まだまだ極寒

ついに一月も残すところ一日で、シーズンまで一ヶ月ほどとなった。


オフのお出かけは最後かも?というわけで早朝に自宅を出発。だが予報は回復傾向にあるものの、すっきり快晴とはいかずに現地の方面へ。


予定していた目的地を断念して馴染みのある所に変更。昼前には到着してまずはalice de cafeでランチング。


薪ストーブの側でピザのちケーキセットをいただきながら漫画を読んだりしてまったりと…
20150201093741007.jpg

20150201093815c3b.jpg


それからどんよりとした空からちらつく雪の中、運動がてらスノーシューに履き替えてトレッキング。
1月31日 まだまだ極寒 001_1


かなり殺風景で景観を楽しむことはできないが、日頃の運動不足解消を目的にいがやからスタート。
1月31日 まだまだ極寒 002_1


かなりのアップヒルに息を荒らげながら、多くのすれ違う方々と挨拶を交わした。
1月31日 まだまだ極寒 004_1


一ノ瀬園地で折り返し、復路は下りで楽々帰着。
1月31日 まだまだ極寒 003_1


そして宿に到着して温泉でのんびりと…


このあと食事の準備もできたようで夕飯をいただく。
20150201093756b71.jpg


食後は疲れはてていたのか早々と爆睡。


翌朝起床して温度計を見ると氷点下15度とかなり冷え込んだ。これはひょっとして長らくお目にかかってない乗鞍のモルゲンロートを見れるかも?とちょっと期待して外へ出るも叶わず。


こうなるとまずは朝風呂でじっくり温まることに。だがあまりの寒さで一時間以上浸かってしまった。
20150201093653624.jpg


このあと荷物を纏めて宿を出発し、早めのお昼を奈川の福伝で。


この寒さで無性に食べたくなったとうじそばを。
20150201111539550.jpg


もちろん〆のおじやもがっつりいただく。
201502011116140fe.jpg


食後は峠を越えてR19を南下して恵那市へ。


こちらも風は冷たく寒さは厳しいが、天気はよいのであちこち散策。


ここで農村景観日本一と言われる岩村町の展望台へ行ってみる。
1月31日 まだまだ極寒 006_1


たしかにふるさとを口ずさみたくなるのどかな風景。
1月31日 まだまだ極寒 005_1


次に明智町と恵那市を結ぶローカル線の明智鉄道がこの農村風景の中を走っているようで移動。
1月31日 まだまだ極寒 007_1

1月31日 まだまだ極寒 008_1



最後は明智町の日本大正村を見学。
1月31日 まだまだ極寒 010_1


まさに大正時代にタイムスリップしたかのようなレトロな雰囲気。
1月31日 まだまだ極寒 009_1

1月31日 まだまだ極寒 014_1



1月31日 まだまだ極寒 012_1

1月31日 まだまだ極寒 013_1


そんな街並みを散策して帰宅の途に就いた。
1月31日 まだまだ極寒 015_1

1月31日 まだまだ極寒 016_1

1月31日 まだまだ極寒 017_1


どうも昨シーズンから乗鞍とは相性が悪く、ずっとお目にかかれない日が続いている。


次回は渓シーズンに訪問を予定しているが、その頃には雄大な姿を見せてほしい。
by rocky mountain  at 11:34 |   |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

新春の富士巡り 後編

昨日は富士五湖のうち四つの湖は巡ったが、今日は最後に残された湖に立ち寄ってみる。


千円札に描かれた本栖湖。
1月10日 新春の富士巡り 024_1


運よくグランドスラム?を達成して峠を越えて甲府からR20で富士見町へ。


その途中で北杜市にある身曽岐神社を参拝。
20150112072540b04.jpg

20150112072558fbf.jpg



このあと富士見町へ入ったが、どこも分厚い雲に覆われている。


予定では富士見パノラマリゾートから入笠山の頂を目指すはずだったがこの日は見送ることに。


仕方なく本日宿泊の原村に向かい、蓼科自由農園内の808でランチを。
2015011207250299f.jpg


八ヶ岳や南アルプスの視界は完全になくなり、雪まで降り出したので食後は蓼科温泉郷へ。
201501120718002c4.jpg


時間に余裕ができたので小斎の湯で温まることに。
20150112071823241.jpg


こんな日は雪見露天風呂でまったりと…
2015011207185288e.jpg


さらに内湯でしっかり温まってから原村へ向かった。


宿に到着してこのあとは夕飯をいただき、天体撮影は無理なんでのんびり寛いだ。


そしていつしか眠りに。


翌朝は天気も回復したが遠くに富士山だけが見えるだけで、八ヶ岳や南アルプスは雲に覆われている。


天候よければ昨日予定していた入笠山へも考えたが…


仕方なく今回は断念して簡単な朝食を摂ってから宿を出発。宿の近くでお土産を買ってこの地をあとに。
1月10日 新春の富士巡り 025_1


帰り道は茅野市から杖突峠を越えて伊那ICから京都へと向かった。


結果的に山梨では天気もよかったが長野はよくなかった。今回は富士山だけは常に顔を見せてくれたのでよしとしましょう!
1月10日 新春の富士巡り 005_1


でもこの冬は信州の雪渓がご機嫌ななめ。次回こそは顔を見せてほしいものだ。
by rocky mountain  at 13:50 |   |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

新春の富士巡り 前編

今回も寒波到来となってしまったが、現地の予報がよかったので予定通り出発。


二年振りの新東名で御殿場ICへと向かった。


東へ進むに連れどんどん天気もよくなり、静岡からは富士山を眺めながらのドライブ。
201501102135257f9.jpg


高速を降りてからはR138で山中湖に到着。
1月10日 新春の富士巡り 002_1


まずまず天候にも恵まれ、あちこちから富士を拝んだ。
1月10日 新春の富士巡り 006_1


まずは忍野八海と富士山。
1月10日 新春の富士巡り 003_1

1月10日 新春の富士巡り 004_1


スプリングクリークの桂川忍野地区。その中でも屈指の人気スポットでもある自衛隊裏。オフでもたくさんのトラウト達がライズを繰り返していた。
1月10日 新春の富士巡り 007_1


河口湖北岸の大石から望む富士。
1月10日 新春の富士巡り 009_1


自分が唯一知る西湖からのビュー。
1月10日 新春の富士巡り 011_1


西湖から精進湖へ向かう途中、通りがかりに見つけた西湖樹氷祭り。
1月10日 新春の富士巡り 012_1

1月10日 新春の富士巡り 013_1


そして宿泊地の精進湖から夕暮れの富士。
1月10日 新春の富士巡り 015_1


これらのスポットで撮影を楽しんでから今宵の宿 樹海荘へ。


初めての宿だったがすごく感じのいい女将に迎えられた。身体も冷えきっていたのでお風呂で温まってから夕飯をいただく。
20150110213507040.jpg


お腹も満たされ部屋で一息ついて宿から程近い精進湖畔に。この時間でも多くの写真家が湖岸を陣取っていた。すかさず自分も間に入らせてもらった。


日中は湖面が波立って逆さ富士とはいかなかったが、夜は穏やかで富士はもちろん星まで映り込むほどの凪。
1月10日 新春の富士巡り 016_1


寒さを忘れるくらいに綺麗な夜空の富士山を撮影。
1月10日 新春の富士巡り 018_1


あまり長時間は相棒に申し訳ないので適当に切り上げて宿に戻った。


このあとは疲れ果てて間もなく爆睡。


翌朝は明るくなり始めた頃に目覚めて急いで湖畔へ。


すでにずらりと並んだ三脚群。なんとか割り込ませていただき、自分も初日の出観賞&撮影。
1月10日 新春の富士巡り 019_1


徐々に明るくなり富士山の東の裾野からライジングサン。
1月10日 新春の富士巡り 022_1


雄大な富士に感謝して宿に戻って朝食を。
201501110844528f7.jpg


しっかりいただいて宿をあとに次の目的地へと向かった。


後編に続く
by rocky mountain  at 09:28 |   |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

2015年も無事に始動!

新年明けましておめでとうございます。


旧年中は当ブログをご覧いただきありがとうございました。2015年もシーズン中はフライフィッシング、オフはカメラ中心のブログですがよろしくお願いします。


というわけで今年第一弾の旅は一年で二番目に多く過ごすであろう所へ初詣と新年の挨拶を兼ねて向かった。


早々からいきなり大荒れの天候となったが、中津川ICからR19とR148で北上し続けた。
20150101201101e94.jpg


出発した時からちらほら雪が舞い、長野県に入ると本格的な雪に見舞われ、昨年地震被害があった白馬村は吹雪状態。
2015010120104565e.jpg


まだまだ豪雪地帯故に完全復興とはいかないが、ウインタースポーツ目当ての人々がたくさん訪れ、本来の白馬を取り戻しつつあるようで少しだけだが安堵した。


それから今年も大宮熱田神社を参拝。この地で楽しく過ごせるよう祈願した。
20150101201122e0b.jpg


このあと第二の故郷のようにお世話になっている宿に到着。


ご主人と久しぶりの再会を果たし、新年の挨拶を交わして温泉直行。


極寒だった一日で冷えきった身体をじっくり温めてから夕飯を。
20150101201217d03.jpg


お腹も満たされたところで、初日は疲れ果てて早々と就寝。


二日目の朝は天気もやや回復したようだ。まずは朝風呂でしっかり温まってからモルゲンロートに期待して出発。


しかし残念ながら雲に覆われ敢えなくジ・エンド。期待した写真を撮ることはできず、無念のリタイアで宿に戻った。
1月1日 2015年も無事に始動! 002_1

1月1日 2015年も無事に始動! 003_1



それからは正月らしく部屋でまったりと過ごし、お昼はチロルで年越しならぬ年明けそば?を。
20150102170101d53.jpg


この時期らしい香り豊かなそばをいただき、昼からは今オフ初めてのスノーシュートレッキング。
20150102170558dec.jpg


森の中をパトロールしていると、こんなに寒くても木の実を食べてるサルもいれば、雪山を駆け巡るウサギらしき足跡も発見。
1月1日 2015年も無事に始動! 006_1

1月1日 2015年も無事に始動! 015_1


前日に降った雪がパウダーでふっかふか。
1月1日 2015年も無事に始動! 014_1

20150102170117af4.jpg


そして善五郎の滝に到着。
1月1日 2015年も無事に始動! 013_1


今冬はかなり冷え込みが強いはずなのだが、なぜか完全に氷瀑せずに勢いよく流れている。
1月1日 2015年も無事に始動! 010_1

1月1日 2015年も無事に始動! 007_1

1月1日 2015年も無事に始動! 011_1


それでも自然が生み出す氷のアートはお見事!
1月1日 2015年も無事に始動! 012_1

1月1日 2015年も無事に始動! 008_1

1月1日 2015年も無事に始動! 009_1


この滝を眺めて折り返したが、復路はコースアウトして新雪の上を。


天候を考慮して僅かな時間だったがスノーシューイングを楽しみ、風雪が強まり出したのを機に急いで宿へ戻った。


このあとは再び温泉で温まったりしてのんびりと過ごした。
2015010217003144b.jpg


そしてこの日の夜は外食を予定していたので、今年もこちらを訪れた際はお世話になるメープルへ。


いつもと変わらないボリューム満点の定食でお腹いっぱいに。
20150102203334d6f.jpg


食後は宿に戻って温泉でしっかり温まり、あとは部屋で寛ぎながらいつしか眠りに。


いよいよ最終日の朝を迎えたが、晴れてはいるものの大雪渓は雲に隠れ、お目にかかることは次回に持ち越し。
1月1日 2015年も無事に始動! 004_1


結果的には温泉三昧の三日間となり、宿をあとに隣村の友人宅に立ち寄る。


新年の挨拶をして渋滞覚悟で帰宅の途に就いた。


珍しく正月三が日が大寒波で大荒れとなってしまった。おかげでほとんど里帰り気分で宿にべったりだった。
1月1日 2015年も無事に始動! 001_1


いよいよ新たな年がスタートした。二ヶ月後には渓流シーズンも開幕する。


今シーズンも昨シーズンと変わらず事故なく充実した一年であってほしいものだ。
by rocky mountain  at 17:54 |   |  comment (6)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

Author:rocky mountain
渓流シーズンは毎週のように信州や北陸の渓流に通い、のんびりとドライフライで釣り上がる。禁漁期間は一眼レフで信州の風景写真を撮ったり、温泉巡りや食探しに出掛けることが好き。また古きよきアメリカのヴィンテージ古着や小物の収集も好きな中年親父です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
10224位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
1057位
アクセスランキングを見る>>