お祭り騒ぎの入魂

今週もすっかり定番となったいつもの渓。
7月27日 お祭り騒ぎの入魂 005_1


今回は早めの出発で現地には前日の夜に到着し、まずは常宿のご好意で温泉を利用させてもらい、身体もさっぱりしたところで朝まで仮眠


予定通り夜明けには目を覚まし、準備を済ませて入渓地点までてくてくと…


この渓用に新調したロッドとそれに合わせたネットに魂を注入すべく入渓。


今日は前回より減水してかなりポイントも増えて期待大?


するといきなり最初のポイントでヒットしたがバラシ。


だが次のポイントでまたもやヒットし、8寸弱のイワナをネットインして無事に入魂
7月27日 お祭り騒ぎの入魂 001_1


その後もアベレージは7寸ほどだがいい感じでヒットしてくる。
7月27日 お祭り騒ぎの入魂 007_1


明らかに水量の落ち着きがイワナの反応をアップさせているようだ。


さらには28センチのイワナが#1のロッドを弓なりに絞り込んでくれた
7月27日 お祭り騒ぎの入魂 002_1


スタートして二時間ほど釣り上がった所で突然の雷雨に遭遇し、ここで雨宿りしながら朝食のパンを食らって天気の回復を待つことに。
7月27日 お祭り騒ぎの入魂 003_1


しばらくすると空も明るくなり、眩しいくらいの陽射しが渓に差し込んだのを機に再び脱渓地点を目指して釣り上がる。
7月27日 お祭り騒ぎの入魂 004_1


相変わらず魚も好反応で順調にキャッチしていくが、7寸クラスがほとんどで辛うじて8寸オーバーが混じったのみ。
7月27日 お祭り騒ぎの入魂 008_1


予定通り七時間半ほどで脱渓地点に到着。25匹のイワナと高校生サイズ少々とこの上ない入魂となった


ここで遅めの昼食は簡単に持参のおにぎりで済ませ、食後は駐車スペースに戻って別の区間へ移動。
7月27日 お祭り騒ぎの入魂 010_1


到着するとタイミングよく餌師が上がってきたので午後の部はこの区間を釣り上がってみる。


するとここでも最初のポイントであっさり7寸ほどのイワナをキャッチ。
7月27日 お祭り騒ぎの入魂 009_1


その後もここぞというポイントからは確実に反応がある。


ただここでは餌師の直後で食いが浅いのかバラシばっかり


二時間半ほど釣り上がって脱渓地点に到着し、7匹キャッチしたものの後味が悪い釣りとなってしまった。


ここで初日は十分すぎる釣果に満足して早々とロッドオフ。


宿に戻って後片付けを済ませて温泉へ直行


本日の宿泊は我々だけということで湯舟でのんびりと…
7月27日 お祭り騒ぎの入魂 016_1


風呂上がりは部屋で一息ついて食事処で夕飯を。
7月27日 お祭り騒ぎの入魂 011_1


いつもながらがっつりいただき超満腹。


食後は部屋に戻ると間髪入れずに爆睡


翌朝は起きた時間で区間を選択。やはり早起きできず…


先に朝風呂を浴びてからコーヒーとパンを食して宿を出発。
7月27日 お祭り騒ぎの入魂 012_1


入渓地点に到着し、早速釣り上がってみる。


するとすぐに幸先よく7寸弱のイワナをキャッチ。
7月27日 お祭り騒ぎの入魂 013_1


初日に引き続き好調の予感が…


しかしそこからはいくら釣り上がっても全く生命反応がない


一時間半ほどでここを諦めて脱渓し、先攻者を覚悟の上で急いで鉄板区間へ移動。


到着してみると想定内の車が一台止まっているので少し下流から入渓。
7月27日 お祭り騒ぎの入魂 015_1


やはりこの区間では最初のポイントで7寸ほどのイワナをキャッチ。
7月27日 お祭り騒ぎの入魂 014_1


続いてすぐ上のポイントでも…


ここでは先ほどの区間が嘘のように各ポイントからイワナが顔を出してくれる
7月27日 お祭り騒ぎの入魂 006_1


スタートして一時間ほどであっさりツ抜けに到達し、今日はこれくらいにしといたろ~と気持ちよくロッドオフ。


宿に戻って後片付けと出発の準備を済ませてから温泉で汗を流し、さっぱりしたところで宿をあとにそばの里奈川へ。


久しぶりにとうじそばをいただき、〆のおじやでお腹いっぱいに。
7月27日 お祭り騒ぎの入魂 017_1


さらに峠を越えて別腹も満たしに寄り道。
7月27日 お祭り騒ぎの入魂 018_1


こうして釣りはもちろん温泉と食を心行くまで堪能し、任務のため再び猛暑の下界へと舞い戻ったのだった。


今回初めて使った#1のロッドは思いの外キャストコントロールしやすく、これからは魚とのやり取りがすごく楽しく病み付きになりそう


これで今シーズンも残すところ二ヶ月となった。禁漁までメインロッドとしてきっと活躍してくれるだろう。
by rocky mountain  at 00:55 |  フィッシング |  comment (10)  |  trackback (0)  |  page top ↑

新たなホームでまさかの撃沈

今週は久しぶりに釣大好き様とどっぷりご一緒することとなり、今シーズンから新たなホームとなった渓にお付き合いいただくことに。


栗東で深夜に合流して現地へと向かった


夜明け前に到着し、準備を済ませて入渓。


まずは先週まずまずよかった超ロングコースを釣り上がってみる。
7月20日 新たなホームでまさかの撃沈 007_1


釣大好き様は初めてなんでまずは僕が先攻。


するとしばらくして7寸弱のイワナをキャッチ。


そしてこのあと釣大好き様もキャッチされて一安心
7月20日 新たなホームでまさかの撃沈 004_1


そこからは交互に釣り上がり、7寸前後と小振りなサイズだがポツリポツリと…


その後は28センチのイワナも顔を見せてくれた。
7月20日 新たなホームでまさかの撃沈 001_1


スタートして二時間ほど経過したところで渓流喫茶に立ち寄ってモーニング。


コーヒーとパンをいただきながら釣大好き様とのんびり休憩。
7月20日 新たなホームでまさかの撃沈 002_1


そして再び釣り上がるが思いの外反応は少なく、全く生命感のない退屈な時間もしばしば


それでもまたぽつりぽつり釣れたりで今度は渓流食堂でランチング。


食後は先が近くなった脱渓地点を目指す。


するとしばらくして上流から二人のルアーマンが釣り下ってきた。


まさかの事態で意気消沈


このあとやはり全く生命感がないまま予定よりかなり早く7時間ほどで脱渓地点に到着。


水量も落ち着きはじめ、かなり期待していたが、この区間だけでツ抜けならず、8匹キャッチで午前の部を終了。


そして今度は別の場所に移動。到着してみると駐車スペースに車はなく、ここで少し休憩してから入渓場所へ。


スタートから二人してまずまず反応はあるが、なぜかバラシばかりでリズムの悪い時間が続く


それでもようやくヒットさせると釣大好き様のロッドも…


8寸ほどのイワナをダブルヒット。
7月20日 新たなホームでまさかの撃沈 005_1


その後は7寸弱のイワナを2匹追加して二時間ほどで脱渓。


かろうじて二人ともツ抜けにも到達し、初日は4時と早いが納竿して宿へ。


到達して後片付けを済ませると、その後は部屋で夕飯までおしゃべり


そんなこんなであっという間に夕食の準備もできたようで食事処へ。


腹ぺこでがっつりといただく。しかも先週と同様に賑やかな食事となった。
7月20日 新たなホームでまさかの撃沈 006_1


食後は部屋で一息ついて温泉で一日の疲れをリフレッシュし、お風呂から上がると明日に備えて早めの就寝


翌朝は疲れには勝てず、朝寝坊してしまった。


急いで準備を済ませて予定していた渓へ。


駐車スペースに到着するとタッチの差で先攻者が入渓へ向かうとろこだった


自身の朝寝坊で予定が狂い、仕方なく別の区間に移動。


早速釣り上がってみるがここでも全く生命反応のないのでしばらくして朝食。まったりムードでコーヒーとパンを。
7月20日 新たなホームでまさかの撃沈 008_1


食後は水温上昇による活性アップを期待して釣り上がってみる。
7月20日 新たなホームでまさかの撃沈 009_1


するとやっと本日最初の反応があり、7寸弱と小振りながらイワナをキャッチ
7月20日 新たなホームでまさかの撃沈 003_1


その後も相変わらず反応少なく、僅か1匹だけ追加しただけ。


お互いイワナの顔も見れたんで、ここでロッドオフすることにした。


二日目は三時間ほどで2匹と初日よりタフだった。


宿に戻って後片付けを済ませ、最後は温泉でさっぱりと


それから荷物をまとめ宿をあとにし、ながわ山菜館に立ち寄って昼食を。
7月20日 新たなホームでまさかの撃沈 010_1


お腹も満たされたところで出発。


こうしてまたも蒸し風呂のような下界を目指して帰宅の途に就いた


それにしても今回はまさかの期待ハズレに終わってしまった。


それでも久しぶりに釣大好き様とまったりとした楽しい二日間を過ごせた。


まだまだ暑さはこれからが本番!さぁ~て今週末はどこで釣ろうか悩むなぁ~
by rocky mountain  at 00:03 |  フィッシング |  comment (10)  |  trackback (0)  |  page top ↑

遊び心いっぱいのNEW ROD

ついに完成したようで本日送られてきた横田ロッド。


横田氏の雑魚川用ロッドである6ft6inc #1


「源流行くならこれでしょ!」と薦められ、なにげに昨オフにオーダーした。


今シーズンから新たなにメインフィールドとなった渓での専用ロッドとして


もちろん細部は全てにこだわった。ブランクスはフレームフィニッシュ仕上げ。
7月17日 遊び心いっぱいのNEW ROD 002_1


ラッピングはちょっとヴィンテージっぽくブラックにトリムはスカーレット。ガイドはナチュラルっぽい瑪瑙リング。
7月17日 遊び心いっぱいのNEW ROD 003_1


ウッドスペーサーは工房で一目惚れした珍しい色目のメープル瘤。
7月17日 遊び心いっぱいのNEW ROD 001_1


これで今週末は待機していたランディングネットと共に入魂しよ~っと
7月17日 遊び心いっぱいのNEW ROD 004_1


横田さん、このロッドで尺イワナ仕留めますよ。ありがとうございました。


またオフには工房にお邪魔しますので、蕎麦食べて一杯やりましょうね!
by rocky mountain  at 10:43 |  日常 |  comment (10)  |  trackback (0)  |  page top ↑

真夏の三連休 後編

初日は十分に睡眠をとり、遅めの起床でまずは温泉へ


風呂上がりはコーヒーとパンで朝食。


暫しまったりとした時を過ごし、準備を済ませて普段より遅めの出撃。


すでにメジャーな入渓場所には車が止まっており、ここで恐らくノーマークであろう区間をチョイス。


ここをいつもより丁寧に攻めてみるが一時間ほど全く魚の気配がない


完全に選択ミスしたことに後悔した頃、やっとこさ待望のファーストヒット。


まずは7寸弱と小振りながらイワナをキャッチ。
7月13日 真夏の三連休 010_1


それからしばらくして再びヒット!


今度は尺に絡むグッドサイズでロッドが弧を描き、エキサイティングなファイトを堪能してネットイン。
7月13日 真夏の三連休 012_1


メジャーを当ててみると尺には10mm足らず、昨日に続き29センチの♂イワナ
7月13日 真夏の三連休 011_1


更にこのあと28センチのイワナも追加。
7月13日 真夏の三連休 013_1


その後も脱渓地点まで7~8寸のイワナがコンスタントに反応し、三時間ほど釣り上がって9匹のイワナをキャッチ。


後半はかなり好反応をみせ、十分すぎる釣果で満足して宿に戻った。


ここで宿の敷地内でカップ麺とおにぎりで昼食


すると今回もこちらの渓をご案内する翡翠もどきさんが到着。


そしてこのあと午後の部は翡翠もどきさんが前回釣っていない区間へ。


駐車スペースに到着してみると三人組のフライマンが脱渓していたので状況を尋ねてみると「ボコボコでした」と聞かされる


こうなったら出がらし覚悟で入渓場所までてくてくと…
7月13日 真夏の三連休 021_1


とりあえず翡翠もどきさんに釣ってもらおうとしばらくはロッド封印で。
7月13日 真夏の三連休 014_1


すると早々からまずまず反応もあり、飽きない程度にイワナが顔を出してくれる。


更に調子づく翡翠もどきさんが今度はグッドサイズをヒット
7月13日 真夏の三連休 015_1


これで安心して僕もとりあえず1匹と竿を出すと8寸ほどのイワナをキャッチ。
7月13日 真夏の三連休 016_1


だがこのあとなぜか反応も薄れてしまい、脱渓地点に二時間半ほどで到着。


再び駐車スペースに戻って最後は宿に戻って前を釣ってみる。


だが昨日と同様に最初の一時間ほど反応がない


ようやく翡翠もどきさんが1匹キャッチすると、ここからはぽつりぽつりと反応し始め、僕も8寸前後のイワナを3匹キャッチ。
7月13日 真夏の三連休 017_1


予定の二時間半ほど釣り上がって脱渓し、この日はこれで納竿して宿に戻った。


後片付けを済ませて温泉で温まってから夕飯をいただく。
7月13日 真夏の三連休 018_1


翡翠もどきさんとフライ談義しながら賑やかな食事となった。


食後は部屋に戻ってDVD鑑賞しながら…


そのうち睡魔には勝てず、最終日の爆釣を夢見て眠りに


翌朝は早めに起床したがまさかの雨音が聞こえる。


しかも昨晩からまとまった雨が降ったようで再び眠りに。


再び目が覚めた頃にはほぼ雨も上がり、まずはコーヒーとパンで朝食を


それから準備を済ませて増水を覚悟の上で前回よかった区間へ向かう。


駐車スペースに到着すると先攻者らしき車はない。ラッキーとばかりに入渓地点に到着し、そこから転げ落ちて渓に降り立つ。


するとやはりかなり水量が増して対岸へ渡ることもままならない


仕方なく交互に釣り上がることとなり、まずは最初のポイントを僕が狙ってみる。


するといきなり幸先よく7寸ほどのイワナをキャッチ。
7月13日 真夏の三連休 004_1


その後も流せる所は数少ないながら、ほとんどのポイントからイワナがでてくる。
7月13日 真夏の三連休 020_1


通らずまでの二時間ほどコンスタントにヒットし、7寸前後と小振りながら5匹のイワナをキャッチ。


二人してよく似た釣果で三日間の釣りを終えてロッドオフ。翡翠もどきさんは数・サイズともやや不満だったかな


宿に戻って後片付けを済ませ、荷物をまとめてこの地をあとに。


帰りにいつものお店に立ち寄り、今回はカレープレートをダブルで。
7月13日 真夏の三連休 022_1


ボリュームいっぱいの美味しいカレーをいただき、ここで翡翠もどきさんと別れて家路へと向かった


今回もまたまた増水に泣かされたが、三日間なんとか天気も大崩れすることなく、大好きな渓を思う存分堪能できた。


狙っていたサイズは二度とも後一歩及ばなかったが、それは今週末以降に持ち越しとしておこう(笑)


さぁ~て、来週は少し水位が落ちてほしいなぁ~
by rocky mountain  at 06:05 |  フィッシング |  comment (10)  |  trackback (0)  |  page top ↑

真夏の三連休 前編

今年は珍しく早々と梅雨明けし、京都は連日の猛暑でフラフラ状態。


この三連休は大好きな高原でどっぷり釣り三昧ということで前夜に高速をひた走って目的地へ


深夜に到着して少し仮眠。夜が明けた頃に目を覚まし、準備を済ませて入渓場所までてくてくと…
7月13日 真夏の三連休 009_1


先週は梅雨のラストスパートでこの渓は豪雨だった。その影響から水量は前回より更に多く、想像を大幅に上回る水位にびっくり!
7月13日 真夏の三連休 002_1


水温は11度とまずまずだがこの増水でドライへの反応は果たして?


渓歩きは難航必至だが今シーズン初の超ロングコースを釣り上がってみる。


すると直後にあっさり8寸弱のイワナをキャッチし、心配していた不安を一掃してくれそうなスタートとなった。
7月13日 真夏の三連休 001_1


だがなかなかイワナのポイントが乏しく、その後はやや飽きるほど反応が少ない


それでもぽつりぽつりではあるが7寸前後のイワナを追加していく。


そして徐々にではあるが反応もよくなっていき、なんとか9寸弱のイワナも混じった。
7月13日 真夏の三連休 006_1


更には痩せてるが29センチのイワナをキャッチ
7月13日 真夏の三連休 005_1


その後も後半はまずまずイワナが顔を見せてくれた。


こうして長かった渓歩きも8時間を要してようやく脱渓地点へ。


やはり水量が影響してポイント少なめ、反応も少なめで18匹のイワナと中高生が少々。


これで午前の部を終了し、先に到着している相棒と宿で合流。


まずは部屋で簡単にカップ麺で昼食とし、その後は温泉でのんびりと汗を流した


それからは部屋でまったりと過ごしてから午後の部をスタート。


当初はイブニング狙いで少し車で遠出を予定していたが、疲れには勝てずに宿の前を釣ってみることに。


入渓してしばらくはほとんど反応なく、一時間ほど釣り上がるがまさかのズウボ


それでも諦めずに釣り上がるとようやく7寸弱のイワナをキャッチ。
7月13日 真夏の三連休 003_1


するとここからなぜか急に反応がよくなり7~8寸のイワナがテンポよく顔を出してくれる。
7月13日 真夏の三連休 007_1


二時間半ほど釣り上がった所で6匹キャッチして脱渓。


長かった渓での一日を終えて爽やかな高原の風を浴びながら宿へ。


到着して後片付けを済ませて再び温泉へ直行


下界とは違って気温20度と快適でのんびりと湯舟で温まった。


このあと宿から程近い馴染みのお店で夕飯を。いつもながらから揚げ定食をがっつりと…
7月13日 真夏の三連休 008_1


もちろんボリューム満点で超満腹に。


食後は宿に戻ると心地好い疲れから速攻で爆睡


後編へ続く
by rocky mountain  at 10:42 |  フィッシング |  comment (8)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

Author:rocky mountain
渓流シーズンは毎週のように信州や北陸の渓流に通い、のんびりとドライフライで釣り上がる。禁漁期間は一眼レフで信州の風景写真を撮ったり、温泉巡りや食探しに出掛けることが好き。また古きよきアメリカのヴィンテージ古着や小物の収集も好きな中年親父です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
8517位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
982位
アクセスランキングを見る>>