今シーズンのfinal & refresh

この日が本当にシーズン最終日となったが、ここにきて秋雨や台風で釣りに行けず、無理やり休暇を取ってのラスト釣行。


おまけに土日が絡むんで三日間の予定で朝に出発。


とは言うもののホームは大増水で釣りになりそうもなく、かと言って他に目ぼしい渓があるわけでもなく、そこで釣果土返しでなんとかなりそうな北陸の渓に賭けた。


現地には10時半くらいに到着し、まずは渓の状況をチェック。やはり増水はしているが濁りもなく、なんとか川通しできそうなんで準備を済ませ、最も相性のいい区間を釣り上がってみる。
IMG_2908.jpg


だが増水が影響してかポイントがかなり少なく、数少ない緩流からは中高生ヤマメだけが反応。


そこでやや早い流れを重点的に叩いていくとまずは7寸弱のイワナをキャッチ。


さらに8寸オーバーのイワナを仕留めた。
IMG_2904.jpg


このあとしばらくしてグッドサイズのイワナを発見し、サイトで狙うと反応はするが水面までは出てこず。しかし手を変え品を変えで粘りると、ついに根負けして水面を割った。


#1ロッドを絞り込んでくれたのは9寸弱のイワナ。
IMG_2911.jpg


その後も6~8寸のイワナを追加していく。
IMG_2912.jpg


結局9匹キャッチしたがイワナばかり。そこで秋色のヤマメを求め、少し下流の区間に移動し、最後にここを釣り上がってみる。
IMG_2933.jpg


しかしここも中高生ヤマメが出てくるのみ。それでも我慢してキャストを繰り返したお陰でそれとは明らかに違うサイズがヒット!


やっとの想いで最後に8寸弱の秋色ヤマメを仕留めてツ抜けに到達。
IMG_2931.jpg


これを機に気分よく今シーズンの幕を下ろし、後片付けを済ませて渓をあとにした。


今宵の宿に到着し、まずは温泉に直行。


さっぱりしてから夕飯を終え、あとはまったりと過ごし、いつしか睡魔に襲われ就寝。



翌二日目のこの日から長~いオフに突入。朝から雨が降る生憎の空模様。起床後は朝風呂でリフレッシュしてから宿を出発。


富山ICを出てお昼はすし玉で。
20161002200731c2e.jpg


地物を中心に鱈腹いただき、南下して神岡町から奥飛騨へ。


今シーズンお世話になった渓に挨拶し、ついでに荒神の湯で一風呂浴びることに。
201610022007495ee.jpg


このあとさらに移動して一番お世話になったホームに到着。
IMG_2937.jpg


すでに一部ではあるが紅葉も始まったようで、毎年多くのイワナ達を育む渓に手を合わせた。
IMG_2945.jpg

IMG_2942.jpg

IMG_2965.jpg



それからいつも便利に使わせてもらっている宿に移動してまったりのち温泉&夕飯を。
2016100220132346d.jpg


食後は長距離移動で疲れて早々に爆睡。


翌三日目もどんよりとした曇り空。シーズンが終わったからか遅めの起床で朝風呂を満喫し、荷物をまとめて宿を出発して高原散策&ジコ坊狩りに。


こちらは雨がプラスとなり、少しとはいえ瞬殺で調達。
20161002201354aeb.jpg


このあと高原内を紅葉観賞。今年は雨の影響で色づきがイマイチのようだが、ウルシだけは例年通り紅く染まった。
IMG_2958.jpg

201610022008084ab.jpg

2016100220134225c.jpg



これから本格的に紅葉シーズンを迎え、今度は写真ライフを楽しむことにして、高原をあとに京都へと向かった。
IMG_2966.jpg



まずは最終の釣行で渓を歩け、お魚達の顔も見れたことで、晴れやかな気持ちで幕を下ろせた。


では来年三月の蒲田までしばらくオフシーズンを楽しむことにしよう!

続きを読む »

by rocky mountain  at 18:47 |  フィッシング |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

semifinalはlong vacation PART3

七日目はこちらでの最終日となった。


最後の外湯を堪能して朝食を済ませて渋温泉をあとにした。
20160915223856cd1.jpg

20160917201102f66.jpg


そして最後の奥志賀へと向かった。
20160917201139421.jpg


最上流部のロングコースは先攻者の車があり、下流へ向かったがどの区間もいかれこれ。


仕方なく先攻者覚悟でまたも釣れる可能性が一番高そうな大沢から釣り上がってみる。
20160917201215e5c.jpg


やはりここぞというポイントからも反応はない。


歩きはじめて一時間ほど経った頃、小振りながらズウボは免れた。
20160917201234035.jpg


その後はぽつりぽつりと反応があり、7寸ほどのイワナを二匹追加。
20160917202324fd7.jpg

20160917201320f06.jpg


そろそろ脱渓場所が近づいてきた所で8寸ほどのイワナを仕留めた。
20160917202140488.jpg


しかしこのあとはキャッチできずに脱渓。


残された時間は二時間弱ということで、ライズポイントの下流を少しだけ釣り上がり、最後はライズゲームで締めくくってみる。
IMG_2841.jpg


すると最初のポイントでいきなり7寸ほどのイワナをキャッチ。
IMG_2832.jpg


さらに同型を追加して最終地点の手前で8寸ほどのイワナを追加。
IMG_2836.jpg


そしてライズポイントに到着し、30分と短い時間に賭けてみる。


すでにライズは始まっていたが、出合い頭っぽく7寸弱のイワナを。
IMG_2839.jpg

このあと水面はお祭り状態となっていったが、フライを手を変え品を変えしても全く反応なし。結局この難解ライズの答えを見つけることができないままロッドオフ。


その答えは来シーズンに持ち越すことにして、後片付けを済ませて奥志賀高原をあとにした。


このあと一気にホームへ移動となり、ひたすら南下して日が変わる前に宿に到着し、すぐに温泉でさっぱりして即爆睡。


八日目は久しぶりに秋らしい爽やかな朝を迎えた。朝風呂のち簡単な朝食を済ませ、この日は釣り大好き様と合流。


今シーズン初めてのご一緒でホームの渓を釣り上がってみる。
IMG_2849.jpg

IMG_2866.jpg


すると釣大好き様はあっさりキャッチされ、お次はこちらに9寸オーバー。
IMG_2848.jpg


その後はお互い順調で7寸クラスを二匹追加。
IMG_2856.jpg


だが折り返し地点からはなぜか沈黙して終了。


お次はこの周辺でキノコ捕りを。先日の雨で初物が出始めたようで、見分けが簡単なハナイグチだけを採取した。
20160917203729e04.jpg


あっさり適度な量を確保し、ご夫妻とメープルで昼食を。


食事しながら楽しい一時を過ごし、ここでお二人とはお別れした。午後からはソロとなって好調な方の渓を釣り上がってみる。
IMG_2880.jpg


だが禁漁前の三連休とあって先攻者あり。しかも石の上には真新しい足跡があり、丁寧に竿抜けを狙って打っていくと、稀に反応してくて7寸クラスを三匹。
IMG_2872.jpg

IMG_2888.jpg


そして脱渓直前に8寸ほどのイワナを追加して早めに納竿した。
IMG_2891.jpg


宿に戻って後片付けを済ませ、温泉でさっぱりしてから夕飯を。
201609172022000b9.jpg


食後は疲れが残って早々と就寝。


九日目は夜半から雨が降り続いている。予報では終日降り、翌日も降るようだ。


ここにきて自然には逆らえず、遂にこのツアーを終えることにし、最後はのんびりと温泉で締めくくり。
201609181308461df.jpg


それから荷物をまとめると、後ろ髪を引かれる想いで出発し、九日ぶりの京都へと向かった。


最後は残念な結末となったが、それ以外は天気も持ちこたえ、予想を大幅に上回る釣果だった。


いよいよ今週末がシーズン最後となるが、これまた台風の影響でか予報は怪しいが、最後は気持ちよく締めくくりたいなぁ~
by rocky mountain  at 09:09 |  フィッシング |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

semifinalはlong vacation PART2

四日目は夜半ごろから時折激しい雨音で起こされ、やや睡眠不足で朝を迎えることとなった。


前日の予報は一日雨だったが、9時頃にはほぼ雨も止んで、10時頃には青空が見えるほど回復した。


この日は完全休養日として朝から温泉巡り&飲んだくれようかと考えていた。


だが予報も変わってほぼほぼ雨は降らないようなので、それならばと昼前に出発することにして、それまで外湯で
のんびり朝風呂を満喫。
20160914210727a65.jpg

20160914212509058.jpg


それから準備をして奥志賀へと向かった。
20160914210758ec1.jpg


到着して渓をチェックすると、増水はしているが濁りもなく、しかもほぼほぼ貸し切り状態で、ならばと大沢から釣り上がってみる。
20160915223810b3c.jpg


すると幸先よく8寸ほどのイワナをキャッチ。
IMG_2762.jpg


流れが強くて食い損ねはあるが順調に追加していく。
IMG_2769.jpg

IMG_2770.jpg

IMG_2773.jpg


さらに9寸弱のイワナも混じった。
IMG_2772.jpg


その後もコンスタントに追加し、あっさりツ抜けもクリアした。
IMG_2776.jpg



そして脱渓地点で12匹目をキャッチし、気分よくティペットからフライを外した。


宿に戻って後片付けを済ませてから外湯へ。
20160914210744ca9.jpg


このあと夕飯を終えて朝から飲んだくれようかと思っていたビールで好調な釣りに乾杯!
2016091421244673d.jpg


ほろ酔い気分で睡魔に襲われるとあっさり爆睡。


五日目は朝からしとしと小雨が降る微妙な天気。予報は曇りなんでそんなには降らないだろうが、まずはお決まりの外湯でさっぱりして朝食を済ませて出動。


この日も志賀高原は生憎の小雨模様だが、奥志賀に到着すると曇り空で貸し切り状態。
20160917201155214.jpg

前日より幾分水量が落ちてベストだと思い、期待度MAXで再び大沢から釣り上がってみる。
IMG_2778.jpg


予想通り水量は落ち着いたが、なぜか極めて反応が少ない。前日より悪いが稀に反応はあるものの空振り&バラシ。


二時間ほど釣り上がった所でようやく7寸ほどのイワナをキャッチして一安心。
IMG_2784.jpg


少しリズムが良くなり、しばらくして同型を追加。
IMG_2793.jpg


このあと脱渓地点まで三度の反応をすべてモノにしたが、そのどれもが8寸に届かず型・数ともに期待外れに終わった。
IMG_2785.jpg

IMG_2801.jpg



残された時間も二時間弱となり、最後はライズポイントで心中することに。
IMG_2802.jpg


16時半にポイントに立つがライズは極めて少ない。


しばらく待ってみると徐々にではあるがライズが増えていき、主だったハッチもないのでアントで狙ってみるとあっさり一匹目。


その後もこういうポイントなんで空振りやバラシはあるものの、それでも7寸前後のイワナを6匹目をキャッチして18時前にロッドオフ。
IMG_2805.jpg


宿に戻って後片付けを済ませ、日課となった夜の温泉街で外湯巡り。
20160914210627ab2.jpg


しっかり温まって宿に戻って夕飯をいただき、あとは明日もイワナと出会えることを夢見て眠りに。


六日目の朝も秋晴れは望めずどんよりとした曇り空。お決まりの外湯&温泉街散策。
20160915223844ed3.jpg


それから簡単に朝食を済ませ、予定通り奥志賀へと向かった。
20160916041958a59.jpg


やはり人気の大沢には二台の車が止まっており、ちょうど釣り終えて戻ってこられた釣人に状況を聞いてみると、散々たる結果で丸坊主だったようだ。逆にこちらの前日までの釣果を言うと驚かれていた。


この釣人と別れて下流へ向かうとお気に入り区間が空いていたのでここから釣り上がってみる。
IMG_2813.jpg


すると幸先よく反応したがバラシ。だが直後にまずは7寸ほどのイワナをキャッチ。
IMG_2807.jpg


このあとも反応よくバラシや空振りが多いものの、小振りながらぽつりぽつりと追加していく。
IMG_2808.jpg

IMG_2810.jpg


そしてこの日のMAXとなる8寸オーバーを仕留める。
IMG_2820.jpg


結局その後もミス連発で五匹キャッチしたに留まった。


残り時間も一時間半と少なかったので移動し、大沢を入出渓として少しだけを釣り上がってみる。
IMG_2829.jpg


ラッキーにも早々に反応があり、8寸ほどのイワナをキャッチ。
IMG_2825.jpg


このあともリズムは悪いままで、相変わらずミス連発しつつ、もう一匹追加して最後のポイントへ。ここでも何度かやらかしつつも、8寸オーバーを含めて三匹仕留め、なんとかツ抜けに到達してロッドオフ。
IMG_2830.jpg


この渓は五日目だが反応は一番よかった。しかしミスが多い一日となった。


宿に戻って後片付けを済ませ、夕飯を食べてから最後の夜となる温泉街へ。
20160914210656c75.jpg


ここで九か所目の外湯に入って満願成就。
201609152241527a5.jpg


この遠征でこの後もきっといいことあるだろう。というかここまで事故もなく、お天気や釣果にも恵まれ、いいことづくめの毎日だ。


温泉でリフレッシュして宿に戻り、いい日になりそうな明日に備えて就寝。


PART3に続く
by rocky mountain  at 10:06 |  フィッシング |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

semifinalはlong vacation PART1

いよいよシーズンも残すところ二十日となってしまった。


今年も最後の長期遠征を敢行。スタートする渓を直前まで悩んだ挙げ句、勝手知ったるホームをチョイスし、前夜に出発して真夜中に宿に到着。ありがたく仮眠させてもらうことに。


起床後はあまりの寒さに温泉へ直行。しっかり温まってから朝食を摂り、準備を済ませて渓に出動。


一昨日に短時間で50mmほど恵みの雨が降ったのでやや増水。ただ水温はその影響で11度と下がり、微妙な状況で釣り上がってみる。
IMG_2644.jpg


するといきなり最初のポイントで反応するも空振り。さらに時おり反応するだけ。やはり水温が上昇するまでは我慢。


スタートして一時間半ほど経過した頃、なんとか小振りながら一匹目をキャッチ。
IMG_2641.jpg


だがその後も状況は変わらず一時間に一匹ペース。しかも7寸前後と小さい。
IMG_2654.jpg

IMG_2658.jpg


だが徐々に水面への意識が上がり、サイズこそ7寸クラスだがペースアップ。
IMG_2655.jpg

IMG_2677.jpg


そしてやっと8寸ほどのイワナをキャッチ。
IMG_2686.jpg


午後からは明らかに活性が高まりツ抜けにも到達。
IMG_2691.jpg


再び8寸ほどのイワナ含めてトータル13匹キャッチして早めにロッドオフ。
IMG_2676.jpg


ピークを過ぎたマツムシ草がひんやりとした風で揺れていた。高原の短い秋を感じながら宿に戻った。
20160912032943479.jpg


後片付けを済ませて温泉でさっぱりしてから夕飯を。
20160912033004cdd.jpg


食後は早々に睡魔に襲われ爆睡。


翌二日目は移動日ということもあり朝風呂でまったり。
20160912032734b23.jpg


しっかり温まって宿を出発。
20160912032549f95.jpg


久しぶりにそば信に立ち寄ってお昼を。
2016091203243250e.jpg


相変わらずのお味に満足して長野から上信越道で、この日からお世話になるいつもの渋温泉に到着。
2016091217552678d.jpg


宿に荷物を入れて一息ついてイブニング狙いで奥志賀へ。
20160912175620e53.jpg


到着してみると全域に渡って釣人の車ありで超満員。仕方なく後追い覚悟で塾平~大沢を釣り上がってみる。
IMG_2705.jpg


渓に立ってみると九月とは思えないほどの水量で、先日の台風による雨の影響なのだろう。


去年が渇水でかなり厳しかっただけに今回は少しくらい期待できるかも?そんなことを思っていると、幸先よく7寸弱のイワナをキャッチ。
IMG_2694.jpg


するとこのあとも飽きない程度に反応があり、8寸オーバーも混じってさらにペースアップ。
IMG_2703.jpg


さらに8寸ほどのイワナを追加。
IMG_2700.jpg


そしてツ抜けとなったワイルドな風貌の9寸ほどのイワナも仕留めた。
IMG_2726.jpg


このあと最後のポイントで怒濤のラッシュに遭遇して気持ちよくロッドオフ。
IMG_2757.jpg


僅か二時間ほどの渓歩きで14匹もキャッチでき、改めてこの渓の懐の深さを感じた。


宿に戻って後片付けを済ませて外湯巡り。
201609120324077dc.jpg


二ヶ所のお湯でリフレッシュしてから夕飯を。食後はいつの間にか夢の中。


三日目は晴天の朝を迎え、まずは朝風呂に入って朝食を摂り、意気揚々と奥志賀へと向かった。
201609121757182d8.jpg


この日は最上流部の区間が空いていたのですぐに入渓。六時間以上要するロングコースを釣り上がってみる。
IMG_2737.jpg


スタートして時々反応はあるのだが…


しかし徐々に反応は少なくなっていき、一時間半ほど釣り上がってようやく8寸弱のイワナ。
IMG_2738.jpg


その後も極希に反応する程度で、またも一時間半ほど釣り上がって二匹目。
IMG_2750.jpg


このあと少し進んだ所で三人組の釣人。どうやらスタートしてすぐに頭ハネされてたようで、中間地点ということもあって川通しで戻った。


後でわかったのだがハネたのは地元のガイドだったらしく二人のゲストを案内していたようだ。ビジネスなら何をしてもいいのか疑問に思いつつ、今度は中流域のお気に入り区間に移動し、時間的に早いのでゆっくり釣り上がってみる。
IMG_2754.jpg


やはり厳しいようで反応がない時間が続き、中間地点を過ぎたあたりでようやくヒット!グッドサイズの手応えに慎重にランディングし、前日に引き続き秋っぽい9寸ネイティブ。
IMG_2724.jpg


このあとしばらくしてもう一匹追加して脱渓地点のポイントでライズゲームを。


やや早い時間だったが順調にキャッチし、このポイントで25センチを頭に7匹。これでツ抜けにも到達でき、気分よく早めの終了とした。
IMG_2760.jpg


宿に戻って後片付けを済ませ、外湯でリフレッシュして夕飯をいただき、食後はいつしか夢の中へ。


PART2に続く
by rocky mountain  at 03:34 |  フィッシング |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

秋の気配漂うホーム

遂に今シーズンも一ヶ月を切ってしまった。


今週はどっぷりホームで過ごそうと前夜に出発して深夜には宿に到着。ありがたく仮眠させてもらい、温泉で温まってから朝食を摂り、準備を済ませて渓へ出動。
IMG_2617.jpg


初日は好調な渓からスタート。先週よりさらに水量が下がり、タフな状況も覚悟して釣り上がってみる。
IMG_2586.jpg


だが幸先よく最初のポイントで反応するも空振り。このあとも順調に反応はあるが、渇水の影響からか食いが浅く、空振り&バラシのオンパレード。


一時間ほど釣り上がった所でようやく一匹目は8寸弱のイワナ。
IMG_2582.jpg


このあとも相変わらずやらかしつつ、7寸クラスのイワナを追加していく。
IMG_2590.jpg

IMG_2592.jpg


時々8寸弱のイワナも…
IMG_2594.jpg

IMG_2609.jpg

IMG_2601.jpg


なんとか8寸ほどのイワナをキャッチしてツ抜けにも到達。
IMG_2600.jpg


さらにこのあと三匹追加し、脱渓地点に到着してロッドオフ。
IMG_2611.jpg


宿に戻って後片付けを済ませ、温泉で汗を流してから夕飯を。
201609042039206f4.jpg


食後は野外音楽堂で開催されるこちら歌姫のライブ&映画祭に。
20160904203859637.jpg


秋の夜長を満喫して宿に帰ると即爆睡。


翌日は予報に反して晴天の朝を迎えた。まずは朝風呂に入って簡単に朝食を済ませて出動。
20160904204212f71.jpg


この日はもう一つの渓の人気区間の駐車スペースが空いていたので入渓地点までてくてくと…
201609042039534d2.jpg


柔らかい陽が川面に差し込み、秋らしさを感じながら釣り上がってみる。
IMG_2637.jpg


するとしばらくして7寸ほどのイワナをキャッチ。
IMG_2621.jpg


このあとも順調にヒットしてくる。
IMG_2625.jpg


MAX23センチながら二時間ほどで5匹キャッチして気分よく竿をたたんだ。
IMG_2633.jpg


宿に戻って後片付けを済ませてから温泉でさっぱり。
201609042040594b1.jpg


さっぱりしたところで爽やかな秋風が吹く高原をあとに残暑厳しい京都へと向かった。
IMG_2640.jpg


何処ともに言えることだろうが、渇水の影響でかなりナーバスなお魚ばかり。今週は台風も上陸の可能性があるようで、なんとかまとまった雨が降ることを願いたい。


週末より今シーズン最後の長期遠征を控えているので、たとえ僅かでも渓が潤ってほしいものだ。
by rocky mountain  at 18:13 |  フィッシング |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

Author:rocky mountain
渓流シーズンは毎週のように信州や北陸の渓流に通い、のんびりとドライフライで釣り上がる。禁漁期間は一眼レフで信州の風景写真を撮ったり、温泉巡りや食探しに出掛けることが好き。また古きよきアメリカのヴィンテージ古着や小物の収集も好きな中年親父です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
8297位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
864位
アクセスランキングを見る>>