四連休はホームで三昧 後編

久しぶりにこの地に戻ってきた。
201505310651054c1.jpg


まずは気になる渓へ。すると雪代の影響がまだ少しありそうな水の色と水量。だが渓を歩くことは問題なさそうなんで一先ず入渓。



とりあえず水温をチェックしてみると9度弱とまだ低い。それでも様子見で釣り上がってみる。
5月28日 四連休はホームで○三昧 008_1


だがベストにはほど遠い感じでここぞというポイントからほとんど無反応。
2015053108055399e.jpg


そんな渋い状況ではあったが数少ないやる気のある奴をキャッチ。
20150531080534173.jpg


その後も状況は変わらず二時間ほどで脱渓。潔くこの渓を諦めることに。


そして遅めの昼食はチロルで。いつものもりそばに山菜の天ぷらを。
20150531065204d2e.jpg


他にも山菜の小鉢までいただきお腹いっぱいに。


食後はのんびり高原内を散策したり露天風呂でまったりと…
201505311747410b7.jpg


このあと再び朝まで釣った渓に戻ってイブニング。もちろんお気に入りポイントを釣り上がってみる。
5月28日 四連休はホームで○三昧 011_1


するとしばらくしてまずは8寸オーバー。
5月28日 四連休はホームで○三昧 009_1


さらにもう一匹8寸を越えるイワナ追加すると、このあとも7寸ほど前後を三匹追加してロッドオフ。
5月28日 四連休はホームで○三昧 010_1


目一杯イブニングを堪能して宿泊地に戻って宿の近くで夕飯を。
2015053106525012f.jpg


すごいボリュームで超満腹となり、宿へ移って一日の疲れを温泉で。


ほっこりして部屋に戻ると疲れには勝てず早々と眠りに。


翌三日目の朝も快晴。まずは朝風呂で温まる。
201505310700162f4.jpg


じっくり浸かってから高原散策に。
5月28日 四連休はホームで○三昧 013_1


まだ標高や個体の差によってはつぼみだが、もう少しでレンゲツツジも見頃を迎える。
5月28日 四連休はホームで○三昧 012_1


一方今月初旬には美しく咲いた水芭蕉も終わってしまったようだ。
5月28日 四連休はホームで○三昧 014_1


朝の散策から戻って簡単な朝食を摂り、この日も隣村の渓へと向かった。


やはりこの日は土曜日ということでちらほら釣人の姿はあるが、予想していたより空いているのでお気に入り区間から入渓。


すると幸先よく一匹目をキャッチしたが、この区間では珍しくヤマメ。
20150531080514713.jpg


その後は7寸ほどのイワナを二匹追加。
5月28日 四連休はホームで○三昧 018_1


前二日より反応がよく、今度は8寸オーバーのイワナ。
5月28日 四連休はホームで○三昧 017_1


さらにもう一匹追加して予定の区間を釣り終えて脱渓。


ここで山菜舘に移動してお昼ごはんは行者にんにくしょうゆチキンランチ。
20150531065604f60.jpg


食後はしばらくまったり休憩してから再び渓へ。


下流から上流に向かって車を走らせ、釣人をチェックするが見当たらず。


恐らく状況が悪いのでこの渓を諦めたのだろう。


ならばと上流部を釣り上がってみる。
20150531065537a23.jpg


釣人がいないのがよくわかるほど反応なし。


二時間半ほど歩いただけで反応も一度だけで脱渓。


ここでイブニングはお決まりの区間に移動して釣り上がるが朝より悪く、貴重な反応もバラシと空振りばかりで踏んだり蹴ったり。


今晩は宿での夕飯であまり時間がなく、最後に泣きの8寸弱をキャッチして納竿。
201505312252087aa.jpg


急いで宿に戻り、後片付けを済ませ、先に夕飯をいただく。


最後の晩餐らしくいつもながらの料理でお腹いっぱいに。
20150531065639ad5.jpg


食後は温泉で汗を流してさっぱりしてから就寝。


翌最終日の朝はどんよりと雲っている。さほど冷え込みはないが、のんびりと朝風呂でリフレッシュ。


風呂から上がって簡単に朝食を済ませ、荷物を纏めて宿をあとに。


最後も結局この渓へ来てしまった。


この日も釣人は少なく予定通りお気に入り区間を釣り上がってみる。
20150531180140b94.jpg


するとすぐに反応するもバラシ。さらに同じポイントで空振り。


嫌な予感がするがしばらくしてズウボ逃れのイワナをキャッチ。
2015053117485783c.jpg


さらに続けて今回の最大となった26センチのイワナ。
5月28日 四連休はホームで○三昧 020_1


だがこのあと全く生命反応がないまま脱渓地点へ。


この時点でやり尽くした感いっぱいなんで、うしろ髪を引かれることなくロッドオフ。


このあとマイブームで収穫も終わりが近い山ウドを採ってから帰宅の途に就いた。


今回は片や雨不足による渇水、片や雪代による低水温と増水で、思いの外厳しい状況だった。


それでも好天に恵まれたおかげで毎日青空の下で気持ちよく渓を歩けた。


それと現地の方に温かく接していただき、すごく充実した四日間を過ごすことができた。
5月28日 四連休はホームで○三昧 015_1


さぁ~て、今週末はどこへ行けばよいのだろうか???
by rocky mountain  at 20:30 |  フィッシング |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

四連休はホームで○三昧 前編

今週は平日に二日間休みを取って四連休。


先週に引き続き同じ渓からのプランで前夜に出発。途中SAで仮眠して現地を目指した。


夜明け前に到着して再び少し眠り、5時に目を覚まして準備を済ませる。
2015053106433207f.jpg


いつもより早い6時に上流部に入渓。気温8度と肌寒い中、釣り上がってみる。
20150531064231f63.jpg


まだ早いのか何も反応ないまま一時間近く経った頃、ようやく7寸ほどのイワナをキャッチ。
20150531080606238.jpg


その後もぽつりぽつり反応する程度で、同型を二匹追加したのみで脱渓。
5月28日 四連休はホームで○三昧 001_1


このあとはお気に入りの区間に移動。
201505310656570f1.jpg


気温も上昇して雰囲気はよいがここも反応が少ない。それでもしばらくして7寸ほどのイワナをキャッチ。
5月28日 四連休はホームで○三昧 003_1


その後はしばらく反応ない時間が続いたが、やっとこの渓らしい8寸オーバーをキャッチ。
5月28日 四連休はホームで○三昧 002_1


するとここからはまずまず反応あり、7寸ほどのイワナを三匹追加して脱渓。
5月28日 四連休はホームで○三昧 005_1


ここで昼食&コーヒー休憩。


一息ついて午後からも朝一の区間に入渓。朝の不調の原因が時間的なものか気になった。


結果は7寸ほどのイワナが二匹で辛うじてツ抜け。だが先週は7寸クラスがほとんど釣れなかったし、また反応も明らかにもっとあったはず。
5月28日 四連休はホームで○三昧 016_1


これで時間的な問題ではなく、恐らく雨がなく渇水が原因だろう。


この状況下では厳しいと考えイブニングまで待ったりと…


そして5時に再びお気に入りの区間を釣り上がってみる。


だが午前に一度歩いたことが影響してか反応がプア。


それでも朝に反応がよかった所でイブボ脱出となる8寸オーバー。
5月28日 四連休はホームで○三昧 006_1


このあと7寸ほどのイワナを追加したが、最後にプールでライズ狙い。ライズも何ヵ所かで確認でき、反応もあったが結局バラシ&空振りぱかりでキャッチには至らず初日はロッドオフ。


宿に到着して後片付けを済ませてお風呂でさっぱりしてから夕食をいただく。
201505310645027a5.jpg


お腹いっぱいになり部屋に戻ると即爆睡。


翌二日目はどんよりとして冷え込みのない朝を迎えた。


起床後は朝風呂を浴びてから朝食をいただく。
20150531064443a25.jpg


朝からしっかり食べて準備を済ませて宿をあとに渓へ。


前日のイブニングに引き続きお気に入りの区間を釣り上がってみると、しばらくして反応があったが二度空振り後に8寸弱のイワナをキャッチ。
5月28日 四連休はホームで○三昧 019_1


その後はぽつりぽつり程度の反応で7寸ほどのイワナを二匹追加して脱渓。
5月28日 四連休はホームで○三昧 007_1


日に日に水量は減水してかなりナーバスな状況と化してしまった。ということは隣の高原の渓がベストかも?


というわけで予定より早く見切りをつけて次の宿泊地へと向かった。


後編に続く
by rocky mountain  at 13:05 |  フィッシング |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ホームの新緑に魅せられて

先週に引き続き今週もホーム水系。年々辛くなる真夜中のドライブで深夜に到着して仮眠。


やや遅めの起床後に上流部の入渓場所へ。


とりあえず先攻者がいないようなんでここから釣り上がってみる。
2015052421304835f.jpg


まだ時間的に少し早いからか反応がない。30分ほど後にようやく8寸弱のイワナをキャッチ。
20150524213010469.jpg


さらに同じポイントで反応するも今度は空振り。


だがこのあと全く反応が途絶えてしまう。すると石の上に真新しい踏み跡発見。どうやら原因はこいつだったようですぐに脱渓して移動。


下流に向いて走っているとお気に入りの区間が空いているのでここをチョイス。


するとしばらくして8寸ほどのイワナをキャッチ。
5月23日 ホームの新緑に魅せられて 002_1


このあとも立て続けに8寸前後のイワナを二匹追加。
5月23日 ホームの新緑に魅せられて 007_1


そして今度はそれらより明らかに大きいサイズがヒット!



グッドファイトを楽しんだ末、蒲田以来久しぶりの28センチ。
5月23日 ホームの新緑に魅せられて 003_1


このあとも26センチを頭に、この区間で8匹のイワナをキャッチ。
5月23日 ホームの新緑に魅せられて 001_1


ここで午前の部を終了。山菜館に移動して先週食べ損ねた山菜の天ぷらを。
2015052421401290c.jpg


この季節らしい山菜フルコースでお腹も満たされ、まずは釣人の入渓状況をチェック。先週と違ってほとんどの駐車スペースに車が止まっており、出がらし覚悟で空いている区間を釣り上がってみる。
20150524213142ab6.jpg


やはり出がらしなのかなんの反応もないまま一時間半経過。やっと反応しても空振り。


それからしばらくして脱渓直前にようやく8寸ほどのイワナをキャッチしてなんとかこの区間でツ抜けに到達。
5月23日 ホームの新緑に魅せられて 006_1


さらに移動を試みたがどこも釣人の車が止まってるのでイブニングポイントを陣取ってお昼寝タイム。


すっきりして目を覚まし、再びお気に入り区間に入渓。


やはり朝からかなりの釣人に叩かれて朝のような反応はないが、それでもしばらくして8寸ほどのイワナをキャッチ。
5月23日 ホームの新緑に魅せられて 008_1


その後もぽつぽつヒットするがバラシも何度かあり、8寸前後のイワナを二匹だけ追加してロッドオフ。
5月23日 ホームの新緑に魅せられて 005_1


このあと今夜はお世話になる友人宅へ。


まずは後片付けを済ませてから風呂で温まってご厚意で夕食を。


ここでも山菜を中心とした料理の数々。ウドや山葵などがビールのアテにぴったり。


お腹も満たされたところで睡魔に教われ寝床へ。


飲みすぎたのか?翌朝は少し遅めの起床。予報に反して外は陽が射して晴天。



友人に朝食までご用意してもらい、至れり尽くせりでまるで宿のよう。


図々しくもおかわりまでしてお腹いっぱいになり、準備を済ませて渓へ出撃!


だが狙っていた上流部は全て釣人の車が…


仕方なくあまり実績がない区間に入渓。
201505242135475c9.jpg


するといきなり最初のポイントでヒットするもバラシスタート。


しかし次のポイントで7寸ほどのイワナをキャッチ。
2015052421352158e.jpg


だがここから反応皆無であれよあれよと脱渓地点へ。


やはりこの区間は相性が悪く、満を持してお気に入り区間に移動。



すると幸先よく反応するも空振り。さらに釣り上がってまた空振り。



このあとなんとか8寸オーバーをキャッチしてモチベーションアップ。
5月23日 ホームの新緑に魅せられて 009_1


それもつかの間でここからフックアウト三連続&空振りで脱渓。


釣人の多さで他の区間も厳しいと判断し、ここで納竿して友人に山ウド採りガイドを依頼。


快く案内してもらう。すると意外にもいつも釣り歩く河原に生えていた。
201505242136311aa.jpg


まさに旬のウドとそろそろ食べ納めを迎える山葵を土産に。
20150524213809368.jpg


このあと友人と遅めの昼食を福伝で。


やっぱりここに来たらとうじそばを。
20150524213833df7.jpg


もちろん〆のおじやも美味しく満腹。
20150524213904556.jpg


ここで松本市街へ行く友人と別れ、いつものルートで京都へと向かった。


今回は友人夫妻に大変お世話になり、快適に楽しく過ごすことができた。本当にありがとうございました!


この渓もそろそろ釣人のプレッシャーが厳しくなりだした。さらに工事で釣場も縮小して混雑は必至。



今週も訪れる予定だがどうなることか?それと同時に山の向こうのお気に入りの渓もそろそろ気になるところだ。
20150524213113a24.jpg


とりあえず渓を歩くことが一番気持ちいい時期。週末はちょっと長目に滞在し、たくさんのイワナ達に癒してほしいなぁ~
5月23日 ホームの新緑に魅せられて 004_1
by rocky mountain  at 01:12 |  フィッシング |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

今シーズンのホーム開幕

GWから一気に夏日が続いたため水量も落ち着き、今年のホームも例年と変わらずスタートすることにした。


深夜に現地へと向かい、到達するとすぐに仮眠。


明るくなった頃に目を覚ますと雨が降っている。これでは無理と判断し、長らくご無沙汰してた友人宅へ。


久々の顔合わせで話も弾み、まったりとした時間を過ごし、昼前くらいに雨が止んだ。


ここで友人宅を出て昼食を摂ってから急いで準備を済ませて一番好きな区間を釣り上がってみる。
201505170612098a3.jpg


するとしばらくして待望のファーストヒットもバラシ。それでも反応したことに一安心で次のポイントを狙うと、またもやヒットして今度はしっかりキャッチ。


まずは8寸ほどのイワナ。
5月16日 今シーズンのホーム開幕 001_1


このあともぽつりぽつり反応し、7~8寸ほどのイワナを追加していく。
5月16日 今シーズンのホーム開幕 002_1


まだ全開とはいかないが緩い流れ筋や反転流、時には瀬脇でもイワナが顔を見せてくれる。


とりあえずこの区間では4匹キャッチして上流部へ移動。
5月16日 今シーズンのホーム開幕 004_1


すると最初のポイントでいきなり8寸弱のイワナをキャッチ。
5月16日 今シーズンのホーム開幕 005_1


しかしあとが続かず、その後は反応も少なく、25センチを頭に4匹。
5月16日 今シーズンのホーム開幕 003_1


そしてイブニングは再び少し下流の区間へ。


最初は反応してもそれまでほとんどなかった空振りが続いたが、しばらく釣り上がった所でまずは7寸ほどのイワナをキャッチ。
5月16日 今シーズンのホーム開幕 006_1


このあとも同じようなサイズのイワナを追加し、ここでも4匹キャッチしてツ抜けに到達。
5月16日 今シーズンのホーム開幕 007_1


予定では目一杯暗くなるまで釣るつもりだったが、ホーム水系でのスタートを十分楽しめたんで初日は納竿。
2015051706123485f.jpg


去年までお世話になった宿が閉館してしまったので今日が初めてとなる宿へ。


今回は釣れるか釣れないかの不安もあったが、宿で快適に過ごせるか否かの不安もあった。しかし女将に迎えられた時、ほとんどの不安は一掃した。


まずは部屋に荷物を置いて風呂でさっぱりしてから夕飯を。この季節ならではの山菜が中心の料理だが、美味しくいただきお腹も満たされた。
2015051706124903f.jpg


このあとは部屋に戻ると疲れ果てて即爆睡。


翌日は冷え込んで寒いくらいの朝を迎えた。まずは朝風呂で温まってからのんびりと宿の周りを少し散策。
5月16日 今シーズンのホーム開幕 008_1


それから宿に戻って朝食をいただく。
20150517084402b83.jpg


がっつり食べてお腹いっぱいになったところで宿をあとに渓へ。


まずは上流へ車を走らせ釣人の有無をチェックしてみるが、誰もいないようなんで上流域を釣り上がってみる。
20150517194451a1f.jpg


すると幸先よくすぐに8寸弱のイワナ。
5月16日 今シーズンのホーム開幕 009_1


このあとも盛期のような反応こそないものの、まだまだスレてないので出ればほぼ釣れる。


ということでいい感じで追加し、7~8寸のイワナを4匹キャッチ。
5月16日 今シーズンのホーム開幕 010_1


そしていつものお気に入り区間に移動。
201505171945125f1.jpg


ちょうど太陽も真上で初日とは違って気温も上昇。これが影響したかはわからないがしばらく反応なし。


30分ほど釣り上がった所でようやくヒット。9寸には僅かに届かないが、二日間を通して一番のイワナとなった。
5月16日 今シーズンのホーム開幕 011_1

5月16日 今シーズンのホーム開幕 012_1


このあとすぐにもう一匹追加したところで満足してフライを外した。
5月16日 今シーズンのホーム開幕 013_1


車に戻って後片付けを済ませ、友人から花わさびを土産にもらって出発。


遅めの昼食をと山菜館に立ち寄った。残念ながら日替りランチが山菜の天ぷらだったが売り切れ。これは今週末に食べるとして?今回はカレーライスを。
20150517193114209.jpg


こちらも美味しくいただき、いつものルートで帰宅の途に就いた。


いよいよホームでのシーズンが幕を開けた。イワナはもちろん友人や知人の方がたくさんいるこの場所はやっぱり落ち着くなぁ~
20150517193158679.jpg
by rocky mountain  at 19:18 |  フィッシング |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

季節外れの台風一過

五月にまさかの台風が発生。昨日はその影響でしっかり降った雨。これが渇水した渓には恵みの雨になったかも?


というわけで台風一過の早朝に前回と同じ渓へと向かった。
20150513213934d16.jpg


オール下手で9時前に現地到着。まずは濁りがないことで釣りにはなりそうなんで準備を済ませてチェックがてら上流部へ。


やはりまとまった雨のため、水引きは悪いが釣人はいないようだ。


ならばまずは上流の区間からスタート。
5月13日 季節外れの台風一過 003_1


GWより少し多いくらいの水量でポイントも少ないが、少し釣り上がった所で8寸クラスがヒットするもバラシ。


だがこの水量でも活性が高そうな反応で期待できそう。すると同じポイントで8寸弱のイワナをキャッチ。
5月13日 季節外れの台風一過 001_1


その後もぽつりぽつり反応があり、イワナとヤマメを追加していく。
5月13日 季節外れの台風一過 002_1

5月13日 季節外れの台風一過 005_1


まずは順調に4匹キャッチし、今度は少し下流の区間に移動。


この区間は今シーズン初めてだが果たして?
20150513214040759.jpg


だがいきなり最初のポイントで7寸ほどのイワナをキャッチ。
5月13日 季節外れの台風一過 004_1


このあとも反応良好で6~7寸のヤマメが水面を割ってくる。
5月13日 季節外れの台風一過 006_1


さらに8寸オーバーのイワナも追加。
5月13日 季節外れの台風一過 007_1


結局この区間は賑やかで8匹キャッチ。
5月13日 季節外れの台風一過 008_1



ここでお昼は簡単に済ませ、食後はコーヒーの飲みながら…
2015051321411742f.jpg


今日は日帰り釣行ですでにツ抜けもしたし満足のロッドオフ。


このまま後片付けを済ませて渓をあとに。


帰りも下手でのんびりと帰宅の途に就いた。


珍しくバラシや空振りがほとんどなく、とても楽しい渓歩きだったなぁ~
by rocky mountain  at 07:38 |  フィッシング |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

Author:rocky mountain
渓流シーズンは毎週のように信州や北陸の渓流に通い、のんびりとドライフライで釣り上がる。禁漁期間は一眼レフで信州の風景写真を撮ったり、温泉巡りや食探しに出掛けることが好き。また古きよきアメリカのヴィンテージ古着や小物の収集も好きな中年親父です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
10224位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
1057位
アクセスランキングを見る>>