自分へのご褒美

すでに今年も今日が最後となり、早いものであっという間の一年となった


ちょっと遅くなったクリスマス?いやちょっと早いお年玉?そんな歳ではないが今シーズンたくさん釣った自分へのご褒美に…


数日前オークションに以前から欲しかったhardyのデッドストックが出品されていたので希望額を入札した。


しかし最後にはあっさり交わされ、予想を上回る落札額に諦めるしかなかった


すると数日後に出品者からの通知があり、落札者のキャンセルと次候補の辞退。


そしてまさかの自分に落札権利が訪れ、迷うことなく落札することにした。


そして届いたのはデッドストックのリール
12月31日 自分へのご褒美 001_1


英国製らしいボディの雰囲気とスプールの音がなんともいえない。


今シーズン終盤に患った右手の負担を軽減すべくhardy社最軽量のflyweightが欲しかった。
12月31日 自分へのご褒美 003_1


こいつを来シーズンから♯1とのセッティングでさらに多くのイワナ達と出逢いたいなぁ~
12月31日 自分へのご褒美 002_1


明日から新たな年となり、解禁もすぐにやってくる。


今年もこんなブログをご覧いただいた方々、そしてコメントを下さった方々、本当にありがとうございました。来年も変わらないブログですがよろしくお願いします。では皆様、良いお年を!
by rocky mountain  at 12:39 |  日常 |  comment (6)  |  trackback (0)  |  page top ↑

今年最後の旅 後編

霧ヶ峰をあとにして諏訪湖畔を通り、岡谷ICから長野道を北上して安曇野ICへ


高速を降りるとR19を長野方面へ向かい、まずは信州新町のそば信で昼食をいただく。
12月21日 今年最後の旅 031_1


新そばらしい香り豊かなそばを堪能し、ここからオリンピック道路で小川村から次の目的地に到着。


まずは松川大橋からの眺めに少し期待したが…
12月21日 今年最後の旅 032_1


これでは今日のアルプスも姿を現しそうもなく、駅前にできたpatagoniaのアウトレットに立ち寄ってみる。
12月21日 今年最後の旅 033_1


スキーや登山はもちろんフライフィールドとしても信州随一の立地を活かして先日オープンしたばかり。


今回は目の保養だけにしてこの地をあとに今度はR148を南下
12月21日 今年最後の旅 034_1


お隣の大町にある中山高原で初めてのスノーシューイングにチャレンジ。
12月21日 今年最後の旅 035_1


ここはおひさまのロケ地で昔はスキー場だったようだ。
12月21日 今年最後の旅 039_1


比較的高低差がない所でさらにはメジャーでないせいか、全くコース跡がないのでふかふかの新雪を歩きたい放題。
12月21日 今年最後の旅 036_1

12月21日 今年最後の旅 037_1


小一時間ばかりではあるが楽しんでから本日の宿 ごほーでんへ。
12月21日 今年最後の旅 038_1


チェックインを済ませると寒さに耐えきれず真っ先に大浴場に直行


やっと身体も回復したところで食事処で夕飯を。


こちらの宿はバイキング形式で、好きな料理を選んでお腹いっぱいに。


食後はお出かけするつもりが疲れ果てたみたいでいつしか爆睡


翌朝はまず大浴場へ。すると北アルプスが綺麗に見え、風呂から上がって宿の周辺を散歩。


赤く染まった常念岳はやっぱり安曇野のシンボル?
12月21日 今年最後の旅 041_1


さらに今日は爺ヶ岳や鹿島槍ヶ岳まで一望。
12月21日 今年最後の旅 040_1


北アルプスを常に眺めながらの朝の散歩は贅沢だなぁ~
12月21日 今年最後の旅 043_1


澄みきった空気と景色に癒され、宿に戻ってきたところで朝食を。


食事処からの眺めもよく、北アルプスを見ながらの食事。


食後は一息ついてからチェックアウトし、白鳥を撮りに宿に程近い御法田遊水地へ。
12月21日 今年最後の旅 047_1


到着してみるとたくさんの水鳥に混じって数羽の白鳥も餌を探している
12月21日 今年最後の旅 052_1

12月21日 今年最後の旅 055_1


だがいくら待っても飛行する気配がなく、半ば諦めムードだったその時、明らかに白鳥の鳴き声が聞こえた。
12月21日 今年最後の旅 054_1


とっさに池に目をやるとペアの白鳥が飛び立つ瞬間だった。


そしてレンズで追いかけがむしゃらにシャッターを切り続けた。
12月21日 今年最後の旅 050_1


それにしても動きのある被写体を撮影するのは難しく、またそれがいつあるのかわからないのだから…


またの機会に訪れたいという気持ちで今年最後の旅を締めくくって安曇野ICから家路へと向かった
12月21日 今年最後の旅 051_1


今回はあちらこちらと走り回った三日間だった。天候がいまいちながら楽しい時を過ごせた。


また来年も新たな信州の面白さを探していきたいなぁ~
by rocky mountain  at 19:37 |   |  comment (8)  |  trackback (0)  |  page top ↑

今年最後の旅 前編

今年も残すところあと十日となり、最後を旅を締めくくることにした。


早朝に出発して初日の目的地を目指し、スムーズな流れで諏訪ICに到着。


まずは諏訪温泉郷の大和温泉で温まることに
12月21日 今年最後の旅 001_1


この温泉はすごくお気に入りのお湯で、昭和のお風呂屋さんって感じのレトロな雰囲気。なにより入浴料が230円とリーズナブル!


エメラルドグリーンの硫黄臭がほのかに香り、しかも身体がヌルヌルする珍しい泉質。


ここでのんびりと長湯で温まってから次なる目的地へ。真っ白なビーナスラインを走って車山肩に到着。
12月21日 今年最後の旅 010_1


だが予報通り寒波の影響でどの雪渓も雲に隠れて姿を見せてくれない。でもなぜか富士山だけが…
12月21日 今年最後の旅 009_1

12月21日 今年最後の旅 004_1


これでは車山山頂へのスノーシュートレッキングも断念せざるを得ない
12月21日 今年最後の旅 008_1


諦めて被写体を探しながら宿泊先へ。
12月21日 今年最後の旅 005_1

12月21日 今年最後の旅 006_1


しかし一時間ほどで見る見る雪模様となり、ホワイトアウトで初日は早々と宿にチェックイン。


あとは温泉に浸かったりでまったりと過ごしたあと、食事処で山小屋らしい温もりのある夕飯でお腹いっぱいに。
12月21日 今年最後の旅 012_1


そして夜の撮影に期待して待ってはみるが、未だ小雪が舞っていて星を全く確認できない。


どうも今年のウインターシーズンは思い通りにならないようで、明朝に期待することにしてあっさり就寝


翌朝は早めに起床して一番風呂で温まってからご来光を求めて霧ヶ峰スキー場へ。


圧雪されたゲレンデのアップヒルを息切れしながらひたすら登った。


頂上に着くと富士が綺麗に朝焼けしていた
12月21日 今年最後の旅 013_1

12月21日 今年最後の旅 016_1

12月21日 今年最後の旅 021_1


だがご来光を期待した八ヶ岳連峰は分厚い雲に隠れ、さらには南・中・北アルプスに御岳と乗鞍も。


それでもゲレンデの上から見る雄大な風景はやっぱり素晴らしい。
12月21日 今年最後の旅 017_1

12月21日 今年最後の旅 020_1

12月21日 今年最後の旅 018_1


そしてこの景色に満足し、下りはソリでゲレンデを疾走


無事に下山して周辺を散策しながら宿へと戻った。
12月21日 今年最後の旅 025_1

12月21日 今年最後の旅 026_1

12月21日 今年最後の旅 027_1


このあと一息ついてから食事処で朝食を。
12月21日 今年最後の旅 028_1


お腹も満たされ食後は温泉で温もってから宿を出発し、富士見展望台に行くが変わることなく富士山の姿のみ。


仕方なく今回は車山山頂へのスノーシュートレッキングは諦めて新たな被写体を探し。
12月21日 今年最後の旅 029_1

12月21日 今年最後の旅 030_1


そして次なる目的地へと向かった


後編へ続く
by rocky mountain  at 14:54 |   |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

よりによって寒波到来

今晩は双子座流星群のピーク。だが今冬一番の寒波がやってきた。前日まではパノラマと流星群の撮影を楽しみにしていたが生憎の予報で直前に行先を変更。


早朝に自宅を出発して現地を目指す


やはり信州に入ると雪が舞い、路面もうっすらと白くなっている。


さらに県道に入った途端、完全にアイスバーン状態。


安全運転で峠を越えてまずはソルンテに到着。ここで相棒が依頼した物を受け取り、オーナー御夫妻が忙しい最中少しだけ世間話。


年内最後ということで簡単に挨拶を済ませ、お次はつきのわ商店へ移動して昼食を。


いつものランチプレートをいただきながら、ここでもママと世間話と年内最後の挨拶。
12月14日 よりによって寒波到来 001_1


お腹も満たされたところで今晩の宿泊地へ移動。どんな時でも落ち着くこの場所がやっぱり好きなんだなぁ~
12月14日 よりによって寒波到来 002_1


今日は残念ながら雪渓は見れそうにないが、それならこのパウダースノーを利用して…


今オフ初めてのスノーシューを履いて氷瀑した善五郎の滝までトレッキング。
12月14日 よりによって寒波到来 007_1


氷点下5度でも森の中を歩くとそんな寒さを感じることなく軽快に。
12月14日 よりによって寒波到来 008_1


そして一年ぶりの善五郎は完全な氷瀑とまではいかないが乗鞍岳の噴火によってできたまさに自然が生んだアート
12月14日 よりによって寒波到来 003_1

12月14日 よりによって寒波到来 004_1


この滝で折り返して再びスタート地点へ戻ったが、降り続く雪には勝てず予定より早く宿へ。


久しぶりに里帰りしたような気分でホッとした。


しばらくは部屋でのんびりとした時間を過ごし、今回の一番の目的となってしまった温泉で温まることに


まだこの地の寒さに身体が慣れていないようで硫黄の香りに癒されながら…
12月14日 よりによって寒波到来 010_1


身体の芯から温まったところで夕飯をいただく。


いつもと変わらない信州の幸でお腹いっぱいに。
12月14日 よりによって寒波到来 009_1


食後は僅かに期待していた天気の回復はないどころか突風で雪が横殴り状態。


流星群はまたの機会にと再び温泉でぽかぽかになってから眠りに就いた


翌朝も前日と変わらず大荒れの天候。


時折とんでもなく吹雪いていて外へ出掛ける気にもならない。


「まぁ~ こんな日もあるさ」と開き直り、湯舟に浸かっては上がりの繰り返し


こうして宿でまったりと過ごした後、また日を改めることにして宿を出発。


このあといつものルートではなく稲刻にある手打ちそば処 わたなべに立ち寄って昼食を。以前から通る度に気になっていて、やっと初訪問することができた。


初めてということもありもりそばを注文。こちらのお店も並が450円、大が550円とリーズナブル。さっそくいただいてみると香り豊かで喉越しもよい。とても美味しくいただき、再訪したいお店のひとつとなった。
12月14日 よりによって寒波到来 011_1


こうしておそばで締めくくり、サラダ街道からR19に出て、中津川ICから京都へと向かった


残念ながら当初の目的だったふたご座流星群の撮影は越年となってしまい、さらには二日間ともに吹雪に見舞われたためほとんど写真は撮れなかった。それでも現地で親しくさせてもらっている人達と話したり、お気に入りの温泉三昧で身体もリフレッシュできた。


でも次回はブルーバックのアルプスを拝みたいものだ!
by rocky mountain  at 12:22 |   |  comment (6)  |  trackback (0)  |  page top ↑

今年最後の紅葉見物

納車後の初ドライブと最後の紅葉を兼ねてマキノ高原へ


道中は雲に覆われ時々小雨が降る生憎の天候だったが現地に到着すると青空が顔を出す晴天。
12月8日 今年最後の紅葉 001_1


やや落葉はしたもののメタセコイヤ並木のアーチを走り抜ける爽快感を味わいながら何度も行ったり来たり
12月8日 今年最後の紅葉 009_1

12月8日 今年最後の紅葉 011_1

12月8日 今年最後の紅葉 010_1


そして今度は並木路をスナップしながらウォーキング。
12月8日 今年最後の紅葉 003_1

12月8日 今年最後の紅葉 006_1

12月8日 今年最後の紅葉 008_1



お昼前には多くのたくさんの人達で賑わい、これを機にマキノ高原温泉へ
12月8日 今年最後の紅葉 012_1


さらさの湯で久々の温泉を満喫してこの地をあとに。
12月8日 今年最後の紅葉 007_1


帰りに高島名物とんちゃん焼きで遅めのお昼をいただき帰宅の途に就いた
by rocky mountain  at 11:20 |  カメラ |  comment (8)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

Author:rocky mountain
渓流シーズンは毎週のように信州や北陸の渓流に通い、のんびりとドライフライで釣り上がる。禁漁期間は一眼レフで信州の風景写真を撮ったり、温泉巡りや食探しに出掛けることが好き。また古きよきアメリカのヴィンテージ古着や小物の収集も好きな中年親父です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
10224位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
1057位
アクセスランキングを見る>>