どっぷりホームで 後編

二日目は朝一の釣りは回避し、遅めの起床でまったり温泉へ
6月27日 どっぷりホームで 022_1


じっくり湯舟で過ごしてから出動。


昨日よかった区間に到着してみると一台の車が…


下流に入渓していることを期待して、一か八かここから釣り上がってみることに。
6月27日 どっぷりホームで 015_1


だが全く反応はなく時間だけが過ぎていく


昨日も最初は反応が薄かったのでと都合よく考え、さらに釣り上がってみる。


するとようやく初めての反応があり、待望の一匹目となる8寸ほどのイワナをキャッチ。
6月27日 どっぷりホームで 014_1


これを機にといきたいがまたしても沈黙が続く


引き返すか次の脱渓地点まで釣り上がるか迷ったが、一匹でも釣れてるので釣り上がることにした。


やはり先攻者が歩いた後なのか、その後も反応はほとんどない。


なんとか予定の脱渓地点に到着したが、竿抜けポイントで7寸ほどのイワナを追加したのみ。
6月27日 どっぷりホームで 021_1


ここで一旦宿に戻って簡単なお昼を摂り、相棒とこの近くにあるALICE DE CAFEで一休み
6月27日 どっぷりホームで 016_1


休憩後は午後の部を再開し、昨日悪かった支流へ。


昨日の区間より下流を釣ろうと入渓場所に到着してみるとここにも一台の車が…


タイミングよくその車の釣人が戻ってきたので少し状況を聞いてみた。


するとかなり上流まで釣り上がったらしく、時間がかなり経過しているようだ。ただし貧果だったようで、あまり期待せずに入渓。
6月27日 どっぷりホームで 020_1


早速釣り上がってみるとすぐに9寸弱のイワナをキャッチ
6月27日 どっぷりホームで 017_1


さらに次のポイントで連続ヒット!


今度は9寸ほどのイワナを追加。
6月27日 どっぷりホームで 018_1


このあとも通らずまでコンスタントにヒットが続き、ここでは8匹キャッチしてなんとかツ抜けに到達。
6月27日 どっぷりホームで 019_1



二日目はイブニングをせずにロッドオフとし、宿に戻って一日の疲れを温泉でリフレッシュ


さっぱりとしたところで夕飯をいただく。
6月27日 どっぷりホームで 023_1


お腹ぺこぺこだったため、がっつり食べて満腹に。


食後は雨の音を聞きながら部屋でのんびりと。


そうこうしている間にいつしか睡魔に襲われ就寝


最終日の朝は久しぶりに青空が顔を見せた。だが明け方まで雨は降り続いた。


微かな期待で渓まで散歩。


やはりかなりの増水で釣りどころではない。ただ野鳥のさえずりと木漏れ日に癒され宿に戻った。


朝の釣りを断念したのでのんびり朝風呂へ


お風呂から上がって簡単な朝を摂り、予定を変更して出発の準備を。


そして宿をあとに隣村で相棒を降ろし、雨で状況がよくなったであろう渓へ。


予想通り水量もやや増えたようで、上流部のバス停から釣りたかったが、すでに先攻者の車があったので、少し下流の区間から釣り上がってみる。
6月27日 どっぷりホームで 026_1


するとあっさり8寸弱のイワナをキャッチ。
6月27日 どっぷりホームで 024_1


さらにしばらくして今度は9寸弱のイワナ
6月27日 どっぷりホームで 025_1


その後もぽつぽつ反応があり、二匹追加して三日間を終えた。


相棒と合流して後片付けを済ませ、峠を越えた食堂でお昼ごはんを。


さらに道の駅でお土産も買い、いつものルートで帰宅の途に就いた


今回は平日を絡めた三連休の割には釣果はいまひとつだったが、梅雨の真っ只中にも関わらずたいした雨にも遭わずラッキーだった。


ただ全体的に渓の水量が乏しい状況なんで、梅雨が明ける前にある程度の雨が必要だ。
by rocky mountain  at 07:20 |  フィッシング |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

どっぷりホームで 前編

今月も一日休暇を取得して三連休。


三日間ホーム水系に浸る予定で前夜に出発。


日が変わった深夜に到着していつもの宿で温泉を頂戴してから朝まで仮眠


夜明けには目を覚まし、準備を済ませて入渓。
6月27日 どっぷりホームで 001_1


平日ということで普段以上に期待して釣り上がってみる。


だが朝一は期待とは裏腹に反応が少なく、一時間ほど釣り上がった所でやっと8寸弱のイワナをキャッチ。
6月27日 どっぷりホームで 002_1


その後もさほど活性はあがらなかったが、青空が広がり渓に光が差し込むと、一気にイワナ逹の反応がよくなった。
6月27日 どっぷりホームで 004_1

6月27日 どっぷりホームで 005_1


そして今日一のファイトで♯1を絞り込んでくれた泣き尺も顔を見せてくれた
6月27日 どっぷりホームで 007_1

6月27日 どっぷりホームで 006_1


最初はどうなることかと思ったが、後半はコンスタントにキャッチでき、16匹のイワナをキャッチして脱渓。
6月27日 どっぷりホームで 003_1


ここで相棒と合流し、お昼ごはんはチロルへ。


今日ももりそばと山菜のてんぷら、朴葉寿司に数種類の小鉢を。
6月27日 どっぷりホームで 009_1

6月27日 どっぷりホームで 008_1


どれも美味しくお腹いっぱいになったところで相棒を宿で降ろして昼からは別の支流へ。


久しぶりに訪れた渓だが果たして?開始早々から反応があり、なにやらよさげな雰囲気


だがそれも最初だけで極めて反応がない。


一時間以上釣り上がってようやく8寸ほどのイワナをキャッチ。
6月27日 どっぷりホームで 010_1


その後はやや反応も増えたが7寸弱と8寸弱を追加したのみで予定の脱渓地点に到着。
6月27日 どっぷりホームで 011_1


駐車スペースに戻ってイブニングはさらなる支流へ。


6時前に着いたが平日にも関わらず、すでに先攻者が二人も釣っている


それでも後追いで釣り上がるがスレた反応が何度かあっただけ。


7時にここを諦め、20分勝負で移動。


これが功を奏したのか9寸弱のイワナでイブボ回避
6月27日 どっぷりホームで 012_1


午後からは4匹だけに終わってしまい、大満足とはいかずに初日はロッドオフ。


急いで宿に戻り、後片付けを済ませ、夕飯はいつものメープルへ。


やっぱりここはボリューム満点の唐揚げ定食で。
6月27日 どっぷりホームで 013_1


超満腹になったところで宿に戻り、あとは一日の疲れを温泉で癒し、このあと部屋で横になるとすぐ爆睡


後編に続く
by rocky mountain  at 03:52 |  フィッシング |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

好釣のホーム水系でミーティング

今回はゴルゴチームと合同ミーティング。


京都からはAさんと深夜に出発し、途中サービスエリアで名古屋組と合流。一路現地へと向かった


明るくなりはじめた頃に到着し、準備を済ませて区間割り。


まず朝一は上流部に入渓し、釣り上がってみるといきなり反応。


さらに反応は続き、何度か空振りした後、まずは8寸オーバーのイワナをキャッチ。
6月21日 好釣のホーム水系でミーティング 001_1


その後もすこぶる反応は良好だが、なぜかやけにバラシが多い
6月21日 好釣のホーム水系でミーティング 002_1


それでも順順調調に追加していき、9寸弱のイワナも混じった。
6月21日 好釣のホーム水系でミーティング 003_1


ここで一旦みんなと合流したが、睡眠不足が祟ったAさんは宿へ。


このあと再び区間を変え、各々昼まで釣り上がった。


この区間も反応はよいのだが、なぜかさっきと同様リズムが悪い。
6月21日 好釣のホーム水系でミーティング 004_1


それでも気持ちよく9寸弱のイワナが♯1を絞り込んでくれた
6月21日 好釣のホーム水系でミーティング 006_1


予定通りの時間で脱渓。結果はツ抜けには至らず9匹で終了。


そしてつきのわ商店に集合し、ここで昼食をいただいた。
6月21日 好釣のホーム水系でミーティング 007_1


みんな午前中はまずまずの釣果。ゴルゴチームはこのあとイブニングに備えて宿でお昼寝。僕は別の水系に移動してみる。


この渓は一週間前に釣ったが、その時より水量は落ちている


するとしばらくして7寸ほどのイワナをキャッチ。
6月21日 好釣のホーム水系でミーティング 005_1


その後も順調に追加して7匹キャッチ。


きっと夏らしい陽射しが渓に当たる頃、水温が上がってもっとよくなるだろう。


一区間だけ釣り終えてイブニングのため再び朝の渓へ舞い戻った。


すると朝とは一転して釣人が多く、先週末と同じ区間を釣り上がってみる。


だが午前のような反応はなく、辛うじて9寸ほどのイワナをキャッチ
6月21日 好釣のホーム水系でミーティング 008_1


Aさんやゴルゴチームの区間は反応がよく、各々満足だったようだ。


こうして一日の釣りを終え、宿に戻って後片付けを済ませ、風呂でさっぱりしてから夕飯を。
6月21日 好釣のホーム水系でミーティング 009_1


釣り談義を交えながら食事をいただき、部屋に戻ると睡魔に襲われ我先に爆睡


翌朝は五時に起床したが雨模様。この天気でトーンダウン。ゴルゴチームは渓へ出動したが布団から出ることなく朝食までうだうだと…


そうこうしていると雨の中、気合いを見せたゴルゴチームも戻ってきたが、結果はあまり芳しくなかったようだ。


メンバーが揃ったところで朝食を。
6月21日 好釣のホーム水系でミーティング 010_1


お腹も満たされ出発の支度を済ませ、ゴルゴチームとここで別れ宿をあとに京都へと向かった


初日はフックアウトが多数あり、さらにイブニングは不発。二日目は雨で戦意喪失とやや消化不良となった。


でも今回集まった皆がまずまずの釣果だったのはなによりよかった。


今週末は三連休が取れたんで、なんとか好天であってほしいなぁ~
by rocky mountain  at 19:54 |  フィッシング |  comment (8)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ついにお気に入りの渓へ


今週末は梅雨の中休みで雨の心配もなく、満を持して今シーズン初となる一番好きなホーム水系へ。
201406161240171d4.jpg


深夜に宿に到着して温泉で温まってから朝まで仮眠


夜明けに目を覚まし、準備を済ませて入渓。
20140616123642915.jpg


あまりの水の冷たさに水温を計ってみると8度と微妙。さらに水量はまだかなり多いが、川通しできそうなんで釣り上がってみる。


するといきなり最初のポイントで反応したが空振り。それでもほっと一安心。


このあとしばらくして待望の一匹目は8寸弱のイワナ
20140616123608f03.jpg


これを機にコンスタントにヒットしてくる。
20140616123711cd0.jpg


二時間ほど反応は続いたが、突然魚の気配がなくなってしまう。


まさか頭ハネ?と不安を抱きながらさらに二時間ほど釣り上がると前方に予想通り餌師の姿


仕方なくすぐに脱渓して別の区間に移動。


早速釣り上がってみるとあっさり8寸ほどのイワナをキャッチ。
20140616124036103.jpg


すると面白いように反応してくれ、9寸ほどのイワナも混ざった
20140616124059be6.jpg


気持ちよく釣り上がって、午前は15匹キャッチとまずまず。


ここで午前の釣りを終え、相棒と合流して少し早めの昼食。


高原内にあるレストハウス チロルへ。


この店一押しのもりそばと山菜の天ぷらをいただく。
20140616124234c93.jpg


他に山菜の小鉢もいっぱいでどれも美味しくお腹いっぱい。
20140616124132b1f.jpg


このあと相棒を宿に送り、釣大好き様がいる隣村の渓へ


日中ということで釣りは厳しいため、まったりムードでコーヒーをご馳走に。


釣大好き様は朝から尺を交えて絶好釣のようだ。


そこでイブニングまでの調整に少しだけドピーカンの釣りを敢行。


だが厳しい洗礼を受けることに


仕方なく再びロッドを置いてまったりと…


早上がりの釣大好き様だけ5時から渓へ。自分は6時スタートなんでさらにのんびり休憩。


そろそろ渓へと思った時、釣り上がってきた釣人の姿を発見


仕方なく予定していた区間を諦め、先ほど厳しい洗礼を受けた区間をチョイス。


6時に入渓して釣り上がってみると、しばらくして7寸ほどのイワナをキャッチ。
20140616124419c13.jpg


ここから怒涛のヒットとなり、日中は何処に居たんや状態。
20140616124403761.jpg


釣果は9寸弱を筆頭に7匹キャッチ
2014061612425518d.jpg


大量のヒゲナガが飛び始めた7時すぎに満足してロッドオフ。


急いで宿に戻って後片付けを済ませ、温泉でさっぱりしてから夕飯をいただく。


お腹も満たされ部屋に戻ると疲労度MAXで即爆睡


翌朝は少し寝坊し、急いで準備を済ませて渓へ。
201406161258000b4.jpg


予定していた入渓場所に到着してみるとラッキーにも釣人の車はないのでここを釣り上がってみる。
2014061612432212b.jpg


しかしここぞというポイントでも全く反応なし。


先攻者はいないはずなのにそんな時間が続いたため、水温を計ってみると放射冷却の影響からかまさかの7度


こうなったら水温の上昇に期待してのんびりと…
20140616124341b25.jpg


二時間ほど生命感ゼロが続いたが、ついに待望のファーストヒット。なんとかズウボ逃れとなった8寸弱のイワナ。
20140616125842996.jpg


するとこれが爆発の序幕となりラッシュ突入
20140616125909dfc.jpg


最初の脱渓地点までヒットは続き、タイミングよく8寸オーバーをキャッチ。
201406161259491b6.jpg


一時間ほどだが8匹のイワナに癒され、これを機にティペットからフライを外した。


これでうしろ髪を引かれることなく、満足感いっぱいでロッドオフ。
20140616130002670.jpg


宿に戻って後片付けを済ませ、最後は温泉でリフレッシュ


さっぱりしたところで宿を出発。


お腹も減ったんで帰りにやぶはら食道に立ち寄って昼食を。


こうして二日間の旅を満喫し、また暑い京都へと向かった


ついに今年も大好きな高原での釣りが始まった。まずはたくさんのイワナ逹の生息も確認できて一安心。


早いもんで今シーズンも半分が終わったが、これからが自分にとって一番楽しい季節。夏が楽しみだぜぇ~い!
by rocky mountain  at 17:07 |  フィッシング |  comment (6)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

Author:rocky mountain
渓流シーズンは毎週のように信州や北陸の渓流に通い、のんびりとドライフライで釣り上がる。禁漁期間は一眼レフで信州の風景写真を撮ったり、温泉巡りや食探しに出掛けることが好き。また古きよきアメリカのヴィンテージ古着や小物の収集も好きな中年親父です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
10224位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
1057位
アクセスランキングを見る>>