まさかの大放水

今日から三日間の予定で北陸へ。今回は昨年のこの時期によかった旧ホームを翡翠もどきさんと釣り三昧の予定。


夜明け前に出発のつもりが寝坊で一時間遅刻。翡翠もどきさんと合流後、急いで目的地を目指した。


寝坊のお陰で到着は8時半。ここで本命の渓の水量にびっくり!大した降水量ではないのに大増水。とりあえず準備を済ませて狙っていた区間の入渓場所に行ってみるともちろん同じ。そこでダムサイトをチェックするとなぜか全開で放水中。


これではどうすることもできないのでお隣の渓に移動し、こちらのお気に入り区間を二人で釣り上がってみる。
20160529234530789.jpg


するとしばらくしてまずは8寸オーバーのイワナをキャッチ。
201605292345085b7.jpg


ここから翡翠もどきさんと交互にロッドが曲がり、7~8寸のイワナをメインに順調に追加していく。
20160529234618163.jpg

20160529234549018.jpg


そんな中で♯1を絞り込んでくれた9寸オーバー。
201605292346573aa.jpg


結果的には二人ともいい感じで9匹キャッチして脱渓。


ここで簡単に昼食を済ませ、のんびりコーヒーブレイクし、午後からは上流部を釣り上がってみる。
20160529234715e43.jpg


しかし午前のような反応はなく、辛うじて8寸ほどのイワナをキャッチしただけ。
IMG_1575.jpg


再び中流域に戻って釣り上がってみると、午前ほどではないがぽつぽつ反応もあり、6匹キャッチして初日はロッドオフ。
IMG_1576.jpg


今回二泊お世話になる宿に到着し、後片付けを済ませて汗を流し、ひっそりとした山間の宿らしい夕飯をいただく。
20160529235008df6.jpg


食後はしばらくして二人の重低音を響かせながら明日に備えた。


翌二日目は起床後、まず朝食をいただく。
2016052923482120e.jpg


食後は準備を済ませて渓へ。この日も本命の渓は放水中。どうやらメンテナンス工事のための放水らしく、しばらく続くらしいので今回は見送り、この日も前日と同じ隣の渓を釣ってみることに。
IMG_1577.jpg


だが前日のような反応はなく、釣れるのも高校生サイズが多い。時おり6~7寸が顔を出す程度。
IMG_1578.jpg


お昼に一旦宿に戻って昼食&休憩。それから再び隣の渓で午後の部開始。
201605300640165d9.jpg


情況は午前と変わらずだが、なんとか9寸弱のイワナをキャッチ。
IMG_1589.jpg


最後にイブニングはライズゲームを楽しんでロッドオフ。この日は厳しく6匹のみで終了。
IMG_1587.jpg



脱渓してサプライズ!ふくちゃんさんとばったり。少しお話して宿に戻った。後片付けを済ませて風呂でさっぱりし、夕飯をいただくと早々に今夜も二重奏。


翌三日目は早めに朝食をいただき、食後は荷物を纏めて宿をあとに。
2016053006373098c.jpg


予定変更で三時間要して越前の渓に到着したが、本命の渓はどこも釣人の車が…


仕方なくここでもお隣の渓に移動して釣り上がってみる。
201605300637595b1.jpg


すると小振りながらイワナをキャッチし、その後も同型をもう一匹追加。
IMG_1594.jpg


とりあえずズウボを免れ、ここで遅めの昼食を摂り、再び本命の渓に戻ると、狙いの区間が空いていた。翡翠もどきさんの十八番ということで、付き場などを教えてもらいながら釣り上がってみる。


その通り早々から反応はあるがミス連発。だが何度目かにようやくここでの一匹目をキャッチ。これが見事なプロポーションの9寸弱のアマゴ。
201605300634273d3.jpg

201605300636237c5.jpg


このあとまたも何度かのミスを経て9寸ほどのイワナをキャッチ。
20160530063604af8.jpg


お互いグッドサイズと戯れたのを機に満足して三日間の渓歩きを終えた。三日共お天気に恵まれ、釣果もまずまずあり、気分よく後片付けを済ませ、余韻に浸りつつ帰宅の途に就いた。


久しぶりに賑やかな釣行となり、楽しく過ごすことができた。翡翠もどきさん、宿の手配や釣場の案内ありがとうございました。
by rocky mountain  at 21:00 |  フィッシング |  comment (6)  |  trackback (0)  |  page top ↑

本格化待ち?のホーム

先週は増水で全く釣りにならずで大移動する羽目になったが、今週は問題ないようで前夜に出発して途中睡眠を取り、目的の渓には6時すぎに到着した。


この時間はラッキーにもまだ釣人がいないようで、準備を済ませて上流部の区間を釣り上がってみる。
2016052222430258f.jpg


するとしばらくして7寸ほどのイワナをキャッチ。
IMG_1517.jpg


その後もポツリポツリといった感じで7~8寸ほどのイワナを追加していく。
IMG_1511.jpg


この時期ならもっと反応があってもいいのだが、例年に比べて明らかに反応が悪い。 結果的には4時間ほど釣り上がることはできたが6匹とイマイチ。
IMG_1521.jpg


このあとあちこち見て回るが入りたい所には釣人の車が…


そこで一時間ほど短い区間を釣ってみると四度の反応もキャッチできたのは一匹のみ。
IMG_1519.jpg


ここでのんびり昼食&休憩を摂り、少し早いが宿泊地のホームへ移動。


まずは一つ目の渓を釣り上がってみる。
IMG_1524.jpg


水温は10度と問題ないがここぞというポイントで沈黙。それでも二時間ほど丁寧に釣ってみたが、四度の反応も8寸ほどのイワナ一匹のみ。
IMG_1525.jpg


今度はもう一つの渓を釣り上がってみる。
IMG_1524.jpg


こちらは幾分水量多めで一時間ほど生命感がないので諦め、少し早いが疲れ果ててイブニングはせずにロッドオフ。
201605222247267fd.jpg


宿に到着しても後片付けを済ませ、まずはのんびりと温泉で一日の疲れを。
20160522224345308.jpg


さっぱりしたところで夕飯をいただく。
20160522224401e3b.jpg


いつもながらの食事を美味しくいただくと、あとは早々と睡魔に襲われて眠りに。


翌朝は眩しい日差しで目を覚まし、高原の季節の進みを感じながら散策に。
IMG_1546.jpg


所々に咲き始めたレンゲツツジも来月初旬にはきっと満開になりそうだ。
IMG_1547.jpg


澄んだ空気で心身ともに浄化され、宿に戻って朝食を済ませてから出発。


この日は前日の朝に釣った渓で心中。お気に入りの区間が空いていたので、まずはここを釣り上がってみる。
IMG_1560.jpg


いきなり最初のポイントで二ヶ所のライズを確認するもフライは見向きもせず。さらに次のポイントでは空振り。


しかし気配を十分感じて叩いていくと、まずは7寸弱と小振りなアマゴをキャッチ。さらに同じポイントで7寸ほどの無斑アマゴを追加。
IMG_1556.jpg


このあと今回最大の9寸オーバーをキャッチ。
IMG_1562.jpg


その後も8寸前後のイワナが順調に出てくる。
IMG_1561.jpg


脱渓間際に連続バラシはあったが、とりあえず6匹はキャッチできた。


次は前日と同じ上流の区間に移動して釣り上がってみると、いきなり最初のポイントで8寸ほどのイワナをキャッチ。
IMG_1564.jpg


このあとここでも順調に8寸前後のイワナ追加し、前日とは違ってあっさりツ抜けに到達。
IMG_1568.jpg


そして予定していた最後のポイントで8寸弱のイワナをキャッチしたのを機にロッドオフ。
IMG_1572.jpg


この日はこの渓の盛期を感じさせてくれて一安心。後片付けを済ませてから、こちらも盛期を迎えた山ウドを採り、遅めのお昼を山菜館でいただく。
20160522224417f0d.jpg


お腹も満たされたところで出発して京都へと向かった。


GWはまだかなり早いように感じたが、ようやく水面への意識が高まってきた。あとは高原の渓が早く本格化してほしいものだ。
by rocky mountain  at 05:15 |  フィッシング |  comment (6)  |  trackback (0)  |  page top ↑

大移動の甲斐あって

今週初めにホーム水系で100mmを越える雨が降り、迷ったあげく増水気味にも関わらず強行した。


SAで睡眠を取って朝に現地到着。だが予想以上の水の太さで釣り上がりは不可能。あっさりと諦めることにして、そろそろ釣れそうな旧ホームへと向かった。


11時前に到着すると釣人の姿をあちこちで目にするが、ラッキーにもお気に入りの区間が空いていたので、ここから釣り上がってみる。
IMG_1490.jpg


水温は11度と問題ないが、まだ少し水量は多い状況。それでもしばらくして小振りながらまずはここでの今シーズン一匹目をキャッチ。そしてまたもやヒット。♯1ロッドが限界まで曲がり、下流に走られるのを追いかけ、悪戦苦闘しつつネットイン。


鼻が少し曲がったいい面構えの尺イワナで、計測してみると33センチだった。(撮影前に逃亡)


そのあと8寸オーバーのイワナを追加するも、しばらくして釣り下がりルアーマンとバッティングしたので脱渓。(これまた逃亡)


今度はお隣の渓に移動してみると、人気の区間が空いていたので、チェックがてらここを釣り上がってみる。
20160515203343a51.jpg


するとすぐにヒットするもバラシ。さらに空振りも何度か続いたが、なんとか9寸弱のイワナをキャッチ。
IMG_1503.jpg


するとここから順調にミスなくいいペースで、7~8寸サイズイワナを8匹追加して脱渓。
20160515203422de9.jpg


このあと再び最初の渓に戻り、上流の区間を釣り上がってみる。
IMG_1484.jpg


ここでは3匹キャッチしてロッドオフ。
IMG_1481.jpg


ロングドライブで疲れ果て、イブニングはせずに宿へ。到着してまずは温泉で汗を流してさっぱりしてから夕飯を食べると早々に爆睡。


翌朝も快晴の朝を迎えた。まずは朝風呂でまったりと…
2016051520344257e.jpg


それから朝食をいただいて渓へ出動。


まずは宿前の渓を釣り上がってみる。
201605152035254bd.jpg


一時間ほどで何度か反応したが7寸弱のイワナのみ。
201605152035036f1.jpg


これでこの渓に踏ん切りをつけ、空いてる区間を求めて隣の渓に移動。


するとこの日も前日と同じ区間だけが空いていたので迷わずここを釣り上がってみる。
201605152035508e2.jpg


するとしばらくしてまずは9寸ほどのイワナをキャッチ。
IMG_1501.jpg


このあとも前日ほどの反応こそないがポツリポツリと追加して脱渓。
IMG_1503.jpg


ここでは4匹キャッチして満足のロッドオフ。後片付けを済ませて帰りに金沢市街で遅めのお昼を。
2016051520360895a.jpg


お腹も満たされ帰宅の途に就いた。


今回は渓の選択をミスってしまったが、上手くリカバーできてよかった?


今シーズン二本目の尺イワナも釣れ、旧ホームで満足の二日間となった。今週はどこの渓へ行こうかなぁ~
by rocky mountain  at 19:26 |  フィッシング |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

超大型GWは気ままな旅 part3

七日目も快晴ながら強風が吹き荒れる天気となった。


この日がここでの最終日となり、最後に白濁の温泉を堪能し、朝食を済ませて宿を出発。
201605040759437f1.jpg


お決まりの隣村に移動し、相棒を山菜館で降ろすと、いつものように渓歩き。だが一時間半ほどなんの反応もなく撃沈。


これでここでのモチベーションもなくなり、再び山菜館に戻って相棒とお昼を。
20160506054725ac0.jpg


行者にんにくチキンランチを美味しくいただき、信州をあとに安房トンネルを抜けて奥飛騨に向かった。
201605060547010f4.jpg


到着してみるとやはり雪代の流入による増水&低水温。20分ほどで早々に見切りをつけ、高原川と並走して神岡町からR41で富山へ。
20160506054635b55.jpg


さらに北陸道で石川県に入り、なんとかイブニングに間に合った。
20160506054614add.jpg


この時間だからか釣人の姿はなく、どこも入渓可能だったので、二時間ほどの区間を釣り上がってみる。
20160506054510c00.jpg


すると最初のポイントでいきなり7寸弱のヤマメをキャッチ。
20160506054541d68.jpg


続いて7寸ほどのヤマメを追加。
20160506054448296.jpg


さらに同型のイワナも…
20160506054431f6c.jpg


このあともすこぶる順調で8寸ほどのイワナを頭にヤマメと半々でツ抜けに到達。
201605060544164a9.jpg


そして最後に28センチのイワナを仕留めてロッドオフ。
20160506054356291.jpg


ここまで来た甲斐あって最高のプライムタイムとなった。


このあと相棒と合流して日帰り温泉でさっぱりしてから夕飯を食べて宿に到着。


ロングドライブで疲れ果ててしばらくすると眠りに。


八日目はどんよりとした曇り空。朝食をいただくと前日の再現を目論んで意気揚々と出発。


前日の渓をこの日は目一杯やってみることに。さっさと準備を済ませて入渓し、やや風は強いが釣り上がってみる。
201605062016423b5.jpg


するとすぐに反応するも空振り。さらにバラシと前日はほとんどなかったミスがここで連発。


それでもしばらくして7寸ほどのヤマメをキャッチ。
IMG_1461.jpg


さらに同型のイワナを追加。
IMG_1463.jpg


だが前日のように水面に賑やかさがないまま、徐々に向かい風が強まっていく。


それでも一瞬の風の止み間を利用しながら釣っていくと、ポツリポツリだが強風対策に選んだ♯2・8ロッドが曲がり、この日最大となってしまった8寸弱のヤマメをキャッチ。
IMG_1471.jpg


結局は期待していたほど釣れず午前は5匹だけ。


ここで強風が少しでも治まることを願って昼食&昼寝タイム 。


二時間ほどして目を覚ますと今度は爆風に変わっていた。少し待機しながら様子を見たが、全くキャストできる状況ではなく、後ろ髪を引かれる想いで後片付けを済ませ、予定より早い時間に宿に戻った。


このあと気分転換に相棒と温泉巡りをしてまったりと過ごした。
20160506201717620.jpg

20160506201737b6c.jpg


それから夕飯を食べて宿に戻るといつしか眠りに。


九日目はついに最終日となった。とりあえず気になる風をと窓を開けると、相変わらずビュービューと吹き荒れている。


半ば諦め気味で朝食をいただき、部屋に戻って出発の準備を済ませ、宿を出る頃には運よく風が弱まった感じ。


ならばと相棒に三時間待ってもらって今回最後の渓歩き。


すでに小雨が降ったり止んだりと絶好の釣り日和。前日反応がイマイチだった区間を釣り上がってみる。
20160508071955ce0.jpg


するとしばらくして反応するも空振り。さらに空振りのちバラシ。


そして一時間ほど経過した頃、ようやく7寸ほどのヤマメをキャッチ。
IMG_1473.jpg


すると徐々に反応がよくなり8寸弱のイワナを追加。
IMG_1474.jpg


このあとバラシも結構あったが、7寸前後のイワナを三匹キャッチ。
IMG_1479.jpg


予定していた区間を釣り終え、少しだけ自然の恩恵を受けた。
20160508072015c1e.jpg


そして近くで待ってくれた相棒と合流し、さっさと後片付けを済ませて出発。少し遅めのお昼は福井名物ソースカツ丼。
20160508072034d62.jpg


お腹も満たされ渋滞にも遭遇することなく、すこぶる順調に帰宅の途に就いた。


長かったGWはすべて強風に見舞われ、釣りも写真にも影響を受けた気がする。決してどちらにもよい条件ではなかったが、美しい鱒達や風景に出会えて楽しい長期遠征だった。
IMG_1096.jpg
by rocky mountain  at 08:07 |  フィッシング |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

超大型GWは気ままな旅 part2

四日目は暖かい朝を迎えた。まずは朝食後に高原内を散策。


見頃となった水芭蕉があちこちで咲いていた。
IMG_1099.jpg

IMG_1107.jpg


まったりした時間を過ごした後は隣村に移動して渓歩き。
20160504080029a37.jpg


この日はGWの中休みからか釣人の姿はほとんどなく、上流の区間をのんびり釣り上がってみる。
2016050408010361b.jpg


しばらくしてまずは8寸弱のイワナをキャッチ。
20160504080152eef.jpg


このあとすぐに同型を追加するが、ここからほとんど反応がなくなった。それでもなんとか脱渓地点の手前で8寸ほどのイワナをキャッチ。
2016050408234779a.jpg


一時間に一回ほどのペースでしか釣れず、まだまだピーク時にはほど遠いようだ。


一旦お昼を食べて友人宅でまったりとして午後からすぐ前を釣り上がってみる。
IMG_1435.jpg


するとすぐに反応したが空振り。このあともう一回空振りしたが、脱渓場所の前でなんとか8寸ほどのイワナをキャッチ。
IMG_1452.jpg


これでイブニングは再び午前の区間を釣り上がってみる。


ここでもしばらくして7寸ほどのイワナをキャッチし、すぐにもう一匹同型のイワナを追加。
IMG_1441.jpg


朝よりも若干ではあるが反応はよいようで、この日もとどめとなった9寸オーバーのイワナをキャッチ。
IMG_1443.jpg


このあとは反応ないまま脱渓場所に到着してロッドオフ。急いで宿に戻って後片付けを済ませ、温泉でさっぱりしてから夕飯を。


お腹いっぱいになったところで流星鑑賞をとお気に入りの撮影スポットへ。
IMG_1128.jpg


残念ながら流れ星や天ノ川は観れなかったが、満天の星空に癒されて宿に戻ると即爆睡。


五日目も朝のうちは天気もよく、この日も高原内をのんびり散策。
20160504075848e7c.jpg

IMG_1140.jpg



一時間ほどぶらっとしてから釣りモードに切り替えてこの日も隣村に移動。


まずはお気に入りの区間を釣り上がってみる。
20160504080635d78.jpg


すると幸先よく小振りながらアマゴをキャッチ。
20160504080657828.jpg


だがここからは三度のチャンスもバラシ&空振り。


結局一匹のみで午前の部を終了し、連日友人宅で昼食のちまったりと過ごし、午後からは上流部を釣り上がってみる。
IMG_1455.jpg


しばらくして反応するも空振りすると、ここから延々反応ない時間が続き、脱渓地点が近づいた所で痛恨のバラシ。


しかし運がよかったみたいで同じポイントで8寸ほどのイワナをキャッチ。
20160504080218c87.jpg


朝からの爆風で前日のようには釣れず、このまま終了するか悩んだが、最後に一ヶ所だけやってみることに。


これが吉だったようで簡単に7寸ほどのアマゴとイワナを一匹づつキャッチして満足のロッドオフ。
IMG_1458.jpg


やや早めに終了して宿に戻り、後片付けを済ませて温泉のち夕飯。


食後は連日の疲れもあり、早めに眠りに就いた。


五日目は明け方までの雨で増水し、爆風が吹き荒れる最悪のコンディション。というわけで起床後は朝食を済まると部屋でまったりと…


朝から温泉を堪能していると一気に天気が回復。ならばと風呂から上がって二日目に行った安曇野方面へ。安曇野に入ると仁科三山から後立山連邦までまずまず見えたんで一気に大町に向かった。


そしてお決まりの大糸線を撮影。後立が連なる絶景スポット。中でも左に爺ヶ岳、中央に鹿島槍ヶ岳、右に五竜岳をバックに。
IMG_1159.jpg


また休耕田に咲くレンゲを絡めた構図もいいアクセントかな?
IMG_1222.jpg


一時間に一本の登りの列車を待つのが苦にならないくらい美しい北アルプスの眺め。
IMG_1193.jpg


爆風は相変わらず吹き荒れて映り込みの撮影は不可能だったが、この状況にしては満足な写真も撮れたんでカメラを収めて帰路へ。


帰りがけにまたまた渓に寄り道し、イブニングだけ釣ってみる。


するといきなり最初のポイントで反応するもバラシスタート。直後にまさかのフックアウト連発。増水がプラス材料だと思い込み、このあとに期待したが
その後は全くなにもなし。


結局イブボで終了して宿に戻った。


後片付けを済ませて温泉のち夕飯をいただく。
20160505081353f19.jpg


お腹いっぱいになったところで早くも眠りに。


part3に続く
by rocky mountain  at 08:59 |  フィッシング |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

Author:rocky mountain
渓流シーズンは毎週のように信州や北陸の渓流に通い、のんびりとドライフライで釣り上がる。禁漁期間は一眼レフで信州の風景写真を撮ったり、温泉巡りや食探しに出掛けることが好き。また古きよきアメリカのヴィンテージ古着や小物の収集も好きな中年親父です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
13637位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
1314位
アクセスランキングを見る>>