろうじての1匹。


これはイブニングに期待するしかないようで、温存していた区間に移動すると一台の車が…


しかも渓を覗くとフライマンがまだ入渓して間もないようだ


予想外の展開に焦りつつもティーブレイクしてイブ待機。


ママさんと楽しい時間を過ごし、いつもより遅い5時に入渓。


すると開始早々からいきなりのヒット!


まずは8寸ほどのイワナをキャッチ。
5月25日 爽快な渓歩き 005_1


お次は9寸ほどのイワナを追加とすこぶる順調
5月25日 爽快な渓歩き 006_1


さらにしばらくしてグッドサイズをヒットさせたが、先週に引き続きパワフルなファイトに痛恨のラインブレイク。


その後も8寸クラスはキャッチするものの…


しかし渓が薄暗くなった頃、待望のグッドサイズがヒットし、トルクフルなファイトを堪能。


なんとか今回も28センチのイワナをキャッチ
5月25日 爽快な渓歩き 007_1


その後は急いで釣り上がり、脱渓地点で留めは9寸ほどのイワナ。
5月25日 爽快な渓歩き 008_1


これを機にツ抜けにも到達できたし脱渓。


入渓を遅らせたおかげでかなり、慌ただしい一時間半ほどとなったが、反応した魚をすべてヒットさせ、8寸以上のイワナを8匹キャッチ。


今日も満足感いっぱいで渓をあとに宿へ戻った。


到着して翡翠もどきさんとも合流し、素早く後片付けを済ませてお風呂へ


疲れきった身体もリフレッシュでき、釣り談義を交えての夕食。
5月25日 爽快な渓歩き 009_1


いつもより賑やかな楽しい食事となり、さらに止むことなく続きは部屋でも…


明日に備えて適当に切り上げ、あとは布団に入って爆睡


翌朝は先に朝食をいただく。翡翠もどきさんと今日の予定を打ち合わせしながらご飯もがっつり食べて満腹。
5月25日 爽快な渓歩き 010_1


タックルセットして臨戦態勢も整ったところで、翡翠もどきさんとお別れして各々の区間へ出動。


今日は宿に程近い中流域を釣ってみる。渓に立つとすでにミドリカワゲラのハッチも始まっているが果たして?
5月25日 爽快な渓歩き 014_1


すると最初のポイントで幸先よくヒットし、まずは9寸ほどのイワナをキャッチ
5月25日 爽快な渓歩き 011_1


さらに次のポイントでも同型のイワナを追加。
5月25日 爽快な渓歩き 012_1


このあとも止まることなくアベレージ8寸ほどのイワナを次々とキャッチ。
5月25日 爽快な渓歩き 013_1


普段なら一時間半ほどの区間も今日は二時間半ほど要したが、予想外の嬉しい誤算で12匹目をキャッチして満足のロッドオフ


十分すぎる釣果で二日間の快晴と同様、今日も爽快な気分で宿に戻った。


そして相棒と合流して後片付けを済ませて出発。


帰り道は木祖村のBASEでパンを。さらに木曽福島の田ぐちで御獄もなかとジェラートを買って、木曽川の畔にある足湯に浸かりながらのんびりと昼食。
5月25日 爽快な渓歩き 017_1


木曽福島から再び中山道を走り、中津川から高速で帰宅の途に就いた


こうして週末は京都を離れ、自然豊かな渓を歩くだけで癒されるが、今回はさらにイワナ達が遊んでくれ、この上ない充実感を味わえた。
5月25日 爽快な渓歩き 016_1


これで今週末もといきたいところだが、そろそろ北陸方面の渓も気になるなぁ~
by rocky mountain  at 20:16 |  フィッシング |  comment (10)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ようやく渓も本格化?

三寒四温の季節も終わり、やっと本格的なフライシーズン到来!


今週は友人Aさんとご一緒することになり、夜明け前に出発して現地へと向かった


高速はリフレッシュ工事の通行止めでがら空き状態。予定より早い8時前に最初の渓に到着。


今日は雲一つない快晴で雄大な雪渓を眺めながら二人で釣り上がってみる。
5月18日 ようやく渓も本格化? 001_1


心地好い春の陽射しを浴びながら快適な渓歩き


だが水の中は10度弱とまだ冷たく、反応も極めて少なかった。結果は三時間ほど釣り上がったがわずか4回反応しただけ。


唯一キャッチしたが高校生サイズのヤマメ。


ここで移動して昼ご飯。美味しい日替わりランチでお腹いっぱいに。
5月18日 ようやく渓も本格化? 002_1


食後は二つ目の渓に移動し、今度は単独で釣り上がってみる。


だがこちらは強い向かい風でなかなか思い通りのキャストが出来ずに悪戦苦闘


おかげで3回の反応もすべて空振りし、一時間ほどでこの渓をあとに再び移動。


「ここまで来てズウボかよ~」と二人して愚痴りながら三つ目の渓に到着。


ここではAさんと一緒に釣り上がり、長かったズウボともおさらばし、ようやく7寸弱のイワナをキャッチ。
5月18日 ようやく渓も本格化? 003_1


その後もぽつぽつだが反応あり、7寸と8寸ほどのイワナを追加して状況も上向き
5月18日 ようやく渓も本格化? 004_1


一時間ほどで3匹キャッチと順調だったが、ズウボのAさんは二つ目の渓へ移動しようと…


やや後ろ髪を引かれる思いでこの渓をあとにした。


そして再び戻ってラストフィッシング。最後は各々お気に入りの区間で釣り上がってみる。


だがスタートして一時間ほど全く生命感がない。西日が山に落ちかけた頃、ようやくフライにガバッと…


フックアップすると重量感のあるパワフルなファイト。なんとか無事にネットインして計測してみると28・5センチの良型イワナ
5月18日 ようやく渓も本格化? 006_1


この一匹ですっかり満足したが、しばらくして再びヒット。


さきほどよりさらにパワフルなファイトに耐え続けたが、水中のブッシュに巻かれて痛恨のラインブレイク。


これも尺はなかったが恐らく9寸は越えるグッドサイズだった


これはひょっとしてまだチャンスあるかも?


するとまたもやヒット!


こちらも雪代の増水で鍛えられ、素晴らしいファイトをみせてくれた。


28センチ越えのワイルドな♂イワナ
5月18日 ようやく渓も本格化? 007_1


さらに次のポイントでもまたまたグッドサイズがヒットしたが今度は敢なくバラシ。


このあとすぐに脱渓地点に到着し、最後はご機嫌でロッドオフ。


二時間ほどで反応した4匹をすべてヒットさせて2匹キャッチ。反応こそ少ないものの、出ればグッドサイズだった。


ここでAさんと合流するとなにやら超ご機嫌。Aさんが入った区間は好調で良型を6匹キャッチ。反応も結構あったらしい。


お互い終わりよければすべてよし!二人して大満足で宿へ。


到着して後片付けを済ませ、先にお風呂で一日の疲れをリフレッシュ


すっきりしたところで夕食をいただく。


この季節ならではの山菜料理で祝杯!
5月18日 ようやく渓も本格化? 008_1


お腹も満たされ部屋に戻るとその後は二人で大合唱


十分に睡眠をとり、翌朝は遅めの起床。


まずは朝風呂で温まってから朝食を。
5月18日 ようやく渓も本格化? 009_1


ご飯もがっつりいただきお腹いっぱいになり、一息ついて昨日の一つ目の渓へと出発


昨日と時間をずらすことで変化があるのか?とりあえず変わっていることを願って釣り上がってみる。


するとあっさり最初のポイントで超スレンダーなイワナをキャッチ。
5月18日 ようやく渓も本格化? 005_1


ここから中高生サイズが混じりながらも飽きない程度にヒットしてくる


予定通り二時間ほど釣り上がり、6~8寸のイワナを4匹キャッチ。
5月18日 ようやく渓も本格化? 010_1


ここでAさんと合流して近くの蕎麦屋で昼食。


今が旬の冷たい山葵そばを注文してみると、いい意味で期待を裏切られとても美味しかった。


食後は今回のラストとなり、先ほどより上流の区間に各々入渓。


ここでも最初のポイントで幸先よく8寸弱のイワナをキャッチ
5月18日 ようやく渓も本格化? 011_1


その後も朝の区間以上に反応があり、6~7寸と小振りながら3匹追加。


この頃より予報に反して早く雨が降り始めたので一時間半ほどでSTOP THE FISHING.


Aさんも最後は納得のサイズをキャッチできたようで素早く後片付けを済ませて出発。帰りは高速を途中で降りて一宮の太田屋本店に立ち寄って早めの夕飯。


二人してお気に入りの味噌煮込うどんをいただく。
5月18日 ようやく渓も本格化? 012_1


そして再び高速に乗って京都へと向かった


最初はどうなるかと思ったが、初日はグッドサイズに恵まれ、二日目はそれなりに数も釣れた。


二人とも充実した二日間を過ごせ、今回は大満足の遠征となった。


これで今週末は更に条件もよくなるはずなので、再訪しようと目論むが果たしてどんな結末になることやら
by rocky mountain  at 16:12 |  フィッシング |  comment (10)  |  trackback (0)  |  page top ↑

たまにはオフればいいのに~

今日は全国的に雨。しかも相棒が午前中は用事があり、それならゆっくり休養すればいいのに…


それでも釣りバカはイブに間に合うと相棒を引き連れ、現地を目指して高速をひた走った


まずは宿で相棒を降ろしてイブニング狙いで渓へ。


さっさと準備を済ませ5時半から時間も短いので下流部に入渓。


するとしばらくして幸先よく7寸弱のイワナをキャッチ
5月11日 たまにはオフればいいのに~ 001_1


だがまだ季節的に早いのか反応は少ない。


それでも7寸弱のヤマメを追加。
5月11日 たまにはオフればいいのに~ 002_1


こうして予定の7時に近づき薄暗くなり、ラストポイントの堰堤で7寸ほどのイワナをキャッチ。
5月11日 たまにはオフればいいのに~ 003_1


これで満足してロッドオフ。急いで宿に戻って後片付けを済ませ、先にお風呂に入ってリフレッシュ


すっきりとしたところで夕飯をいただく。この季節らしい旬の山菜でぐびぐびと…


食後は部屋に戻ってのんびりと過ごし、酔いが回ってきたのかいつしか眠りに


翌朝は打って変わって雲ひとつない快晴。先に朝食をいただいてからちょっとだけ渓へ。
5月11日 たまにはオフればいいのに~ 004_1


昨日とは違って今日は上流を釣ってみる。


だが水量は増していて流せる所も激減。もちろん虫のハッチもなく反応すらない。


そのためいつもよりかなり早く脱渓地点へ。


僅かに一度だけの反応のみでキャッチには至らず


今日は早々と諦めて今回のもうひとつの目的にシフトチェンジ。


宿に戻って相棒と合流して、この時期の山菜を求めて出発。


たらの芽に花わさび、山椒にクレソンがすぐにツ抜け?


大自然の恩恵を受けて、この地をあとに帰宅の途についた


しかし今週末も予報はまたもや雨。なんで週末だけ降るのよぉ~
by rocky mountain  at 14:19 |  フィッシング |  comment (10)  |  trackback (0)  |  page top ↑

そろそろ真夏の準備?

今シーズンも大好きな真夏の源流釣行に向けて、新たな装備を充実させて挑もうと…


そろそろ僕もシニアの領域に入り、昨年から相棒に加齢臭が気になると言われた


そこで夏用のギアを購入した。必要な要素は発汗を抑える透湿性と軽さ。


それに涼を追求した素材と機能性の高さ。


もちろんデザインも重要なファクター。


これらをポイントとして江坂のPATAGONIAアウトレットへ


まずはベストだが通気性のよいメッシュタイプでショート丈。さらには超軽量なRiverwalker Vest
5月9日 真夏の準備? 002_1


次にウェーダーはこちらも上部は軽量で透湿性に優れ、下部はより頑丈な素材を採用されたWatermaster Waders
5月9日 真夏の準備? 005_1


それにシェルはこちらもショート丈で軽く、ベストに携帯できて防水透湿素材のDeep Wading Jacket
5月9日 真夏の準備? 004_1


さらにインナーは吸湿発散性と通気性に優れ、有り難いことに防臭加工済み。また動きやすいストレッチ素材のCapline 1 SW
5月9日 真夏の準備? 003_1


これに以前購入したウェーディングシューズと組み合わせて真夏の渓歩きも快適?大好きな季節にお気に入りの渓で美しいイワナ達と出会うことを夢見て


さらについつい勢いで買ってしまった通年用のベスト。思わず半額の値札にリアクションバイトしたGuidewater Vest
5月9日 真夏の準備? 001_1


これであとはこのシチュエーションのためにオーダーした横田ロッドを待つばかりだ。


予定では来月には完成予定だが果たして?


横田さぁ~ん、楽しみに待ってるんでよろしくで~す
by rocky mountain  at 20:36 |  日常 |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

予想外のGW後半 後編

翌朝も眩しい朝日で目を覚ます。もちろん今日も快晴だがかなり冷え込んでいる。


まずは温泉でのんびり朝風呂を満喫し、ながわ山彩館のパンとコーヒーで朝食
予想外のGW後半1 017_1


そして今日も朝の高原散策。
予想外のGW後半2 019_1


間もなく花咲く水芭蕉と雪渓。
予想外のGW後半2 010_1

予想外のGW後半2 014_1


池に映りこむ逆さ富士ならぬ…
予想外のGW後半2 015_1


未だ雪代が入ってないお気に入りの渓。
予想外のGW後半2 018_1


美しい風景に癒されて宿に戻り、最後にのんびり温泉を堪能


こうして三日間お世話になった宿をあとに昨日に続きお隣りの村へ。


まずはながわ山彩館で休日ランチをいただく。
予想外のGW後半1 018_1


お腹も満たされたところでちと時間調整に竿を出してみる。
予想外のGW後半1 019_1


水温は9度~11度と案外高いがまだまだドライでは釣れそうにない。


何箇所かめぼしいポイントを二時間ほど釣ってみたが生命感なし。


ここでまたもやつきのわ商店で休憩がてらティーブレイクしてから今日も本命の渓へ


予定通り4時から釣り上がってみるが初日と変わらず突風が吹き荒れる。


おかげで目立ったハッチもない。だがしばらくしていいサイズのヤマメをヒットさせるが今日もバラシでスタート。


その後も少ないながら反応はあるが…


それでも二時間ほど経過した頃、ようやくキャッチした7寸ほどのイワナ
予想外のGW後半1 020_1


これを機に残り一時間ほどはスイッチも入ったようで7寸ほどのイワナやヤマメをキャッチ。
予想外のGW後半1 021_1


薄暗くなりはじめ水性昆虫が乱舞する中、プライムタイムを満喫して脱渓。


今日もミス連発だったが小振りながら5匹キャッチできた。


素早く後片付けを済ませて出発。渋滞を覚悟で高速に乗ったが、なんとスムーズに帰路につくことができた


今年のGWは珍しく釣り三昧ではなく、高原で相棒とまったりとした時間も過ごせた。


釣果はたいしたことはなかったのだが、なぜか満足感いっぱいの三日間となった。
by rocky mountain  at 06:23 |  フィッシング |  comment (10)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

Author:rocky mountain
渓流シーズンは毎週のように信州や北陸の渓流に通い、のんびりとドライフライで釣り上がる。禁漁期間は一眼レフで信州の風景写真を撮ったり、温泉巡りや食探しに出掛けることが好き。また古きよきアメリカのヴィンテージ古着や小物の収集も好きな中年親父です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
8517位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
982位
アクセスランキングを見る>>