せせらぎの渓

ここ数日の夏日で渓も一気に本格化のはずが、今年はどこも水の引きが悪く選択に苦しむ。


ならばAさんと昔よく通った清見界隈をチョイス。


先に相棒と高山駅前で別れ、再びせせらぎ街道で川上川へ。


GWということで釣人の車も多いが、まずは中流部のトンネル付近から入渓。
20150430080401392.jpg



するといきなり反応があったが空振り。


それでも反応があったことでモチベーションを保って釣り上がる。だがその後は生命反応がない時間が続き、一時間ほど後にやっと7寸ほどのヤマメをキャッチ。
4月29日 せせらぎの渓 001_1


このあとすぐに増水で通らずの淵に出くわし、仕方なく脱渓して上流部に移動。


しかしどこも釣人だらけ。仕方なく先にお昼を済ませてから空いている区間を見つけて釣り上がってみる。
4月29日 せせらぎの渓 004_1


するといきなり反応するもバラシ。この直後に7寸弱のヤマメをキャッチ。
4月29日 せせらぎの渓 002_1


さらに同じポイントで9寸弱のイワナを追加したが、写真はご遠慮とばかりに撮影拒否して逃亡。


その後は水温上昇で少し反応がよくなり、コンスタントにヒットするもバラシが目立つ。


それでもぽつりぽつりイワナやヤマメをキャッチ。
4月29日 せせらぎの渓 003_1

4月29日 せせらぎの渓 005_1


時間も4時を過ぎたのでイブに備えてポイントを見て回るが、入りたい所はすべて釣人の車ありであっさり諦めて移動。


監視員の話ではお隣の小鳥川は未だ増水で雪代も入っているらしいが、Aさんとよく通ってど素人の自分でも遊べたこの川を見たくなり訪渓。


しかし高速道路の建設によって変貌した流れは当時の面影がなくなっていた。ただ村の雰囲気は当時のままで、Aさんとの思い出に浸ってしまった。


水量が多かったこともあり、結局竿を振ることはなかった。このまま6匹と中高生数匹で終わり、後片付けを済ませて高山市街の宿泊先へ。


そこで相棒と合流して夕飯は一ヶ月ぶりの国八でがっつりと…
201504300804259e6.jpg


お腹いっぱいでホテルに戻り、温泉でさっぱりすると早々と就寝。


翌朝は遅めの起床で朝風呂&朝食を済ませて出発。


二日目は逆にせせらぎ街道を郡上方面へ。


まずは初日に釣った川上川だが、この日は平日なんで至る所で工事。川は濁りが酷くて釣りにならない。


結局釣りになるエリアは最上流までカフェオレ状態なんで峠を越えて今度は馬瀬川。


だがここも数ヵ所の災害復旧工事と銘打って作業しており濁流。


いささか不信感を持ちながら最後は郡上の渓しか残されておらず、本流と幾つかの支流を釣ってはみるがなんの反応もなくジエンド。一昔前は生命感もあたんだけどなぁ~
20150430212119ff1.jpg


というわけで潔く諦めて後片付けを済ませ、平日ということもあり関ヶ原まで下手を使って帰宅。


すぐに始まる自身のGWも路頭に迷いそうだ。さて何処へ行けばよいのだろうか?


それにしても四月は例年になくストレスだらけの釣りだった。五月からはこのスランプを脱出して気持ちよく渓を歩きたい。
by rocky mountain  at 07:17 |  フィッシング |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

春らしい陽気に誘われ

今週初めにこの時期とは思えない大雨でまたもや各地の渓は大増水。


その後ようやく晴天が続き、昨日からは気温も一気に上昇。


だがまだ水が多いのは覚悟の上で陽気に誘われ出発。
4月23日 春らしい陽気に誘われて 002_1


お昼前に渓に到着したが、やはりかなり水が太い。


それでもダメ元で数少ない緩流を狙って釣り上がってみる。予想通りなんの反応もないまま一時間半。


仕方なく脱渓して遅めのお昼を。


このあと水量が先の渓より落ち着いているであろう所へ移動。


すると読みが的中でこれなら渓歩き可能。
4月23日 春らしい陽気に誘われて 003_1


早速釣り上がってみるとしばらくして高校生サイズのヤマメ。


さらに再び同型をキャッチ後、今度はまともな7寸ほどのイワナ。
4月23日 春らしい陽気に誘われて 001_1


このあとぽつりぽつりまずまずのヤマメをヒットさせるがことごとくすべてバラシ。


ということで結局あのイワナのみで終了。このあと平日であるが近郊の宿に空きがなく、まさかまさかの車中泊をする羽目に。


日帰り温泉と夕飯を求めて車を走らせ、どちらも済ませて道の駅で寝袋の中へ。


翌朝も目を覚ますと快晴。まずはお湯を沸かし、コーヒーとパンで朝食を。

このあとどうしようか思案し、結局このエリアと別れて大移動。
201504242006364fe.jpg


下手を走って到着してみると未だ大増水。敢えなく移動を強いられ
る。


だがこちらも同様にかなり太い流れ。
20150424200558578.jpg


ならばと少しだけ自然の恩恵を受けて山菜をば…
20150424200617052.jpg


そしてここでお昼にカップ麺でお腹を満たしてからまたまた大移動。


到着するとやっと渓を歩けそうな水量なんで一番よさそうな区間を釣り上がってみる。
20150424200532680.jpg


しばらくして中学生サイズのアマゴ。


しかしあとが続かず諦めようかと思った時、バシャッと水面を割れたが痛恨のバラシ。


これでモチベーションが保て、さらに釣り上がってみると、ズウボ回避のアマゴをキャッチ。
20150424200506fa9.jpg


これで満足してロッドオフ。後片付けを済ませ、帰宅の途に就いた。


これだけ初夏のような暑さが続いているが、以前の雨の影響でまだまだ水量は多いようだ。


なんとかGWには水も落ち着いてほしいと願う。しかしこの状況でよく二日とも一匹でも釣れたなぁ~


でも走りすぎて疲れた果てたぞ!
by rocky mountain  at 20:11 |  フィッシング |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

桜前線北上中

なんということだ!春なのにまるで梅雨時のように連日の雨。


各地の河川は雪代も含む大増水で激流と化した。


今週は竿を振ることすらできそうもなく、久々の信州で桜の花見旅となった。
4月17日 桜前線北上中 043_1


桜と渓の状況を確かめるため松本市街を流れる薄川を見に行くと、桜は早くも散りはじめた上、渓もこの時期らしからぬとんでもない増水。


というわけで近くの松本城へ。
4月17日 桜前線北上中 003_1


何度も来ているが桜の季節は初めて。ただ少し遅かったようだが…
4月17日 桜前線北上中 005_1


でもやっぱりお城には桜が似合うなぁ~
4月17日 桜前線北上中 004_1


このあと波田町に移動して安養寺の垂れ桜を。
4月17日 桜前線北上中 006_1


多くのカメラマンに混じって自身もシャッターを切った。
4月17日 桜前線北上中 008_1

4月17日 桜前線北上中 010_1


このあと上高地方面へ向かい、初訪問のグリンデルで昼食を。


知人がお薦めのざるそばと天ぷらの盛り合わせをいただく。
20150419073326b06.jpg

201504190733133d3.jpg


そして食後は慣れ親しんだいつもの地へと向かった。


到着してみるとちらほらだが春を感じるものがあちらこちらで目に留まる。
4月17日 桜前線北上中 011_1


だが渓はというと雨により少し雪代も出始めてはいるが、雪が解けて本格的な全開はまだこれからのようだ。


なんせこの日は陽が射したと思ったら急に雨が降ったりと天候も不安定なんで早めに宿へ。


あとはロングドライブの疲れもあり、温泉に浸かったりしながらまったりと…


それから夕飯は外食だったのでいつもながらのメープルで。


唐揚げと山賊焼きをシェアしてお腹も満たされた。
20150419073340ad4.jpg


このあと宿に戻ってしばらくすると早々と眠りに。


おかげで翌朝は早めに起床。のんびり温泉に浸かってから快晴の高原を散策に。
4月17日 桜前線北上中 012_1


久しぶりに御披露目となったブルーバックの雪渓や少しづつだが確実に近づく春らしさにシャッターを切った。
4月17日 桜前線北上中 013_1

4月17日 桜前線北上中 014_1

4月17日 桜前線北上中 019_1

4月17日 桜前線北上中 018_1

4月17日 桜前線北上中 021_1


清々しい気分で宿に戻り、簡単に朝食を済ませて出発。


二日目は春らしい暖かさで絶好のお花見日和なんでとりあえず安曇野へ。
4月17日 桜前線北上中 022_1


こちらもやや散りはじめはしているが、桜の咲いている時にどうしても訪れたかった。
4月17日 桜前線北上中 027_1


人気スポットなのかすでにカメラマンで大混雑で常念道祖神と言われ、名前の通り二本の桜の間で見守る道祖神とその後ろにそびえ立つ常念岳。
4月17日 桜前線北上中 029_1


お次もカメラマンに人気の拾ケ堰。堰沿いの桜並木とこちらもバックに常念。
4月17日 桜前線北上中 032_1


今度は大町に移動。こちらは須沼の一本桜。
4月17日 桜前線北上中 035_1


爺ヶ岳と鹿島槍ヶ岳を背景に独り立ち、農民からは田打ちの目安となっている桜。
4月17日 桜前線北上中 037_1


このあと信濃大町駅前の豚のさんぽでがっつり昼食を。
2015041907340048d.jpg


食後はさらに北上して大町公園、仁科三湖を見て回るが桜はまだ蕾だった。
4月17日 桜前線北上中 038_1

4月17日 桜前線北上中 039_1


そして午後からは空も白くなり、五竜岳はくっきりと映えず…
4月17日 桜前線北上中 042_1


白馬三山も同様に。もちろん松川は雪代全開。
4月17日 桜前線北上中 040_1


桜前線に沿って北上してきたがここで折り返し、帰りは安曇野アートラインで再び桜を眺めながらの走行。


最後は五分咲きの島々谷川の桜。
4月17日 桜前線北上中 044_1


こうしてあちこちで花見を楽しんで宿に戻り、まずは温泉でさっぱりしてから夕飯をいただく。
20150419073419e22.jpg


食後はまったりと過ごし、いつの間にか眠りに。


最終日の朝を迎えたが、空は陽射しはあるが薄曇り。


まずはまったりと朝風呂で。
2015041907330033f.jpg


それから簡単に朝を済ませて宿を出発。隣村に渓のチェックへ。


今が雪代のピークといった感じでかなり太い流れ。水温も7度ということで水量が落ち着く頃には釣れだしそうだ。


このあと峠を越えて桜を眺めながら木曽路を南下し、瀬戸市のイナガキで買い物してから京都へと向かった。


何年かぶりだろうか?この時期にまさかのロッド封印で観光旅行となった。
4月17日 桜前線北上中 033_1


しかしまた明日から大雨になる予報。さらに今年は各地で雪が多かったらしく、この時期の雨と絡んでどこもシーズンが遅れそうだ。


とにもかくにも早く心地よい渓歩きがしたいものだ。
by rocky mountain  at 10:43 |   |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

まさかの展開で北陸調査

先月末から雨が続いたため、蒲田は雪代の影響もあって大増水。


まったく釣りになる状況でないため、例年より早く諦めることを余儀なくされた。


とは言えこの時期に蒲田以外で本格化した渓を知らず、あくまでも調査を目的に北陸方面へと向かった。


現地には正午に到着し、簡単に昼食摂ってからスタート。


この日は霧雨が降っていて気温も低い。肝心の水温も8.5度と微妙で水量は幾分多いが、なんとか渓を歩くことが可能な支流に入渓。
4月11日 まさかの展開で北陸調査 002_1


するとしばらく釣り上がった所で高校生サイズ。それでも水面への反応があったことに一安心。


このあとすぐに先ほどとは違う7寸ほどのヤマメでズウボは早々に回避。
4月11日 まさかの展開で北陸調査 001_1


しかしこのあとはぽつりぽつりキャッチするものの5寸以上6寸未満のヤマメばかり。


三時間ほどの渓歩きで初日は早めに納竿し、後片付けを済ませて宿泊地へと向かった。
201504122058576c1.jpg


そして到着後は夕飯のち風呂でリフレッシュすると間もなく就寝。


翌朝は朝食後すぐに宿をチェックアウトして温泉街の中心地にある総湯で朝風呂を。
20150412205836186.jpg


すっきりして現地に向かうと見馴れた車が渓沿いに?渓を覗き込むと釣大好き様が…


少し話をして一旦別れ、そこから少し上流部に入渓。


すると前日より暖かく水生昆虫も確認できる。


早速釣り上がるとしばらくして高校生サイズをキャッチ。


その後も前日よりテンポよくキャッチするが、すべてが6寸未満のヤマメで二時間ほどで戦意喪失。
20150412205816c6b.jpg


タイミングよく頭ハネされて釣大好き様と合流したところでロッドオフ。


このあと後片付けを済ませてからお話を交えてコーヒータイム。
20150412205801389.jpg


それから先に現地を出発して福井市街で遅めの昼食は名物のソースカツ丼を。
2015041220573034b.jpg


がっつり食べて満腹になり、福井ICから京都へと向かった。


やはりまだまだ本格化にはほど遠く、本流は雪代全開といった感じだった。
201504122057457e3.jpg


こうなると渓の引き出しがないことを痛感してしまう。次週は何処へ行けばよいのだろう?
by rocky mountain  at 20:04 |  フィッシング |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

Author:rocky mountain
渓流シーズンは毎週のように信州や北陸の渓流に通い、のんびりとドライフライで釣り上がる。禁漁期間は一眼レフで信州の風景写真を撮ったり、温泉巡りや食探しに出掛けることが好き。また古きよきアメリカのヴィンテージ古着や小物の収集も好きな中年親父です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
8517位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
982位
アクセスランキングを見る>>