真夏のホームは超快適

八月に入って最初の週末。先月は梅雨明け以降も雨で、夏らしさを感じることがなかった。


今週は半月振りのホームへ。前夜に出発して仮眠を取りながら宿に到着すると朝まで眠りに。


起床後は簡単に朝食を済ませて出動。
201708061319085c6.jpg


ようやく高原の夏を感じながら、いつものお気に入り区間を釣り上がってみる。
20170806131840cb4.jpg


するとすぐに7寸ほどのイワナをキャッチ。
IMG_3762.jpg


その後も適度に反応があり、8寸ほどのイワナを連発。
IMG_3770.jpg

IMG_3773.jpg


さらに8寸オーバーも混ざり、悪いなりにポツポツと追加。
IMG_3774.jpg

IMG_3764.jpg


おまけに9寸ほどのイワナまで仕留めたが、数はあまり伸びずに11匹で脱渓。
IMG_3781.jpg


今度はもうひとつの渓に移動してみると、今シーズンまだ釣ってない区間が空いており、すかさず入渓場所までてくてくと…
201708061319496cd.jpg


前回この渓の下流を釣った時は非常に反応がよかったので少し期待して釣り上がってみる。
2017080613200718b.jpg


すると幸先よく二ヶ所目のポイントで8寸オーバー。
IMG_3788.jpg


さらにここでも8寸クラスを連発。
IMG_3800.jpg

IMG_3794.jpg


抜群の反応で9寸弱まで追加。
IMG_3805.jpg


このあともヒットは続き、ここでも11匹キャッチし、タイムアップとなり脱渓。
IMG_3792.jpg


満足な釣果で気分よく車に戻り、先に近くの公共露天でさっぱり。
20170806132109533.jpg


それからいつものお店で夕飯をいただく。
20170806132038c1a.jpg


食後は宿に戻ってしばらくすると、いつの間にやら睡魔に襲われ爆睡。


翌朝は起床後、簡単に朝食を済ませて渓へ。前日よかったもうひとつの渓を狙ったが、どことも釣人の車が停まっており、仕方なくいつもの渓をチョイス。


前日の少し下流の区間を釣り上がってみる。
20170806132130b47.jpg


水量は幾分少ないが、すぐにヒットさせるもバラシ。


だが直後に8寸弱のイワナをキャッチ。
IMG_3809.jpg


その後もいい感じで反応し、グッドサイズもヒットさせるが、バラシにラインブレイクもあり、7寸前後のイワナを二匹追加したのみ。
IMG_3811.jpg


予定の二時間半釣り上がった所で終了して脱渓。


宿に戻って後片付けを済ませ、温泉で汗を流して出発し、高原をあとに隣村で昼食は名物の山賊焼きを。
20170806131827fc9.jpg


お腹も満たされたところでまたも灼熱の下界へと向かった。


爽やかで快適な二日間で、お魚もまずまず遊んでくれた。
20170806131928329.jpg


また友人の情報では奥信濃の高原の渓が相変わらず絶好調のようだ。俺も行きたいけど遠すぎだし、来月まで好調維持してほしいなぁ~


いよいよ今週はお盆休みに突入。もちろん避暑を兼ねて舞い戻る予定。それまで少し暑さと戦うことにしよう!
by rocky mountain  at 14:33 |  フィッシング |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

夏本番の志賀高原のはずが… 後編

三日目も分厚い雲に覆われ、この日も時々雨が降るようだ。


ここにきて夏本番というより梅雨に逆戻りといった感じ。まずは日課の散歩と朝風呂に。
2017072920575034a.jpg

20170729205836480.jpg


それから宿に戻って簡単に朝食を済ませて出動。この日からつくばのアンクルトムさんとご一緒するので高天ヶ原で合流。それから現地に向かうと金曜日とあって釣人多数。
20170729211148a6b.jpg


どことも空きがないので仕方なく後追いで大沢~丹光荘を釣り上がってみる。
20170729205918ee6.jpg


するといきなり最初のポイントでヒットするがバラシ。しかし先攻者との距離に問題ないことを確信。


そしてアンクルトムさんが立て続けにヒットさせ、しばらくして自分にもまずは8寸ほどのイワナ。
IMG_3749.jpg


その後も後追いにしてはまずまずの反応でお互いに追加していく。
IMG_3752.jpg


餓鬼沢手前でアンクルトムさんに9寸オーバーが混じるなど順調だったが、なぜかこのあと急に反応がなくなってしまう。
201707292059050c9.jpg


そこで休憩をとりつつ先攻者との距離を意識し、ゆっくり釣り上がっていくと徐々に反応が戻り、8寸混じりでぽつりぽつりだがキャッチ。
IMG_3754.jpg

IMG_3753.jpg


脱渓直前に自分も9寸弱のネイティブを仕留め、この区間では8匹キャッチして終了。
IMG_3757.jpg


このあと塾平下流に移動し、この区間を釣り上がってみる。
20170729205935873.jpg


こちらは反応が少ない上、出ても空振りばかりで、二人してズウボで早めに納竿。


宿に戻って外湯でさっぱりし、一杯やりながら釣り談義。さらに宿に戻って延長戦となり、ほろ酔い気分で睡魔に襲われ爆睡。
20170728053430657.jpg

201707292058241c6.jpg


四日目は朝から生憎の雨。しかも夜半には強く降ったため、アンクルトムさんとの釣りは中止し、朝から外湯と内湯で温泉三昧。
201707292058007eb.jpg

20170729205852006.jpg


このあと荷物を纏めて宿を出発し、アンクルトムさんとはここでお別れとなった。


それからうろうろしつつ本日の宿泊地 高天ヶ原で名物の根曲がり汁定食をいただき、近いこともあって降り続く雨の影響はどんなものかと渓を見に行くことに。
20170729205947f56.jpg


最上流付近を通ると明らかに釣人の車を発見。さらに少し走ると人気の入渓場所に車が二台。これで釣りが可能なのを確信し、慌てて準備して空いていた大沢をチョイス。


渓に立つとやや増水しているが濁りはなく、ローライトに期待して釣り上がってみる。
201707292110353f0.jpg


だが反応ない時間が続く。いつもなら反応あるポイントも黙り。


それでも30分ほど釣り上がった所で最初の反応をモノにして8寸弱。
201707292100057fd.jpg


その後も反応は少なく30分に一度程度の反応しか得られない中、7寸クラスになんとか8寸オーバーのネイティブが混ざった。
2017072921104637f.jpg

20170729211058d9c.jpg


この反応の少なさは水量ではなく、雨で水温が低下したのが影響しているような?数少ない反応のほとんどが緩流レーンや反転流で、前日まで反応よかった流芯からの反応がほとんどない。


結局ペースは変わらずで最後に8寸弱を仕留め、超ハイピッチで脱渓地点には約四時間で到着。
20170729211138300.jpg


この少し前から雨脚が強まり、寒さに震えつつ車に戻り、高天ヶ原ゲレンデ前のホテルへ。
2017072921115863f.jpg


そそくさと後片付けを済ませ、冷えきった身体に温もりを。
201707300834527ea.jpg


しっかり温まってから夕食をいただき、しばらくすると睡魔に襲われ眠りに。


五日目は帰郷日。起床後はまず朝風呂を浴び、さっぱりしたところで朝食をいただき、チェックアウトしてホテルを出発。
20170729211209546.jpg


結局この日も天気はよくないため、志賀高原をあとに信州中野ICから直帰となり、約七時間のドライブ蒸し暑~い京都に戻った。
20170730181448db9.jpg


今回は真夏の晴天の下、涼しい高原の源流で、ネイティブイワナと戯れ、夏の高原でプチ観光をと目論んだが、連日の雨に泣かされる結末となった。その代わり急遽アンクルトムさんとご一緒でき、いろいろ勉強させていただくこととなり、また賑やかで楽しい時間を過ごすことができた。


釣果も前回のような爆ることはなかったが、この時期にしてはまずまずだった。次回こそ快晴の夏に涼しい高原で源流イワナと遊びたいなぁ~
20170730181436cfd.jpg


アンクルトムさん、今回は同行ありがとうございました。また大変お世話になりました。秋にタイミングが合えばご一緒してくださいね!
by rocky mountain  at 05:40 |  フィッシング |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

Author:rocky mountain
渓流シーズンは毎週のように信州や北陸の渓流に通い、のんびりとドライフライで釣り上がる。禁漁期間は一眼レフで信州の風景写真を撮ったり、温泉巡りや食探しに出掛けることが好き。また古きよきアメリカのヴィンテージ古着や小物の収集も好きな中年親父です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
10224位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
1057位
アクセスランキングを見る>>