移動に次ぐ移動の食巡り

今年初めてAさんとの顔合わせとなり、久々に食をメインのお出かけに。


早朝にAさんのお迎えで郡上八幡ICへ


そこから雪のせせらぎ街道を走り、まずは高山でお決まりの国八食堂で昼食。


もちろん焼どうふとホルモンで二人して大満足。
1月25日 移動に次ぐ移動の食巡り 001_1


お腹も満たされたところで次の目的地に移動。


いよいよ解禁まで一ヶ月余りとなった蒲田川のチェック


するとすでにハッチが始まっており、あちこちで怒濤のライズ。しばらくAさんと水面に釘付け。
1月25日 移動に次ぐ移動の食巡り 002_1


今シーズンも蒲田の解禁を楽しみにするとし、こちらでお世話になる宿に寄って女将にご挨拶。


久しぶりの再会だが元気そうで「また今シーズンもよろしく!」と言って奥飛騨をあとに。


今度は安房トンネルを抜けて今晩の宿泊地の方面へ向かった


R158を松本方面へ向かっていると助手席から悪魔の囁きで島々のドライブイン赤松のそばが食べたいと言われて寄り道。
1月25日 移動に次ぐ移動の食巡り 003_1


超満腹で波田から北上して北アルプスと並走。
1月25日 移動に次ぐ移動の食巡り 004_1

1月25日 移動に次ぐ移動の食巡り 005_1


そしてAさんのリクエストで宿泊地を越えてさらに北上して白馬に到着。
1月25日 移動に次ぐ移動の食巡り 008_1


大出の吊り橋や松川大橋から長らく見ることがなかった白馬三山も曇天ながら姿を現していた
1月25日 移動に次ぐ移動の食巡り 006_1

1月25日 移動に次ぐ移動の食巡り 009_1

1月25日 移動に次ぐ移動の食巡り 011_1


僅かの時間だがぶらっとして初めての宿泊地である木崎湖へ。


いつもなら素通りしていた所なんで一度くらいはと…


もちろん初めてお世話になる木崎湖温泉 やまく舘に到着。


初訪問にも関わらず温かく迎えていただき、まずは疲れた身体を温泉でリフレッシュし、それから食事処で夕飯をいただいた。


リーズナブルではあるがボリューム満点で、予め苦手な物も変更いただきお腹いっぱいに。
1月25日 移動に次ぐ移動の食巡り 012_1


食後は長旅の疲れから二人でいびきの大合唱


翌朝は夜中に降った雨は上がったが、どんよりとした空に小雪が舞っている。


まずは食事の用意ができたところで朝食を。
1月25日 移動に次ぐ移動の食巡り 013_1


あとのことを考えてややセーブ気味にいただいた。


食後は朝風呂に浸かってさっぱりと


風呂から上がって荷物を纏めて宿を出発し、北アルプスパノラマロードで安曇野へ。


今日はまったく見えない北アルプスではあるが、今後に向けて撮影ポイントの開拓しながうろちょろと…
1月25日 移動に次ぐ移動の食巡り 014_1


このあとR158を走り、Aさんに稲核のわたなべを案内し、ここで昼食をいただくことに。
1月25日 移動に次ぐ移動の食巡り 015_1


この界隈で一番お気に入りとなったこちらのそばをAさんもかなり気に入ってもらえたようだ。


そして木祖村へ抜けて今度はR19をひたすら下手で名古屋に向かった


とどめは一宮の太田屋本店で味噌煮込みうどんを。
1月25日 移動に次ぐ移動の食巡り 016_1


岐阜から始まり信州を挟み、最後は愛知で食べ納めてとなった。


かなり食べ過ぎた食巡りを終え、一宮西ICから帰宅の途に就いた


また解禁も近づいて魚も確認できたし、少し釣りのテンションも上がってきた。でもオフにまったく巻いてなかったフライをそろそろ巻かなくては…
by rocky mountain  at 08:28 |   |   |  trackback (0)  |  page top ↑

寒波襲来で… 後編

翌朝は起床してまず窓を開けると一部が氷結した諏訪湖の向こうに山々が見え、晴天の期待をしながらまずは温泉で温もってから朝食をいただいた。
1月11日 寒波襲来で… 016_1


食後はすぐに宿を出発し、今回一番の目的でもある富士パラへ


現地に到着して往復券を購入してゴンドラに揺られながら…
1月11日 寒波襲来で… 019_1

1月11日 寒波襲来で… 040_1


ここで準備を済ませて入笠山山頂を目指して出発!
1月11日 寒波襲来で… 017_1


ここは多くの登山者で賑わっていて、道中も必ず視界に人が確認でき安心。
1月11日 寒波襲来で… 037_1


普段の運動不足からつぎ次々に先を越され、いつもとかわらずのんびりとかけ上がった。
1月11日 寒波襲来で… 018_1


山頂手前で急な登山道をクリアすると、そこに待っていたのは360度の大パノラマ
1月11日 寒波襲来で… 035_1

1月11日 寒波襲来で… 032_1

1月11日 寒波襲来で… 033_1


北に八ヶ岳連峰、南に甲斐駒ヶ岳をはじめとする南アルプスの山々。その間に富士と秩父連峰。南西に木曽駒ヶ岳を代表とする中央アルプス。御岳や乗鞍、北アルプスはやや雲に覆われ、全貌まで見ることはできなかった。
1月11日 寒波襲来で… 023_1

1月11日 寒波襲来で… 021_1

1月11日 寒波襲来で… 027_1



それでも僕の中で八ヶ岳三山と銘打った横岳や阿弥陀に赤岳は圧巻。
1月11日 寒波襲来で… 030_1


さらにあまり間近でみることがなかった甲斐駒ヶ岳や仙丈ヶ岳もド迫力。
1月11日 寒波襲来で… 028_1


こんな素晴らしい景色と出会え感無量
1月11日 寒波襲来で… 020_1


また訪れたいという想いで山頂をあとにした。


下山は楽チンで急斜面はソリを駆使しながらスムーズに。
1月11日 寒波襲来で… 036_1

1月11日 寒波襲来で… 039_1


ゴンドラ乗り場には行きの半分以下の時間で到着し、ゴンドラからも八ヶ岳や富士を眺めながら…


こうして冬山のスノーシューを満喫し、富士パラを出発して原村に立ち寄ったり、諏訪湖畔をぶらっとしてから宿に戻った。
1月11日 寒波襲来で… 041_1

1月11日 寒波襲来で… 042_1



やはり身体はかなりの疲労と冷えきってしまったようで温泉へ直行


やや高温の上諏訪の湯でじっくりと温まってから食事処で夕飯をいただいた。


連泊ということで配慮いただき、メニューもアレンジしてもらい満腹に。
1月11日 寒波襲来で… 043_1



その後は部屋でまったりと過ごし、登山疲労が堪えたのかいつしか就寝


翌朝はやや遅めの起床。先に朝風呂を浴びてから朝食を。
1月11日 寒波襲来で… 044_1


ごはんもしっかりいただいてから荷物を纏めて出発。


最終日は特に予定もなかったので、のんびり下手を走りながら…


そうこうしていると走りなれたR19に。


このまま帰るのもなんなんでちょいと寄り道してから中津川方面へ
1月11日 寒波襲来で… 045_1

1月11日 寒波襲来で… 046_1


そして中津川ICから三連休の渋滞もなくスムーズな家路となった。


寒波到来で心配した天気も非常によく、特に冬山登山はすごく感動した。


また新たなバージョンを探求し、素晴らしい景色と出逢いたいと感じた。
by rocky mountain  at 06:18 |   |  comment (8)  |  trackback (0)  |  page top ↑

寒波襲来で… 前編

今年最初の三連休にタイミング悪く寒波がやってくるようだ


それでも予報は悪くないので予定通り出発。


ただいつもお世話になる宿が満室で、宿の手配にてこずってしまい、仕方なく諏訪を拠点に動くことにした。


まずは諏訪ICを出てお気に入りの大和温泉へ
1月11日 寒波襲来で… 001_1


しっかり温もったところで霧ヶ峰に到着。
1月11日 寒波襲来で… 004_1


諏訪市街では真っ青な空に大パノラマを期待したが、ほとんどが雲に覆われていた。富士山と南アだけを眺めながらビーナスラインをアイスドライブ。
1月11日 寒波襲来で… 005_1

1月11日 寒波襲来で… 006_1


とりあえず原村の八ヶ岳自然文化園にあるHARAMURA菜園でランチタイム。


メインは若鶏ステーキのマスタードソース。最後にデサートのホットプディングも美味しくいただきお腹いっぱい。
1月11日 寒波襲来で… 008_1


このあと写真を目的にうろちょろして回るが特にいい被写体もないため、相棒の要望で八ヶ岳高原ラインで甲斐駒ヶ岳を眺めながら小淵沢方面へ向かった
1月11日 寒波襲来で… 009_1


目的地に到着してここでちょっとウインドショッピング。
1月11日 寒波襲来で… 012_1


気になるショップを見て回るが、いつも通り欲しいものもなく…
1月11日 寒波襲来で… 010_1

1月11日 寒波襲来で… 011_1


結局なにも買うことなく引き返すことに
1月11日 寒波襲来で… 013_1

1月11日 寒波襲来で… 014_1


こうして今晩からの宿泊地である諏訪の湖月舘にチェックイン。


このあと部屋で一息ついて温泉でリフレッシュしてから食事処で夕飯を。


具沢山の味噌鍋を汗だくで完食してお腹いっぱいに。
1月11日 寒波襲来で… 015_1


あとは部屋から諏訪の夜景を眺めつつ、明日の天候に期待していつしか眠りに


後編に続く
by rocky mountain  at 10:34 |   |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

信州詣 後編

二日目はいい意味で裏切られる天候となり、最初は乗鞍高原内でスノーシューハイクを予定したが、ちょっと欲張って野麦峠スキー場まで足を延ばすことに。


このスキー場は釣大好き様御用達で以前からゲレンデの素晴らしさは聞いていたが果たしてスキー目的でない我々にはどうなんだろうか?
1月2日 信州詣 031_1


到着して山頂までの二本分のリフト券を購入し、まずスカイライナーに揺られて標高1800m付近へ。さらにスカイラビットに乗り換え標高2000mを越える山頂へ。
1月2日 信州詣 019_1


リフトを降りていきなり絶景。右に穂高連峰、正面に乗鞍岳、左に御岳を一望
1月2日 信州詣 023_1

1月2日 信州詣 024_1

1月2日 信州詣 022_1


さらには新年早々運がよいのか遥か彼方に白山までが顔を見せてくれた。
1月2日 信州詣 018_1


この山頂から眺めがいいコースを選び、パウダースノーのダウンヒルをかけ降りる。常に3000mクラスの大雪渓を見ながら、時には深い新雪にコースアウト。すると鹿などの野生動物の足跡が至るところに…
1月2日 信州詣 020_1


真っ青な空と白い雪のコントラストが絶妙で、新鮮な風景が足を軽快にしてくれる。
1月2日 信州詣 027_1

1月2日 信州詣 028_1

1月2日 信州詣 026_1


一時間半ほどで中間地点にたどり着き、レストハウス樹海で昼食はカレーうどんで温まった。
1月2日 信州詣 029_1


ここで峠路の女将と久しぶりの顔合わせ。新年の挨拶から始まり、少しお話しをして出発。


すると山々のバックがグレーに変わっているではないか
1月2日 信州詣 030_1


まさかの変貌ぶりにちょっとがっくり。それでも間近に迫ってくる雄大な乗鞍岳を真正面に急なダウンヒルはソリを駆使して下山。


約4kmのコースだったが、特に上部は景色や雪質が抜群。


気持ちいいハイクにまた訪れたいと感じ、スキー場をあとに再び宿に戻った。


そしてすぐに温泉で疲れを。冷えて疲れた身体には最高の贅沢


風呂上がりは一息ついて食事処で夕飯を。


いつもながらの料理で満腹。
1月2日 信州詣 032_1


その後は部屋でまったりと過ごし、いつしか睡魔に襲われると夢の中へ


いよいよ最終日となったが、普段より遅めの起床で朝食を。


食後は朝風呂を満喫してから出発して高原内の梓水神社を参拝。
1月2日 信州詣 034_1


もちろん今シーズンの渓での安全と爆釣祈願をした


さらにお隣の集落へ移動して小安諏訪神社でも同じ祈願を。
1月2日 信州詣 035_1


このあと峠を越えて木曽路を南下し、ちょっと開田の木曽馬の里に立ち寄ってみる。
1月2日 信州詣 040_1


やっぱり今年の干支を鑑賞しないと…
1月2日 信州詣 036_1


しっかり木曽馬にご挨拶も済ませ、再び木曽路へ戻って中津川ICから帰宅の途に就いた
1月2日 信州詣 037_1


あっという間の三日間だったが幸先よく天気に恵まれ、あちこち走り回って素晴らしい景色に巡り会うことができた。
1月2日 信州詣 024_1


また信州での初詣と新年のご挨拶もでき、とても充実した正月の旅となった。
by rocky mountain  at 17:49 |   |  comment (6)  |  trackback (0)  |  page top ↑

信州詣 前編

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします


元旦は地元で正月を迎え、近くの神社へ初詣にも行ってきた。


もちろん信州にも初詣へ行かなければ…


ということで早朝に自宅を出発し、がら空きの高速で安曇野ICへ


この日はどの雪渓も眺められそうになく、ならば昨年末に続いて白鳥の飛行を。
1月2日 信州詣 005_1


今回は犀川白鳥湖に立ち寄ってみる。
1月2日 信州詣 003_1


年も明けてさらに白鳥も増えたが、待てど暮らせど羽根を広げることなく…
1月2日 信州詣 001_1


寒さに耐えながら待つこと二時間半。一向に飛行する気配はなくあっさり撤退


このあと安曇野市街で昼食を摂り、山手に移動して八面大王の足湯で温もることに。
1月2日 信州詣 004_1


それから旧梓川村へ向かい、大宮熱田神社を参拝した。
1月2日 信州詣 006_1


今年も無病息災と交通祈願の御守りを買い求め、さらには図々しくも爆釣祈願までしてから宿泊地へ。
1月2日 信州詣 008_1


またしても北アルプスを望めなかったので、初日は寄り道せず予定より早く宿に到着。
1月2日 信州詣 007_1


今年も恐らく一番多く訪れるため、ご主人と新年の挨拶を交わして湯舟へ直行
1月2日 信州詣 017_1


それから今晩は到着時間が読めず素泊まり予約だったんで、これまた今年も多々お世話になるであろうメープルへ。


やっぱりここではボリューム満点の唐揚げ、それにカレーをいただき超満腹。
1月2日 信州詣 009_1


再び宿に向かう頃、予報通り天気は回復し、綺麗なプラネタリウムの夜空。


久しぶりに手が届きそうな星達を目の当たりにすると、いつ行くの?もちろん今でしょ!と宿に戻って準備を済ませていつものポイントに。


残念ながら西の空に乗鞍岳を拝むまでには至らなかったが、冬を代表するオリオン座が一際鮮やかに輝いていた
1月2日 信州詣 010_1


極寒に耐えながら新年から流星の演出もあった。
1月2日 信州詣 011_1


これを機に撮影を終え、寒さから解放されることにした。


宿に戻ると一目散に温泉で十分に温もって、明日の晴天を願って眠りに就いた


早く寝たので夜明け前に起床し、窓を開けてみると満天の星空。


すぐに温泉で温まってからカメラ片手に朝の散歩。
1月2日 信州詣 013_1


氷点下13度と冷え込み、寒さで身が引き絞まる。そんな思いで朝焼けを眺めながら…
1月2日 信州詣 012_1


いつ以来だろうか?久しぶりに見る乗鞍岳の眺めに癒されながら今年も「お世話になります」と手を合わせた


野鳥の囀りをBGMに寒さも忘れてしばらく見惚れていた。
1月2日 信州詣 014_1


このあと極寒に耐えているであろうイワナ達の安否が気になった。


そして綿帽子を被ってプアな流れと化した渓にも手を合わせた
1月2日 信州詣 015_1


身体はすっかり冷えてしまったが、清々しさも感じながら宿に戻った。
1月2日 信州詣 016_1


すぐに温泉で感覚がなくなった手を元に戻し、簡単にトーストとコーヒーで朝食をいただいた。


部屋に差し込む日射しが眩しいくらい。この日の快晴を確信して、このあとの予定を相棒と打ち合わせするのだった。


後編に続く
by rocky mountain  at 12:41 |   |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

Author:rocky mountain
渓流シーズンは毎週のように信州や北陸の渓流に通い、のんびりとドライフライで釣り上がる。禁漁期間は一眼レフで信州の風景写真を撮ったり、温泉巡りや食探しに出掛けることが好き。また古きよきアメリカのヴィンテージ古着や小物の収集も好きな中年親父です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
10224位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
1057位
アクセスランキングを見る>>