一気に夏日の高原で 後編

昨晩は早く寝たが歳のせいか朝寝坊。


これで完全まったりムードで朝から温泉へ
5月30日 一気に夏日の高原で 023_1_1


のんびりと一時間ほど浸かってから渓に出撃。


遅めの到着にも関わらず釣人の姿はなく、前日のイブニング区間から釣り上がってみる。


時間的に遅かったからか反応はかなり少なめで辛うじて7寸弱のイワナのみ。
5月30日 一気に夏日の高原で 013_1_1


次の区間に移動したがここも状況は同じで一匹だけだったが、ラッキーにも昨日釣れなかった9寸ほどのイワナをキャッチ
5月30日 一気に夏日の高原で 014_1_1


だがこのあとまたしても工事で濁りはじめたので諦めて脱渓。


予定より早いが午前の釣りを終え、本日もつきのわ商店で昼食を。


久しぶりにネパールカレーをダブルでがっつりいただいた
5月30日 一気に夏日の高原で 015_1_1


食後はママとおしゃべりしながらゆっくり休憩。


充分に身体も休まり、午後からは上流部へ。


やはり上流域は釣人が多く、とりあえず空いてる所に入渓。
5月30日 一気に夏日の高原で 016_1_1


この時間帯は暑さもピークのようでイワナもかなりナーバス


ここでも一匹のみで堰堤に到着し、今度は上のバス停に入渓して釣り上がってみる。


ここでは唯一の反応をモノにして8寸オーバーのイワナをキャッチ。
5月30日 一気に夏日の高原で 017_1_1


こここまで四ヵ所の区間でズウボなないが全て一匹のみ


このあとイブニングまで休憩し、太陽が山に沈む五時半からスタート。


渓に立つと昨日はなかったおびただしいハッチが…


主だったのはオオマダラだがモンカゲもちらほら。そこで♯10のソラックスダンを結んで釣り上がることに。


するといきなり8寸オーバーのイワナをキャッチ。
5月30日 一気に夏日の高原で 018_1_1


明らかに反応はよくなり、お次は9寸ほどのイワナを追加。
5月30日 一気に夏日の高原で 020_1_1


徐々に活性も高くなり、28センチのイワナもキャッチ
5月30日 一気に夏日の高原で 019_1_1


ハッチのおかげで昨日よりさらに水面は賑やかで、一時間半ほどだったが7匹キャッチして納竿。


宿に戻って後片付けを済ませ、先に食事処で夕飯をいただく。
5月30日 一気に夏日の高原で 022_1_1



高原で採れた今が旬の山菜も美味しく、お腹も満たされたところで温泉へ


昼間の釣りで汗をかいた身体もさっぱり。


部屋に戻って釣具のケアをしながら翌日の予定を考えたが、二日間どっぷり釣りを楽しめたので準備を止めることにした。


その後はいつしか夢の中へ


翌朝は眩しい日差しで目覚め、雲ひとつない高原内を散策に。


鮮やかな風景を眺めたり、山菜狩りをしたりと…
5月30日 一気に夏日の高原で 028_1_1

5月30日 一気に夏日の高原で 026_1_1

5月30日 一気に夏日の高原で 027_1_1

5月30日 一気に夏日の高原で 030_3_1


清々しい朝の散策を終え、宿に戻って簡単に朝を摂り、荷物をまとめて宿をあとに


帰り道にとなり村でお昼を摂ってから友人宅を訪問しておしゃべり。


またお庭のクレソンを土産にいただき、いつものルートで帰宅の途に就いた


今回は平日を絡めて三日間を大好きな場所で過ごすことができた。


また二日間目一杯釣りを楽しみ、釣果も数・サイズとも満足できた。


あとはお気に入りの渓の水量が落ち着くのを待つだけだ。
5月30日 一気に夏日の高原で 024_1_1
by rocky mountain  at 16:56 |  フィッシング |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

一気に夏日の高原で 前編

今週は一日仕事を休んで三連休を取得。


前夜に自宅を出て目的地へと向かい、途中の道の駅で朝まで仮眠


明るくなった頃に目を覚まし、相棒を最寄りの駅で降ろしてから現地へ。


到着して準備を済ませて早速釣り上がってみる。


すると最初のポイントで幸先よく7寸ほどのイワナをキャッチ。
5月30日 一気に夏日の高原で 002_1_1


その後すぐに同型のイワナを追加し、平日はパラダイスなのかと…


だがそれからほとんど反応がなくなり、前方に目をやると先攻者の姿


後追いを避けてすぐに脱渓して移動してみると、ここでも最初のポイントで7寸ほどのイワナをキャッチ。
5月30日 一気に夏日の高原で 004_1_1


今度は期待できそうな気がした矢先、いきなり渓が濁流に変貌してしまう。
5月30日 一気に夏日の高原で 003_1_1


意味のない河川工事が始まったようで、車に戻って工事現場より上流へ移動。


上流部にまだ釣人はいないようでAさんが好きなバス停上の区間をチョイス。
5月30日 一気に夏日の高原で 005_1_1


するとすぐに幸先よく8寸オーバーのイワナをキャッチ
5月30日 一気に夏日の高原で 006_1_1


その後も飽きない程度に反応があり、7~8寸のイワナを二匹追加。


だが200mも上がってないくらいで上流から餌師が釣り下ってきた。


仕方なく脱渓して今度は工事現場のすぐ上から入渓。


しばらく釣り上がった所でまずは8寸弱のイワナをキャッチ
5月30日 一気に夏日の高原で 007_1_1


このあと反応はわずか三回だけだったが、その三つを全てキャッチして午前の部を終了。
5月30日 一気に夏日の高原で 008_1_1


ここで定番のお昼を食べにお店へ。


いつもの日替わりランチでお腹も満たされ、あとは休憩がてらお店でのんびりと…
5月30日 一気に夏日の高原で 009_1_1


午後からはお気に入りの渓が気になり、レンゲツツジが咲き始めた高原の宿へ。
5月30日 一気に夏日の高原で 029_1_1


先に荷物を降ろしてから渓をチェックしてみると雪代ガンガン


これでは釣りどころではなく、流されそうなんであっさり断念。


とりあえず水温は9度ちょいなんで水量が落ち着くのを待つことにし、今からならイブニングはできそうなんで再びさっきの渓へ。


余裕をもって到着したので太陽が沈むまで待ってからスタート。


やはりまだ早かったようで時間をかけてゆっくりと…


そして6時半くらいからスイッチが入り、静まりかえっていた水面が急に賑やかに
5月30日 一気に夏日の高原で 010_1_1


コンスタントにキャッチでき、留めは9寸弱のイワナを仕留め、これに満足してロッドオフ。
5月30日 一気に夏日の高原で 011_1_1


急いで宿に戻って相棒と合流し、高原内のメープルで夕食を。


お腹も空いて腹ペコだったんでボリュームある唐揚げをガッツリ食べて満腹に。
5月30日 一気に夏日の高原で 012_1_1


このあと宿に戻って温泉で汗を流し、部屋に戻ると極度の睡魔に襲われ爆睡


後編に続く
by rocky mountain  at 12:48 |  フィッシング |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

一気に盛期へ突入?

今週も引き続きホーム水系で。


夜明け前に自宅を出発して現地へと向かった


八時すぎに到着し、準備を済ませて入渓。
5月24日 一気に盛期へ突入? 001_1


まず水温を計ると11度と問題なし。


早速釣り上がってみるとしばらくしてまずは7寸ほどのイワナをキャッチ
5月24日 一気に盛期へ突入? 002_1


だがまだ時間的に早いのか反応もイマイチだが、なんとか同型のイワナを追加して脱渓。


とりあえず午前中にもう一区間をと移動。


一番お気に入りの区間をチョイスして釣り上がってみる。
5月24日 一気に盛期へ突入? 010_1


すると幸先よく最初のポイントで早くも一匹目をキャッチ
5月24日 一気に盛期へ突入? 003_1


さらに同ポイントで二匹目。


その後もここぞというポイントからは確実に反応し、8寸ほどのイワナと徐々にサイズアップ。
5月24日 一気に盛期へ突入? 004_1


今度は9寸ほどのイワナがロッドを絞り込んでくれた。
5月24日 一気に盛期へ突入? 007_1


さらにはちょいと男前な泣き尺までキャッチ
5月24日 一気に盛期へ突入? 009_1

5月24日 一気に盛期へ突入? 008_1



その後も8寸ほどのイワナばかりだが脱渓地点まで賑やかに水面を割ってくれた。


この区間だけで11匹キャッチし、先週とはガラッと変わっていた。


これで午前の釣りを終え、相棒とつきのわ商店でランチ。
5月24日 一気に盛期へ突入? 011_1


いつもながらママとおしゃべりしながらまったりと…


このあと相棒を先に宿へ送迎し、午後からは上流部で釣り再開。


すると一投目からいきなり9寸ほどのイワナをキャッチ
5月24日 一気に盛期へ突入? 005_1


その後もぽつぽつ反応はあるのだがいつものバラシ癖発生。


それでも8寸と9寸弱のイワナを追加して脱渓。


このあとイブニングに向けて移動し、少しだけつきのわ商店で休憩してから渓へ。
5月24日 一気に盛期へ突入? 013_1


特に目立ったハッチもない状況での釣り上がりでかなり反応が少ない。


辛うじて7寸ほどのイワナをキャッチしてイブボは回避したものの…
5月24日 一気に盛期へ突入? 012_1


その後は数少ないヒットもバラシばかり


特に活性が上がることなく脱渓地点に到着してイブは一匹のみで初日はロッドオフ。


宿に戻って後片付けを済ませ、先にお風呂で汗を流して夕飯を。
5月24日 一気に盛期へ突入? 014_1


お腹いっぱいになったところで部屋に戻ると間髪入れずに爆睡


すぐに寝たおかげで早く目覚め、まずは朝風呂で温まってからちょっと渓へ。


とは言っても自身が釣りをするのではなく、朝一から釣られている釣大好き様親子の見物に。


到着するといきなりロッドが弧を描いている釣大好き様の姿を目の当たりに
5月24日 一気に盛期へ突入? 015_1


状況を聞いてみるとすこぶる反応良好とのこと。
5月24日 一気に盛期へ突入? 017_1


状況も把握できたんで宿に戻って朝食を。
5月24日 一気に盛期へ突入? 018_1


ごはんもしっかり食べて相棒を残して渓へ。


前日よかった区間をチョイスして釣り上がってみると幸先よく7寸ほどのイワナをキャッチ
5月24日 一気に盛期へ突入? 019_1


だがその後は前日のような慌ただしさはなく、同型のイワナを三匹追加して昼前にロッドオフ。
5月24日 一気に盛期へ突入? 020_1


宿に待たせている相棒を迎え、後片付けを済ませて出発。


帰りに別の水系に移動された釣大好き様と合流して近くの道の駅でお昼をご一緒に。


今回の渓での情報交換などの話を交えながら…


食後はお別れして帰宅の途に就いた


今回は前回とは一転して暖かく、マイナスイオンをいっぱい浴び、気持ちよく渓を歩くことができた。
5月24日 一気に盛期へ突入? 021_1


さらにイワナ逹の活性も非常に高く、数・サイズとも満足な釣行となった。


今週末は三連休を取ったので釣り三昧だ!てなわけでそろそろ大好きな渓も気になるなぁ~
by rocky mountain  at 06:54 |  フィッシング |  comment (8)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ホーム水系はまだ早い?

いよいよ今シーズンもホーム水系で始動。
5月17日 ホーム水系はまだ早い? 011_1


深夜に出発して今回は単独で現地へと向かった


中央道のサービスエリアで別の水系に向かわれる釣大好き様夫妻とお会いし、高速を降りた所で朝マックをご一緒することに。


このあとお互いの健闘を誓い、お別れして快晴の中山道で現地へ。


八時半すぎには渓に到着し、さっさと準備を済ませて入渓。
5月17日 ホーム水系はまだ早い? 003_1


まずは気になる水温をチェックしてみると意外にも10度ちょい。


さらにはミドリカワゲラのハッチもぱらぱらと…


するとあっさり最初のポイントで7寸弱のイワナをキャッチ
5月17日 ホーム水系はまだ早い? 002_1


これはひょっとして爆るのか?なぁ~んて期待が膨らむ。


しかしそれは単に偶然だったのか、それ以降なんの反応もなく脱渓地点へ。


結局この一匹だけで午前の釣りを終え、つきのわ商店に移動してランチを。


今日の日替わりは山菜尽くしでタラの芽やウド、行者にんにくにワラビ。
5月17日 ホーム水系はまだ早い? 004_1


がっつり食べてお腹も満たされたところで再び渓へ。


まずはここでも水温を計ってみると、12度と先ほどよりさらに上昇


まだ五月なんで水量は幾分多いが、ベストに近い水温にまたも期待。
5月17日 ホーム水系はまだ早い? 005_1


するとしばらくして反応するも空振り。


このあともぽつりぽつりと反応するが空振り&バラシのみでキャッチにはいたらず脱渓。


再びつきのわ商店に戻って今度はおやつタイム。大好きなメープルトーストを食べながらママとおしゃべり
5月17日 ホーム水系はまだ早い? 006_1


そしてそろそろイブニングに備えて店をあとに入渓場所へ。


とりあえず釣り上がってみるが、まだ西陽が渓に当たって期待できそうもない。


ポイントを丁寧に叩いていくのだが…


そうこうしているとようやく陽も山に入るが反応は僅かに二回だけ。
5月17日 ホーム水系はまだ早い? 008_1


そろそろ辺りも薄暗くなりはじめ、フライも見にくくなった頃にようやくヒット。


最初の一匹から長かったがやっとこさ二匹目をキャッチ
5月17日 ホーム水系はまだ早い? 007_1


これを機に初日は終了して宿へ。


すぐに後片付けを済ませて先にお風呂でさっぱりしてから夕食をいただく。


なぜかいつもより量が多いようで超満腹。
5月17日 ホーム水系はまだ早い? 009_1


食後は部屋に戻るとソロということで速攻爆睡


翌朝は十分に寝たがすっきりとした目覚めではなかった。


やはり釣れなかったことが影響してのことなんで、今日は奮発して別の水系で釣ることを決意。


そうと決まれば先に出発の仕度をし、朝風呂で温まってから朝食をいただく。
5月17日 ホーム水系はまだ早い? 012_1


しっかり食べて宿をあとに目的地へと向かった


到着してさっさと準備を済ませて入渓。
5月17日 ホーム水系はまだ早い? 014_1


ちらほら水生昆虫も舞い、水量は落ち着いていい感じ。


するとしばらくしてまずは7寸弱のアマゴをキャッチ。


これを機に反応もよくなり、イワナやアマゴがコンスタントに顔を見せてくれる
5月17日 ホーム水系はまだ早い? 013_1


とりあえずこの区間で6匹キャッチとまずまず。


このあと下流の区間に移動して釣り上がってみたがプチプチ君の反応があるだけ。


区間によってムラがあるようなんで再び上流部に移動。


最初の区間と渓相が似た区間を釣り上がってみる。


ここでは幸先よくイワナをキャッチ
5月17日 ホーム水系はまだ早い? 015_1


だがこれが続かず脱渓。


ここで渓を変えて最後に少しだけやってみたが無反応だった。


これで二日間の釣りを終え、後片付けを済ませて帰宅の途に就いた


残念ながらホーム水系はイマイチで、これから少しづつよくなっていくだろう。今週末は水量も落ち着くはずなんで期待しよ
~っと!
5月17日 ホーム水系はまだ早い? 010_1
by rocky mountain  at 07:41 |  フィッシング |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

久しぶりの北陸

GWも終わって渓もそろそろ本格化?


予定していた信州の渓はまだ幾分水量が多いにも関わらず、前日に僅かな時間だがまとまった雨が降ったようだ。


現地の友人に聞くと少し水位が高くなったようなんで、今回は久しぶりに北陸方面でしかも初めての渓へ。


現地には八時すぎに到着し、まずは下流から上流まで渓相チェック


この時点で上流部に数名のフライマンを確認。きっとこの辺りが魚の多いエリアなんだろう。ただ水量はかなり乏しいようで、ヤマメが好む流速がかなり少ない。


ということでまずは支流が入り込む下流部をチョイスして釣り上がってみる。
5月10日 久しぶりの北陸 005_1


するとしばらくして対岸の反転流でヒット。


グッドサイズの手応えでロッドをグイグイと絞り込んだが無事にネットイン。


幸先よくまずは9寸ほどのイワナをキャッチ
5月10日 久しぶりの北陸 001_1


その後もすこぶる反応はよく、7寸前後のヤマメを中心に顔を出してくれる。
5月10日 久しぶりの北陸 003_1


蒲田のようなナーバスな魚も少なく、空振りやバラシもほとんどないまま、気持ちよく渓を釣り上がった。


午前中に予定していた区間を釣り終えるとあっさりツ抜けにも到達
5月10日 久しぶりの北陸 004_1


お昼は渓の畔の木陰でそよ風に当たりながら…


のんびりと休憩して午後の部は午前に脱渓した所から釣り上がってみる。
5月10日 久しぶりの北陸 009_1


気温も上がってやや汗ばむほどの陽気で、活性の低下も覚悟したが魚には関係ないようだ。
5月10日 久しぶりの北陸 006_1


やや緩流の瀬からも勢いよくヤマメが顔を見せてくれ、時折プールでライズにも遭遇するなど水面も賑やか
5月10日 久しぶりの北陸 008_1


山に陽が沈む頃には午後もツ抜けに到着。
5月10日 久しぶりの北陸 007_1


ただこのあとはなぜかやたらと高校生サイズがじゃれつき、フロータント処理が面倒になってきたのでロッドオフ。


7寸前後を21匹もキャッチと十分すぎる結果に満足して渓をあとに、高速の工事通行止めでひたすら下手で帰宅の途に就いた


来週末くらいはそろそろ信州の渓もよくなってほしいなぁ~
by rocky mountain  at 09:10 |  フィッシング |  comment (8)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

Author:rocky mountain
渓流シーズンは毎週のように信州や北陸の渓流に通い、のんびりとドライフライで釣り上がる。禁漁期間は一眼レフで信州の風景写真を撮ったり、温泉巡りや食探しに出掛けることが好き。また古きよきアメリカのヴィンテージ古着や小物の収集も好きな中年親父です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
8114位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
778位
アクセスランキングを見る>>