気ままに釣りの旅 ホーム編

志賀高原からはひたすら下手を走って夕方には松本市街に到着。


ここで友人と待ち合わせて一緒に夕飯を。


お気に入りの河昌で松本名物の山賊焼きを。
2015062521192323d.jpg


友人と短い間だったが楽しい時間を過ごし、ここから毎度お馴染みの宿へ向かった。


到着すると遅い時間にも関わらず温かく出迎えていただき、温泉で疲れを癒して部屋に戻ると早々と眠りに。


二日目の朝は目覚めると雨音は聞こえない。窓を開けると曇ってはいるが空は明るい。


ならばとすぐに準備を済ませて渓へ。


平日の雨予報ともなれば釣人は皆無。区間の選択肢が多すぎて迷ってしまうが、お昼前をメドに三時間コースを選択。
20150626150448a58.jpg


すぐに入渓して釣り上がってみるとタイミングが良いのか悪いのか小雨が落ちてきた。
201506261510205aa.jpg


するとしばらくしてまずは7寸ほどのイワナをキャッチ。
201506261511074a7.jpg


このあと雨が魚の警戒心を和らげたようで、6~8寸クラスのイワナがいい感じで出てくる。
201506261512018f5.jpg


そして25センチのイワナも混じった。
20150626151244e29.jpg


結局三時間ほどで通らずに到着し、12匹のイワナをキャッチできた。


運よく脱渓して宿に戻ったら、この頃から雨も本降りとなった。


後片付けを済ませてから冷えた身体を長湯でじっくり温めた。
2015062615042026e.jpg


それからアリスに移動してまったりと…
20150626151316fb3.jpg


夕飯前には宿に戻っていつもながらの料理でお腹いっぱいに。
20150627191746f6e.jpg


食後はのんびりと過ごし、温泉で温もってから就寝。


三日目は遅めの起床。前日の昼から時おり激しく夜半すぎまで降った雨。この影響でかなり増水してるだろう。予報では降水量はもっと少ないはずだったのでは?


とりあえずのんびりと朝風呂に浸かってから渓のチェック。


やはり釣りにならないほどの水量で、ここでの釣りは断念して隣村の渓へ。


その前に山菜舘に立ち寄って気まぐれランチをいただく。
201506271918069ce.jpg


お腹も満たされて渓に到着するもぽつぽつ釣人の車が止まっている。


仕方なく上流部へ車を走らせると、ここは釣人いないので入渓したが、やはりこちらもまだまだ水量は多め。


こんな状況では流せるポイントが少ない上にイワナが水面に興味がないようで一時間ほどで脱渓。


このあと一先ず釣人の車がなくなったお気に入り区間を釣り上がってみる。
20150627191845217.jpg


するとしばらくして反応したが空振り。


その後は先ほどの空振りがすごく貴重に思えるほど反応なく、完全にズウボを確信しながらだらだらと叩いていく。



そしてそろそろ脱渓地点が近づいてきた頃、今度はしっかり反応をモノにし、この渓では小振りながらズウボ回避。
201506271918329e5.jpg


さらに少し上がった所で再びヒット!


その瞬間まずまず手応えがロッドに伝わり、素晴らしいファイトをしてくれたが、無事に9寸ほどのイワナをネットイン。
2015062719185772b.jpg


これで気分も晴れてすぐに脱渓し、翌日に期待して早々とロッドオフ。


宿に戻って後片付けを済ませ、あとは温泉でリフレッシュ。


それからメープルで夕飯は定番の唐揚げ定食を。
201506271919116b7.jpg



ボリューム満点でお腹も満たされ、再び宿に戻ると寛ぎモード。そのうちいつしか夢の中へ。


ついに最終日の朝を迎えた。まずは朝風呂で温まってから準備を済ませて渓へ。


やはり最後はホームでも一番お世話になってる渓をチョイス。まだまだ水量が多い状況で期待せずに釣り上がってみる。
20150628113448a7a.jpg


まずはしばらくして反応してくれたがバラシでスタート。


ポイントはかなり少ないながら何ヵ所かに一度反応してくるようで、まずは7寸ほどのイワナでこの日もズウボだけは免れた。
20150628113506769.jpg


その後も順調にキャッチして8寸も混じって4匹追加。二時間弱と短い時間だが満足してロッドオフ。
201506281135282be.jpg


宿に戻って後片付けを済ませ、あまりの寒さで温泉で温まってから出発。


すぐ近くのチロルでいつものお昼を。
201506281153268ea.jpg


美味しくいただき高原をあとに九日間の釣りの旅を終えて帰宅の途に就いた。
201506281135542ea.jpg


旧ホームからスタートして奥信濃を経由して最後はホームでフィニッシュ。


梅雨真っ只中だったにも関わらずそれなりに釣りはできた。釣果はいまひとつだったかもしれないが、終始まったりとした時間を過ごせた。


また近いうちにこんな旅をしたいなぁ~
by rocky mountain  at 16:59 |  フィッシング |  comment (6)  |  trackback (0)  |  page top ↑

気ままに釣りの旅 志賀高原~奥志賀

渋温泉をあとに三日目となる奥志賀の渓へ。
2015062419301086d.jpg


到着して今日は気になる区間の新規開拓を過ごせたしてみる。まずは中流域で新たな区間を釣り上がってみるが果たして?
20150624193026e7b.jpg


しかし最初から一枚岩が続き、イワナが好むポイントがほとんどない。


歩けど歩けど渓相はあまり変わらず一時間半ほどな~んもない。


完全に集中力を欠き、あっさりと諦めて脱渓。


これはやばいかも?ってことでお気に入りの区間へ。だが餌師っぽい釣人が先攻しているようだ。


おそらく時間も空いてるだろうと後追いで釣り上がってみる。
201506241936504fb.jpg


するといきなり最初のポイントでヒットするもバラシ。


その後は一時間ほど反応なかったが久しぶりのヒットもまたバラシ。


そこから一時間ほど反応なかったが、ようやく8寸弱のイワナをキャッチ。
20150624193044e0e.jpg


その後もぽつぽつ反応するが、キャッチしたら次はなぜかバラシ。
20150624193752eb0.jpg


それでも8寸ほどのネイティブも混じった。
20150624193115bce.jpg


そして脱渓間際のポイントでも最後に7寸ほどのイワナをキャッチしてトータル6匹で脱渓。
201506241938164ae.jpg


しかし今晩はホテルで夕飯のため、イブニングができないので、今度は上流域で新たな区間を探ってみる。


ここままずまず渓相はよさそうなんで少し期待して釣り上がってみる。
2015062419383655e.jpg


するとしばらくして反応したが空振り。


だがこのあと最悪でまたもや一時間半生命感なく脱渓。


結局お気に入り区間でしか釣れずにロッドオフ。


後片付けを済ませて本日の宿に到着。
20150624193853d95.jpg


まずは硫黄臭が漂う大浴場でさっぱりと。
20150624193912758.jpg


それから夕飯はこちらも今が旬の根曲がり竹を使った料理を中心に信州らしいものをいただく。
20150624193925b22.jpg


満腹で部屋に戻ると釣れなかった疲れからか早々と睡魔に襲われ爆睡。


翌朝は起床してお決まりの朝風呂ですっきりしてから朝食をいただく。
20150625211740edf.jpg


おかわりもしてがっつり食べてホテルの周辺を散歩に。


来月末くらいには満開になるだろうニッコウキスゲも咲き始めた。
2015062521175665c.jpg


それからホテルに戻ってチェックアウトし、いよいよ今回最後の奥志賀の渓へ。


到着してびっくり!最上流から入渓できる駐車スペースにはすべて車が止まっている。


平日だというのにまるで土日のような賑わい。恐らく明日から雨予報なんで釣人が集中したのだろう。


ならば後追いでも確率の高いお気に入りの区間を釣り上がってみる。
20150625211815e23.jpg


だが一時間ほどなぁ~んもなし。この時点でズウボがちらつきだす。


だがついに貴重な反応をものにして7寸ほどのイワナをキャッチ。
20150625211828b21.jpg


なぜかここからぽつりぽつりだが反応してくる。
2015062521591272f.jpg



そして今回のここでの最大となった25センチをキャッチ。
20150625211845d75.jpg


このあとも追加して最後は7寸弱と小振りなイワナ。だが秋には一回り大きくなってまた会おうと言って流れに戻した。
201506252119002cc.jpg


これを機に四日間に渡った奥志賀の渓での釣りを終え、後片付けを済ませて志賀高原をあとに次の目的地に向かった。
2015062521191231d.jpg


to be continue
by rocky mountain  at 07:57 |  フィッシング |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

気ままに釣りの旅 渋温泉~奥志賀編

今日から渋温泉に滞在ということで二泊お世話になる宿に到着。
2015062320484252c.jpg


部屋で少し休憩してから宿の向かいにある外湯に。


貸しきり状態の温泉で一日の疲れをリフレッシュ。
20150623204758b79.jpg


このあと温泉街をぶらっとして夕飯を食べ、宿に戻るとしばらくして睡魔に襲われ爆睡。


夜はかなり激しい雨に見舞われたが、翌朝は久しぶりに陽射しが眩しい。


清々しい朝なんで温泉街を散策しながら…
20150623205043ac6.jpg

201506232049494cd.jpg


さらにこちらの大湯で朝風呂を満喫。
20150623204913a26.jpg


すっきりしたところで宿で準備をしてから昨日と同じ渓へと向かった。
201506232042314b6.jpg


昨日は釣人だらけだったが、この日は比較的少ないようだ。ならばと先攻者がいないであろうお気に入り区間から釣り上がってみる。
20150623204546672.jpg


すると鉄板健在とばかり最初のポイントで7寸ほどのイワナをキャッチ。
20150623204455c47.jpg


しかし昨晩にかなりの雨が降った影響で前日より増水し、さらにポイントが少なくなってしまった。


そんな状況で少ないながら反応があり、8寸弱のオレンジベリーのネイティブ。
20150623213504a39.jpg


他にもモチベーションを保てる程度に釣れてくる感じで、最後に脱渓場所で再び8寸弱のイワナを追加。
201506232137416fe.jpg


ここで志賀高原まで戻って昼食のち散策。
201506232041530fb.jpg

2015062321392102e.jpg

20150623213841b13.jpg


のんびりと過ごして再び渓へ。


予定通り4時前に到着し、午前に脱渓した所から釣り上がってみる。
20150623214154b43.jpg


するとここでも最初のポイントでいきなり7寸ほどのイワナをキャッチ。
201506232140003d7.jpg


このあとも8寸弱までだがぽつりぽつり追加していく。
201506232141093b4.jpg


そして脱渓直前の最後のポイントで8寸ほどのイワナをキャッチ。
201506232142151fa.jpg


ゆるゆるペースの一日だったが、11匹のイワナに遊んでもらい、すっきりした気分で脱渓。


後片付けを済ませて宿に戻り、一息ついて温泉街へお出掛け。
20150623214243ec2.jpg


まずは四ヶ所目となる外湯でリフレッシュ。
20150623214312098.jpg


それから近くで夕飯を食べて、帰り際にもう一度汗を流して宿に戻った。

それから部屋でまったりしていたが、いつしか睡魔に襲われ就寝。


渋温泉での最後の朝を晴天で迎えた。


いつものように温泉街をぶらりと…
201506240737511f2.jpg

201506240737195ce.jpg


もちろん外湯も梯子して朝風呂を満喫。
20150624073736900.jpg


そして宿に戻って荷物をまとめ、渋温泉をあとに奥志賀へと向かった。


to be continue
by rocky mountain  at 18:44 |  フィッシング |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

気ままに釣りの旅 野沢温泉~奥志賀編

富山ICから新潟方面へ再び北上し、上越ICで降りて本日の宿泊地へと向かった。
20150623044435d9c.jpg


途中土産物探しで寄り道しながら宿に到着し、一息ついて小雨が降り続く温泉街へぶらり
2015062304460378c.jpg


久しぶりに訪れたがいつもと変わらずこんこんと涌き出る自然の恵み。しばしその恵みで癒された。


外へ出ると雨も上がり、北信五岳は雲に覆われているが、上空はうっすら青空が見えていた。なんとか翌日は渓を歩きたいなぁ~
201506230447267c9.jpg


大湯通りでは竹の子祭りなるものが開催されていて、今が旬の根曲がり竹を使った出店が並び、炊き込みごはんに竹の子汁と天ぷらを夕飯代わりにいただいた。
20150623044759271.jpg


食後は宿に戻ってしばらくすると眠りに。


翌朝はどんよりはしているが雨は降っておらず、まずは朝風呂にと大湯通りへぶらり。
20150623044834410.jpg


オフの平日ということもあり、貸しきり状態でのんびりと…
2015062304495107a.jpg


それから宿に戻って仕度をして出発し、この日から予定している渓へと向かった。
2015062304504105d.jpg


途中のコンビニで年券を買って現地には10時すぎに到着。


まずは下流に向かって入渓状況をチェック。すると月曜だというのにまるで解禁のようで、駐車スペースには複数止まっている所まであり、ぎっしりと釣人が渓にいるようだ。


あれよあれよと下流部まで車を走らせ、やっと空いているスペースを見つけた。ここでいそいそと準備をして入渓。


また今シーズンもこの渓に来れたことに感謝して釣り上がってみる。
20150623050333e25.jpg


するとしばらくして反応したが空振り。さらにもうしばらくしてバラシ。それでも早々に反応があったことで期待が膨らむ。


しかしこれ以降さっぱりで二時間以上生命感がない。


完全に心が折れてしまった。でもこの時期になぜ?


とりあえず意地になって脱渓せずに叩き上がった。


するとようやく7寸弱だがネイティブイワナと今シーズンの初対面。
201506230504098af.jpg


さらにしばらくして今度は8寸ほどのイワナを追加。
201506230504437dd.jpg


これで納得して脱渓し、駐車スペースに向かって歩くと、二ヶ所に釣人の車があった。


これが反応しなかった原因かはわからないが、一先ず次は中流部のお気に入り区間に移動。


ここで遅めのお昼を。ここから釣り上がるのはいいが、間違えなく先攻者が二人はいるので、間隔を空ける意味でまったり休憩。


一時間ほど休憩して4時から釣り上がってみる。
201506230505135f6.jpg


するといきなり最初のポイントでバラシと空振り。


それでもお気に入りの区間で早々に反応があったことで一気にモチベーションアップ。


このあとすぐに7寸ほどのイワナをキャッチ。
20150623050545ff0.jpg


区間なのか時間なのかわからないがここからいい感じで反応してくる。
20150623050615fcd.jpg


結果的にここを選んだことが幸いして13匹キャッチして6時にロッドオフ。
20150623050644b22.jpg


脱渓して車に戻って後片付けを済ませ、奥志賀をあとに本日の宿泊地へと向かった。
20150623050719869.jpg


平日にこれだけの釣人が入っているにもかかわらず、多くのイワナ達が棲むここはポテンシャルが違うなぁ~


to be continue
by rocky mountain  at 15:10 |  フィッシング |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

気ままに釣りの旅 富山編

梅雨真っ只中ではあるが、今シーズンも長期休暇を取得し、気の向くまま放浪の旅に出た。


まずは雨量が比較的少ない予報の北陸方面からスタートすることにし、。前夜に出発して小雨が降り続く北陸道で現地に目指した。


途中SAで仮眠したので到着は6時すぎ。この頃には雨もほぼ止んでいたので、準備を済ませて入渓場所に行くと車はない。


早速釣り上がってみるとすぐに8寸ほどのイワナをキャッチ。
20150620195202fdb.jpg


幸先いいスタートで期待するが、このあとしばらく沈黙。
20150620195300741.jpg


30分ほど経過した頃、久しぶりのヒット。

最初はあまり強くない引きに小さいと思ったが、寄せて魚体を見て楽々尺オーバーを確信。するとここから縦横無尽に走られたが、最後は弱り果ててネットイン。


計測する前にヨンマルかも?と期待したが、1センチ足らずの39センチ。
20150620195218860.jpg

20150620195234400.jpg


いきなり遠征初日からいい滑り出しとなった。そしてさらに同じポイントで今度は9寸。さらに次のポイントでも9寸。
201506201953259c5.jpg


その後もまずまずの反応で早くも14匹キャッチして脱渓。
20150620195353adf.jpg


このあと他の区間をチェックしたが、駐車スペースにはきっちり釣人の車が…


仕方なくこの渓は諦めて隣の渓に移動して簡単に昼食を摂ってからお気に入り区間を釣り上がってみる。
20150620195518e4c.jpg


水量もほぼベストで期待できそうだがしばらくは反応ない時間が続く。


あれよあれよと超鉄板ポイントに。そしてキャストするとやっぱり出てくれたのは28センチのイワナ。
20150620195434e1c.jpg


さらにレーンを変えてキャスト。またもやバコっと出てくれたのは1センチ足らずの29センチ。
20150620201238bfa.jpg


このあとまたレーンを変えて7寸ほどのイワナを追加すると上流の工事の影響でカフェオレ色に。


これでは釣りにならず仕方なく脱渓し、まったり休憩していると見慣れた車が止まっている。偶然にも翡翠もどきさんとふくちゃんさんにばったり。


少しだけお話して各々イブニングに備えて入渓場所へ。


まだ4時にもなってないが、もう十分堪能したんで釣り開始。


するとまずまず反応してくれ7~8寸だが7匹キャッチして5時に早々とロッドオフ。
20150620195548a98.jpg


後片付けを済ませてからこの日は車中泊なんで寝床のセットをして日帰り温泉へ。
20150620195611d4c.jpg


一日の疲れをリフレッシュし、翡翠もどきさんとふくちゃんさんと合流。


釣り談義をしてここで別れ、車に戻ると早々と爆睡。


翌早朝はボンネットを激しく叩く雨の音で目が覚めた。これは釣りは無理かもと思いながら雨音に慣れてまた眠りに。再び目を覚ますと雨は止んでいた。


すかさず準備を済ませて渓に到着し、入渓しようといた直前に再び雨。しかも激しく降り、雷までなっている。


これは釣りどころではないのであっさりこの日の釣りは諦めることに。


ということで後片付けを済ませて下山。お気に入りのお店で早めのお昼を。
20150621145826de0.jpg


お腹いっぱい食べてまずは富山での釣りを終え、再び北陸道に飛び乗って新潟方面へと向かった。


to be continue
by rocky mountain  at 10:55 |  フィッシング |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

Author:rocky mountain
渓流シーズンは毎週のように信州や北陸の渓流に通い、のんびりとドライフライで釣り上がる。禁漁期間は一眼レフで信州の風景写真を撮ったり、温泉巡りや食探しに出掛けることが好き。また古きよきアメリカのヴィンテージ古着や小物の収集も好きな中年親父です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
8297位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
864位
アクセスランキングを見る>>