来月に向けて新たな仲間達

今週末は秋雨前線の影響で雨予報。八月最後は完全休養。


いよいよ来週から九月で残すは一ヶ月となった。今年はシルバーウィークあり、また最後は北信遠征が控えている。
2015083021085863f.jpg


そこで北信のネイティブ用にオーダーしていたロッドが届いた。


従来使用してきた♯1は6.6ftだが、同じ番手でレングスを少し長くし、6.9ftと奥志賀の渓のスケールに合わせた。
20150830205900823.jpg


今回はシンプルにクリアなラッピングに赤のトリムで和竿らしい仕上げに。メノウも地味なパールホワイトで。
20150830205912a5c.jpg


こいつで来月はシーズンの最後を楽しみたい。
2015083020584628d.jpg


さらにウエア類も夏から秋に意向していくので、そんな季節に活躍してくれそうなアイテムを購入。
20150830205925545.jpg


これで今シーズン最後の月により多くの渓魚達と出逢えたらなぁ~
20150830210523372.jpg
by rocky mountain  at 15:30 |  日常 |  comment (6)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ちょっと強引にホーム+a

今回は初の試みで日帰り釣行ながらホームへ。


前夜に出発して何度も睡魔に襲われながら現地へと向かい、あと少しという所で耐えきれず朝まで眠りに。


そして目を覚まして出発し、6時には入渓場所に到着。この頃から小雨が降りだしたが問題なく、準備を済ませて釣り上がってみる。
20150823095906d76.jpg


するとしばらくしてまずは小振りながら一匹目をキャッチ。
201508230958428f6.jpg


だがこのあと反応ない時間が続き、一時間半ほど釣り上がって7寸弱のイワナ。立て続けにもう一匹同型を追加。
2015082309585353f.jpg


しかしまた長い沈黙状態が続き、後半も活性は上がらないまま、ブルック混じりでぽつりぽつりとキャッチ。
20150823095930929.jpg

20150823095918d92.jpg


そして早々と脱渓地点を前にやっと8寸ほどのイワナ。
2015082309594492e.jpg


この渓は他と違ってローライトになると反応が悪くなり、この日も雨の影響からかまさかの6匹のみで脱渓。


とりあえず車に戻って持参の昼食を摂り、食後は休憩がてらのんびりと過ごし、イブニングに向けて高原をあとに峠越え。
201508230948295e5.jpg


予定通り4時すぎに現地到着し、4時半頃から釣り上がってみる。


前回はかなり渇水していたがこの日は逆に増水し、対岸に渡れる場所も限られていた。
20150823094856ea3.jpg


もちろんポイントもかなり少ないが、すぐに7寸ほどのイワナをキャッチし、さらにもう一匹小振りながら追加。
20150823094842981.jpg


そして時間と共に反応はよくなり、8寸さらに8寸オーバーといい感じで…
20150823094959727.jpg


その後も8寸クラスのイワナに混じって7寸ほどのヤマメ。
20150823095026293.jpg


そして最後に9寸ほどのイワナをキャッチ。
2015082309494691e.jpg


イブニングだけで8匹キャッチし、ツ抜けも楽々クリアでき、峠越えのお陰で満足してロッドオフ。

薄暗い中で急いで後片付けを済ませ、平湯民俗館に立ち寄って温泉でさっぱり。
20150823095037a83.jpg



それから下山して久々に弱尊で夕飯を。
20150823095052f2e.jpg


お腹いっぱいになったところでせせらぎ街道を走り、郡上八幡ICから高速で帰宅の途に就いた。


だが走っている間に何度も睡魔に襲われ、途中のSAで何度か爆睡してしまい、まさかの高速を降りたのは朝だった。やはり単独の日帰り釣行は僕には過酷のようだ。


体力的に限界を感じた一日となったので次回からはやはり泊まりで行くようにしよ~っと!
by rocky mountain  at 05:42 |  フィッシング |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

お盆のホームはやっぱりタフ 後編

三日目の朝は雲ひとつない快晴。まずは朝風呂ですっきりしてから簡単な朝食を摂って渓へ。


三日目にしてやっと一番入りたかった区間が空いており、迷わずこの区間をチョイスして釣り上がってみる。
201508161845297ac.jpg


するとすぐに幸先よく8寸オーバーのイワナをキャッチ。
20150816184445d9e.jpg


その後も順調に反応あり、ぽつぽつ追加していく。
2015081618450104e.jpg


7寸クラスだがいい感じで5匹目をキャッチした後、背後から二人の沢歩き夫婦が抜き去っていったのだ。
20150816184549de3.jpg


まだ半分も釣り上がってないのにありえない。このあとはもちろんなにもないのは言うまでもない。こういうことって仕方ないのだろうか?釣人同士なら先攻者が優先だろうが…


予定より早く脱渓し、気分転換に宿へ戻って昼食。その後は部屋でふて寝。


すっきり目覚めてリセットもでき、イブニングのため峠の向こうへ。


五時前に到着すると先攻者の姿はなく、準備を済ませて早速釣り上がってみる。
20150816184928c68.jpg


するとここでも幸先よくすぐに7寸ほどのイワナをキャッチ。
20150816184616a03.jpg


このあとも反応よく7寸クラスだが二匹追加。
20150816185002661.jpg


そして時間と共に至る所から水面がスプラッシュ。あまりのシビアな出方で空振り時々バラシが続く。


それでもなんとか9寸弱と8寸ほどのイワナを仕留めた。
201508161850214b9.jpg


その後はなぜかウー様が立て続けに釣れてしまい、潔く諦めて薄暗くなった渓をあとに再び宿へと向かった。


到着して後片付けを済ませ、温泉で汗を流して夕飯をいただく。


お腹いっぱいになったら早々と睡魔に襲われ就寝。


いよいよ最終日の朝を迎えた。この日もお天気よく、のんびり最後の温泉を。
20150816185037d8a.jpg


そして荷物をまとめて早めに宿をあとに高原をぶらり。
201508161850550ff.jpg


先週はちらほら咲きだった牧場のマツムシ草もピークを迎え、夏が終わり本格的な秋の訪れが始まった。
20150816185109328.jpg


そんな高原と一旦別れ、帰宅の途に向かった。


まだまだ暑い京都へと戻り、お墓参りなどを用を済ませ、夜は五山の送り火を鑑賞。


まずは最初に灯る右大文字。
201508162049057f2.jpg


最後に灯る目の前で迫力の左大文字。
20150816204917fe2.jpg


最後は京都でお盆らしさを味わった。では明日から現実に戻るとしますかっ!!
20150816204929731.jpg
by rocky mountain  at 15:25 |  フィッシング |  comment (6)  |  trackback (0)  |  page top ↑

お盆のホームはやっぱりタフ 前編

今年も四日間のお盆休みに突入。もちろんお決まりのホームで避暑を兼ねて釣り三昧。


前夜に出発して途中SAで何度か仮眠しながら深夜に宿に到着。


するとすぐに就寝して適度に仮眠して目を覚ますと、窓の外からしっかりした雨音が聞こえてくる。


仕方なく再び仮眠して目覚めると、まだ降り続いているが小雨なんで、とりあえず準備を済ませて渓へ出動。


すでに9時を過ぎているので雨でも狙っていた区間はどこも先攻者あり。


何ヵ所か見て回って空いてる区間に入渓して釣り上がってみる。
20150815144524a43.jpg


小雨が降っていて少し肌寒いがローライト。だが反応は極めて少なく、あっという間に脱渓地点が目前に。


そこで渋い反応だったが運よく7寸ほどのイワナをキャッチ。
20150815144508f9e.jpg


しかしこれでおしまい。脱渓して次はもうひとつの渓へ移動。


早速釣り上がってみるが、やはりここも状況は同じで超タフ。
201508151456244c4.jpg


結局一匹も釣れずに脱渓し、一旦休憩がてら宿に戻った。


心身共にオーバーホールしてイブニングは隣村へ。


幸いお気に入り区間が空いており、やや期待して釣り上がってみる。
20150815144624ed0.jpg


しばらく反応すらない時間が続いたが、30分ほど後にやっと7寸ほどのイワナをキャッチ。
2015081514454644e.jpg


さらに8寸オーバーを追加。
2015081514460876d.jpg


このあともいい感じで9寸と8寸を二匹キャッチしてロッドオフ。
20150815144646f26.jpg


とりあえずイブは楽しめたんで満足して宿に戻り、後片付けを済ませて温泉でさっぱりして夕飯をいただく。
201508151447342fd.jpg


お腹ぺこぺこでがっつりいただき、部屋に戻ると早々と睡魔に襲われ爆睡。


翌朝はどんよりとした曇り空ではあるが雨は降っていない。


まずは温泉でじっくり温まり、簡単な朝食を摂ってから出動。


前日は先攻者がいたがこの日は空き。迷わず入渓場所へ向かうがお山は雲隠れ。代わりに今が見頃の高山植物を眺めながら…
20150815144809090.jpg

20150815144827d96.jpg



渓に降り立ってみると、前回より少し増水しており、期待して釣り上がってみる。
201508151449094d3.jpg


するとしばらくしてまずは7少弱のイワナをキャッチ。
20150815145715c5f.jpg


このあと希にいいサイズが反応するもバラシや空振りのみ。


中間地点を越えた辺りでようやく7寸ほどのイワナを追加。
20150815145734bc7.jpg


しかしこのあと反応なく脱渓して宿で相棒と合流してお昼はチロルで。
20150815145641228.jpg


お腹も満たされたところで相棒と別れて午後からはもうひとつの渓を釣り上がってみる。
20150815145819105.jpg



やはりここもタフな状況で30分ほど経ち、やっと8寸ほどのイワナをキャッチ。
2015081514575337b.jpg


さらにしばらくして同型を追加。
20150815145852549.jpg


しかしここでも後半は反応ないまま脱渓。


ここで宿に戻って一息ついて初日に続いて隣村でイブニング。
20150815145908366.jpg


だがここでも反応ない時間が続き、イブボと諦めつつ最後のプールでライズ狙い。二ヵ所で魚を確認し、反応させるも空振りばかり。


だが遂にフックアップに成功するとスピーディーなファイト。なんとか耐えて無事にネットイン。すると意外にも珍しい幅の広い8寸ほどのヤマメ。
20150815144624ed0.jpg


ライズもなくなりこれに満足して納竿し、再び宿に戻って後片付けを済ませ、先に温泉で汗を流してさっぱりし、メープルでいつもながらの夕飯をいただく。
20150815145955123.jpg


お腹も満たされたところでこの日は高原内で行われる夏祭りへ。


短い高原の夏を締めくくる催しで夏気分を味わい、最後に打ち上げ花火を観て宿に戻ったら早々と眠りに。
20150815150935344.jpg


後編に続く
by rocky mountain  at 03:18 |  フィッシング |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

真夏でも爽快なホーム

久しぶりにホームで二日間過ごす予定で前夜に現地へと向かった。


今シーズンはタイインク悪く意外にも梅雨明け初めてのホーム。深夜に宿に到着して少し眠りに。


5時過ぎに目を覚まし、準備を済ませて渓へ。


幸い狙っていた区間が空いていたのですぐに入渓して釣り上がってみる。
20150809200510f87.jpg


するとすぐに幸先よく8寸ほどのイワナをキャッチ。
20150809201105b2e.jpg


それからしばらくして今度は7寸ほどのイワナを追加。
2015080920112184a.jpg


その後も水面は賑やかでここぞというポイントから次々と反応がある。
20150809201349c56.jpg

20150809201333571.jpg



7寸クラスが中心だが時折8寸クラスも混じってくる。
20150809201251cd8.jpg

201508092013146f6.jpg



予定の脱渓地点まで爽快に釣り上がり、非常にいいリズムで18匹キャッチできた。
20150809201816633.jpg

2015080920174826f.jpg



このあと昼食をと宿で相棒と合流してチロルへ。


いつものもりそばと小鉢等々をいただいた。
2015080920043762e.jpg


お腹も満たされたところで相棒と別れ、午後の部はもうひ とつの渓へ。
20150809200157f17.jpg


やはり午前中に釣り歩かれたようで反応は少ないが、しばらくして8寸弱のイワナをキャッチ。
20150809200245c20.jpg


その後もあまり芳しくない上にバラシもあって小振りなイワナを2匹だけ追加。それでも初日はダブルツ抜けもしたんで早めにロッドオフ。
2015080920022135a.jpg


宿に戻って後片付けを済ませ、温泉でさっぱりしてから夕飯を。
201508091947178b8.jpg


がっつり食べて満腹になると、部屋に戻って一息つく間もなく爆睡。


翌朝は15度と少し肌寒いが快晴。まずは朝風呂で温まって簡単な朝食を済ませて出動。


前日の午後に釣った区間より上流をチョイス。駐車スペースに一台車はあったが写真っぽいので迷わず入渓地点までてくてくと…
20150809194905f0c.jpg


渓に到着して早速釣り上がってみる。
2015080919484156f.jpg


するとしばらくして普段ならスルーするような小さな反転流で7寸ほどのイワナをキャッチ。
20150809194816d4f.jpg


案外活性高いかも?なんて思いつつ、さらに叩いていくが全く反応がない。そして中間地点を過ぎた辺りで明らかに先攻者と思われる濡れた足跡を発見。


とりあえず脱渓地点まで急ぐと先攻者発見。よりによってフライマンだ。釣れたのも単なる竿抜けだったようで、強引に藪こぎして脱渓。


仕方なくもうひとつの渓に移動し、前日より下流を釣り上がってみる。
201508091950314ea.jpg


するとすぐに反応したが空振り。それでもさっきの無反応と比べたら天国と地獄。


そしてしばらく釣り上がった所で小振りながら久しぶりにキャッチ。
20150809194944a9e.jpg


さらに8寸と7寸ほどのイワナを追加し、気分よくフライをカットして脱渓。
20150809195010870.jpg


宿に戻って後片付けを済ませ、温泉で汗を流して出発。


帰りは隣村の山菜館でお昼ごはん。
201508091950459b1.jpg


美味しくいただき、灼熱の京都へ向かった。



各地で猛暑が続いているが、高原は立秋らしくなってきた。
2015080920032059e.jpg


すでにマツムシ草が咲き始めて少しセンチな気分だが、四日後には再び涼を求めて舞い戻ってこよう!
201508091947387a1.jpg
by rocky mountain  at 13:26 |  フィッシング |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

Author:rocky mountain
渓流シーズンは毎週のように信州や北陸の渓流に通い、のんびりとドライフライで釣り上がる。禁漁期間は一眼レフで信州の風景写真を撮ったり、温泉巡りや食探しに出掛けることが好き。また古きよきアメリカのヴィンテージ古着や小物の収集も好きな中年親父です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
8517位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
982位
アクセスランキングを見る>>